テレビ・映画 Feed

2019年12月30日 (月)

5年振りの琵琶湖

先日(12/24、25)、琵琶湖の西岸を電車で通りました(湖西線)。

間近で琵琶湖を眺めるのは5年振りです。

湖周辺には2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公 光秀ゆかりの地が点在しています。

また、加藤登紀子さんが歌う「琵琶湖周航の歌」(1917年)の歌詞:

 ・・・ 今日は今津か 長浜か ・・・

に登場する今津町は現在は合併して高島市になっていますが、湖西線の「近江今津駅」として、その名を残しています。

長浜は今津の対岸(琵琶湖の東側)にあり、歌詞にも出てくる「竹生島(ちくぶじま)」は両者のちょうど中間の位置に浮かぶ小さな島です。

Dsc_0474a(車窓から眺める琵琶湖、2019/12)


琵琶湖周航の歌


2019年12月24日 (火)

「男はつらいよ お帰り 寅さん」の試写会に出かける

12/27公開予定の首記映画の試写会に、昨日(12/23)出かけました。

会場は広島市安佐南区のTOHOシネマズ緑井。

山田洋治監督のお馴染みのシリーズ50作目の作品です。

第1作が昭和44年(1969年)ということですので、それから丁度50年目の第50作ということになります。

さくら役の倍賞千恵子さん、その夫役の前田吟さん、息子:満男役の吉岡秀隆さん、満男の高校時代の交際相手の泉役の後藤久美子さんなどが現在の姿で出演されていて、過去の映像とともに寅さん(渥美清さん)との関りが鮮やかに再現されています。

上映時間 約2時間です。

2019年12月11日 (水)

朝ドラ「スカーレット」の十代田さん

NHK朝ドラ「スカーレット」で若手陶芸家の十代田八郎、

「十代田」と書いて「とよだ」ではなく、「そよだ」。

 

漢字の「十」には、「じゅう」、「とお」を始めとして多くの読み方がありますが、「」というのも探してみると結構あります。

・三十日: みそか
・八十吉: やそきち
・十合、十河: そごう

そういえば、デパートの「そごう」の名前は創業者である十合伊兵衛(そごう いへい)さんから来ているようです。

現在、「そごう」はセブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社そごう・西武が運営しています。

2019年12月 2日 (月)

テレビでラジオ体操?

NHK第1で毎朝(6:30~6:40)放送されているラジオ体操、

テレビでも放送されているって知っていますか。

Eテレの番組「テレビ体操」(6:25~6:35)では、テレビ用の体操(みんなの体操、オリジナルの体操)に加えて、日替わりでラジオ体操第1と第2を放送しています。

ラジオ体操の正しいやり方を再確認するためにも、一度テレビでの視聴をしてみてはいかがでしょうか。

なお、終戦前後(1939年~1947年)にはラジオ体操第3もあったようです。

因みに、現在の音楽の作曲者は次のとおり。
・第1: 服部正
・第2: 團伊玖磨
・ラジオ体操の歌: 藤山一郎

ー> NHK テレビ体操

2019年11月29日 (金)

ドクターXで出てくる「サイナス」とはどういう意味?

人気TVドラマ:ドクターXで麻酔科医を演ずる内田有紀さんが手術中に発する「バイタル: 血圧〇〇の△△、心拍数□□ でサイナス」というフレーズ、

「サイナス」とはどういう意味か調べてみました。

・サイナス(sinus)とは、Sinus Rhythmのこと。
・心臓の洞結節で発生した電気的興奮が心房や心室に正常に伝わり、これが一定のリズムで繰り返されてる状態。
 つまり不整脈の無いこと。

とありました(sinus 自身は「洞、湾曲」を意味する)。

洞結節は洞房結節(どうぼうけっせつ)とも呼ばれ、心臓の右心房付近にあってペースメーカーの役目をする部分です。

また、バイタルは「バイタルサイン(vital signs)」で、生命に関する最も基本的な4項目(心拍数、呼吸数、血圧、体温)のことを指す言葉だそうです。

Doctorx

2019年11月12日 (火)

NHKきょうの料理 「つくろう!にっぽんの味47」の公開収録を見学

先日(11/9 12:00-13:00)行われた「きょうの料理」の公開収録に出かけました。

・会場: JA交流ひろば「とれたて元気市 広島店」(広島市安佐南区大町東)

・出演: 平野レミさん(料理愛好家)、 後藤繁榮アナ

Nhkcooking (写真は今回のイベントのNHK HPより)

レミさんの賑やかなトークと後藤アナの軽妙な掛け合いで進行し、生放送ではない収録ならではハプニング、撮り直しもあり、大いに楽しみました。

放送はNHK Eテレで下記日時に行わる予定です。
・12月25日(水)午後9時~9時25分
  再放送は12月30日(月)午前11時~11時25分

2019年11月 4日 (月)

浜田開府400年記念 NHKのど自慢を観覧(島根県浜田市)

昨日(11/3)、浜田市で行われたNHKのど自慢を観覧しました。

1619年に浜田藩が出来て丁度400年を機に、ここ浜田市で開催された今回の大会。

ゲストは長山洋子さん、堀内孝雄さんのお二人、小田切千アナの司会で楽しい時間を過ごしました。

鐘の秋山気清さんは東京芸大卒で、東京交響楽団などのオーケストラ団員だった方だそうです。

会場はJR浜田駅近くの石央文化ホールで、下記のとおり行われました。

・9:00~    : 座席指定券引き換え
・11:45~12:15: 浜田市長、NHK松江放送局長のあいさつ、
           本番前の拍手練習、応援用看板の確認など
・12:15~13:00: 本番(20組の出場者の歌とゲストの歌)
・13:00~13:35: 特別賞の方のインタビュー、今週のチャンピオンの歌、
           ゲストお二人の歌(各2曲)

今まで、予選会は何回か見学したことがありますが、本番観覧は初めての経験です。

今回の観覧応募倍率は5.5倍だったとのことです。

・左の写真は座席指定券引き換えのために会場入り口に並ぶ人たち

Img_8108

Dsc_0394

2019年10月28日 (月)

「他に類を見ない」と「他人事」は何と読む?

他に類似した事例を見たことがないという意味の「他に類を見ない」。

読み方は、「たにるいをみない」でしょうか、それとも「ほかにるいをみない」でしょうか。

先日 NHKのTV番組(「偉人たちの健康診断」だったと思うが)では「ほかにるいを・・・」と読んでいました。

前者だと思っていましたので、NHKに問い合わせていますが、まだ返事がありません。

 

「他」と言えば、「他人事」というのがあります。

これは本来は「ひとごと」だと思いますが、最近は「たにんごと」という人も多くいるようです。

NHK放送文化研究所のHPには、これに関するNHKの対応について次のように記されています。

・「他人事」、「たにんごと」という表記と言い方・読み方は、どちらも放送では原則として用いないことにしてる。
・「自分に関係ないこと」などを意味する場合の伝統的な言い方は「ひとごと(人事)」[ヒトゴト]とされ、放送でもこの語法を採っている。
・表記は、「ひと事」または「ひとごと」。

日本語は難しいです。

2019年5月13日 (月)

NHKのど自慢の予選会を見学(光市)

先日(5/11)、山口県光市の光市民ホールで行われたのど自慢の予選会を見学しました。

予選会は12時前から夕方まで行われますが、12時45分頃から1時間半ほど見学して帰りました。

翌日の本番と違って、多くの出場者の歌が聴かれて結構楽しいです。

Img_7862a

Img_7865

予選会見学の前に、岩国市の高森天満宮、中山湖などに立ち寄りましたが、中山湖の水は島田川に合流して、高森天満宮の近くを流れ、ここ光市民ホールの脇を通って周防灘に注いでいます。

ー> NHKのど自慢予選会観覧(2019/2/23、廿日市市)

2019年2月24日 (日)

NHKのど自慢予選会観覧(廿日市市)

昨日(2/23、土)、広島県廿日市市のさくらぴあで行われたNHKのど自慢の予選会を観覧しました。

本番の観覧応募を今まで何回となくしていますが一向に当たりません。

そこで今回、本番前日に行われた予選会に行ってみました(入場自由、本番は2/24)。

昼前から夕方にかけて約250組の出場者が順番に歌うのですが、ところどころ欠席者がいました。

歌い終わった人は舞台下で待っている小田切アナ(?)に何か話を聞かれているようでした。

順番は曲名順(あいうえお順)で、20組目程度から100組まで約1時間半観覧しました。

TVで見る本番も面白いですが、生で見る予選もまた違った楽しさがあり、機会があればまた足を運んでみたいと思います。

会場の入口には廿日市のシンボル「けん玉」の大きなものが、その隣には有名人のサイン入りけん玉も多数展示されています(最新のものは舞の海さんのサイン入り)。

Dsc_0117

Dsc_0125b

Dsc_0115

Dsc_0116

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart