ガーデニング Feed

2016年11月23日 (水)

金のなる木: 花が咲かない

6年前に山口県周防大島の道の駅で購入した「金のなる木」。

今まで1度も花が咲いたことがありません。

 写真左:6年前に購入して育てている株、 写真右:挿し芽したもの(他の植物もあり)

Img_5488

Img_5489

ネットで調べると、花を咲かせるにはコツがあるようです。

花咲か父さん 洋らん栽培」によると、

・夏の間(7月下旬~9月下旬の2か月間)一切水をやらないこと。
・雨に当てるのもNG。
・但し、直射日光には当てた方がいい。
・秋の彼岸過ぎから水やり開始。
・こうして直射日光に当てていると、11月下旬に葉の間に花芽が付き出す。
・冬の間は室内に入れる。
・1月頃から少しずつ咲き出す。

とあります。

来年はこれを参考にして、挑戦したいと思います。

また、株も元気がないので、植え替えも必要なのかもしれません。

2016年11月17日 (木)

アジサイの花をそのままにしておくと・・・(2)

アジサイの花は一般に最盛期を過ぎた7月頃に先端を切り落として剪定します。

しかしこの時期の剪定をせずにそのままにしておくと、ご覧のように花色が変化し晩秋まで楽しめます。

・6月中旬 -> 8月初旬 ー> 11月中旬

Img_5076

Img_5195

Img_5443

ー> アジサイの花をそのままにしておくと・・・

2016年10月31日 (月)

絞り模様のオシロイバナが開花

今年の春、初めて絞り模様のオシロイバナの種をまきました。

ひと月ほど前から開花し、今まさに花盛りです。

従来から育てているピンク一色のものもきれいですが、絞りのものはまた違った味わいがあります。

オシロイバナは夕方頃から咲き出すので、英語では Four O'clockと呼ばれています。

我家の2種類のオシロイバナは微妙に開花時刻が異なります。

ピンクのものは夕方早くから、絞りのもの少し暗くなってから咲き出します。

通常は午前中には花を閉じますが、最近は(特に曇った日は)夕方まで開いていることもあります。

Img_5279

Img_5241

2016年10月24日 (月)

庭のマリーゴールド

我が家の秋の庭を代表する花はマリーゴールドです。

毎年花後に種を採取し、翌春に種まきして育てています。

マリーゴールド(marigold)はメキシコ原産のキク科の植物で、「聖母マリア黄金の花」から名前が付けられました。

 左上:元画像、  右上:周辺ぼかし
 左下:ネガ反転、 右下:エッジ検出してデッサン風にしたもの。

Img_5274

Mg1a

Mg2a

Mg3a

元画像に対する各種変換は下記アプリで可能です。

 ->画像変換アプリ

2016年10月23日 (日)

庭にムラサキシキブの苗が?

庭のプランタの中に、特に育てていない苗が1本生えていました。

草(草花)ではなく木のようです。

葉はムラサキシキブに似ています。 茎も赤みがかかっています。

以前も時々見かけたのですが、雑草か何かと思い、抜いていました。

今回は少し様子を見てみようと思います。

(プランターの中に1本立っているもので高さ約20cm。周囲はフランス菊)Img_5272

下の写真はWikipediaに載っているムラサキシキブです。

葉の形や付き方、葉脈も上の「ムラサキシキブ」によく似ています。

Murasaki

2016年9月 1日 (木)

初秋の庭の草花とアゲハ

夏の猛暑も峠を越えて、一週間ほど前から徐々に過ごしやすくなりました。

庭の草花も元気を取り戻したように咲き乱れています。

百日草の花にアゲハが訪れていました。

Img_5208

Img_5209

Img_5210

Img_5211

Img_5212

Img_5213

2016年8月27日 (土)

建て替え時の残骸が未だに出土する

15年ほど前にマイホームを建て替えましたが、庭をいじっていると旧家屋解体時の残骸が未だに出てきます。

数日前に敷地内の通路に錆びた鉄製の部品らしきものが見え、今朝掘り返すと鉄製の格子状の破片とクギらしきもの、それにガラス片が出てきました。

2か月ほど前には長さ10㎝程のプラスチックの破片が・・・。

Img_5203

Img_5051

今までにも外壁モルタルの破片、窓ガラスの破片多数、屋根瓦の破片、ビニール袋、カップラーメンの容器等々・・・。

大手ハウスメーカでしたが、解体時にはちゃんと自分の目で作業の内容を確認すべきだったと後悔しています。

2016年8月 3日 (水)

ミョウガに初めてツボミが付きました

数年前に根株を買って庭に植え付けたミョウガ。

今年初めてツボミが付きました。

植え付けた翌年から茎は大きく伸びるのに、ツボミが付きませんでした。

何が悪かったか原因不明ですが、これから毎年ツボミが付きますように・・・。

Img_5200

Img_5201

(注)右の写真で、ミョウガの茎の近くに生えているのはセンリョウ。

2016年8月 2日 (火)

アジサイの花をそのままにしておくと・・・

アジサイの花は一般に最盛期を過ぎた7月頃に先端を切り落として剪定します。

しかしこの時期の剪定をせずにそのままにしておくと、ご覧のように淡い緑がかった一寸趣のある色合いの花が晩秋まで楽しめます。

但し、このようにして晩秋に剪定をすると翌年の花付きが悪くなります。 また、剪定をしなければ花は咲きますが株丈が大きくなります。

Img_5195

(下の写真は満開の時期のアジサイ)

Img_5076

2016年7月27日 (水)

山椒の実がなりました

2~3年前から、庭植えの山椒に実がなるようになりました。

Img_5191

Img_5192

また、あちこちに山椒の小苗が生えています。 鳥が実をついばみ、種を落としたのでしょう。

Img_5193

Img_5194

山椒の木は上等なすりこ木の材料として使用されます。