ガーデニング Feed

2022年8月11日 (木)

除草剤使用上の注意事項について

定期的に手入れしている筈の庭ですが、少し手を抜くとあちらこちらに雑草が生えてきます。

近所を散歩していると、きれいに手入れされたお宅が多いですが、時々雑草が生い茂っているところも目にします。

庭の雑草駆除には除草剤が便利ですが、除草剤はれっきとした農薬です。

住宅地等で散布する場合は、人の健康や生活環境に悪影響を及ぼすことがあるため細心の注意が必要とされています。

 

除草剤について少し調べてみました(Wikipedia、北海道農政事務所HPなど)。

● 除草剤は植物(雑草)を枯らすために用いられる農薬である。

● 農薬とは農作物等に使用する薬剤である。

農作物等とは人が栽培している植物すべてが含まれる。
 ・その植物の全部又は一部を収穫して利用する目的で栽培している稲、麦、かんしょ、ばれいしょ、豆類、果樹やそ菜類
 ・観賞用に栽培している庭園樹、盆栽、花き、街路樹
 ・ゴルフ場の芝、山林樹木など

● 非農耕地専用除草剤(農林水産省の登録がない)は非農耕地のみに使え、農薬ではない。

● 農薬として使用することができない除草剤を、農作物等(農作物や樹木・芝・花き等 = 前記)の栽培・管理のために使用することは、農薬取締法で禁止されている。

● 農薬として使用することができない除草剤は、公園や緑地等の植栽管理に使用することはできない。

● 農水省と環境省から、住宅地や学校周辺での農薬使用を極力控えるようにとのリーフレット・マニュアルが出されている。

● やむを得ず除草剤を散布する場合の注意点
 ・人の健康への影響が小さい農薬を選択する。
 ・近隣への影響が生じないような日時に行い、散布範囲は最小限にする。
   風に乗って、周囲に飛散する恐れあり。
 ・近隣に対し事前に周知し、関係者との情報共有を行う。
 ・散布するときは、風の強い時には散布しないなど工夫をする。
 ・雨の日に除草剤を使用すると、本来の除草効果が期待できない。
 ・除草剤のタイプにもよるが、雨で成分が隣地へ侵入して被害を及ぼすこともある。

 

このように、除草剤を使用する際には色々と制約・注意すべき事項があります。

雑草は放置すると、花が咲き、実が出来て、風に乗って近隣住宅地へも飛んで行きます。

できれば小まめに草取りをして、除草剤に頼らない庭の管理をしたいものです。

002 003

2022年8月 9日 (火)

変換画像クイズ: 植物編(3)

デジカメで撮影した写真に対して、ある変換を施した画像です。

写っている植物(花)は何でしょうか?

先の尖った5角形の実を付ける野菜です。

 

答えは下のアイコンをクリック!!!

 (photo: 2017/7)

2022年8月 2日 (火)

巨大ひまわりの種 2022

今年は色々な思いを込めて沢山のひまわり(向日葵)を育てました。

1番背の高いひまわりは高さ約3mほどに成長して見事な花を咲かせましたが、種ができて一段と頭部が重くなり、傾いて倒れそうになったので伐採しました。

直径が約23cmもあり、種の数はおそらく1,000粒以上はありそうです。

2022年7月29日 (金)

千日紅と百日紅

百日紅(さるすべり)は比較的長い間 紅色の花が咲いていることから「百日紅」の字が当てられていますが、我が家の庭の百日紅も今満開です。

木登り上手なサルでも滑り落ちるほど樹皮が滑らかという例えから名付けられたことはよく知られています。

一方の千日紅(センニチコウ)、春播き一年草で長期間にかけて咲き、乾燥させても色が褪せないのでドライフラワーにも利用されます。

これが 「千日紅」 と書く由来とされています。 庭では2種類の千日紅が咲き始めています。

百日紅は木(木本=もくほん)で、千日紅は草(草本=そうほん)です。

 

ー> 千日紅・百日紅・十日紅

ー> 万両・千両・百両

2022年7月 6日 (水)

スーパーで買って食べたミニトマトの種を蒔いたら

4月末に近所のスーパーでミニトマト「アイコ」を買い、食べた後にその内の1つの実の中の種を数十個取り出し、庭に蒔きました。

やや細長のミニトマトですがで数日で発芽し、苗がある程度大きくなった時点で数株を庭の一角に定植しました。

6月中旬には花が咲き、小さな実を付け始めましたが、最近よく見ると、株ごとに実の形が異なります。

元と同じ細長のもの、球形に近いもの、ひょうたんのようにくびれのあるものと、ほぼ3種類のものが生育中です。

以前、ひょうたん型の黄色いミニトマトを育てていて、毎年その種を採取・保存(自家採種)して翌年蒔いていましたが、年々くびれが小さくなって、数年後には単なる細長いものになってしまいました。

ミニトマトに限らず、自分で種を採取して栽培し続けると、どうしても少しずつ形が変化してしまうことが多いようです。

 

下の写真は2018年に苗を購入して育てたアイコです。

Img_6855

2022年7月 4日 (月)

巨大ひまわり 2022

今年は例年に比べて沢山のひまわり(向日葵)を育てています。

先日(6/26)、最初の花が咲き、その後次々と開花しています。

今朝、1番背の高いひまわりが開きました。

高さ約3mはある見事な花です。

茎にはアサガオの弦が巻き付いています。

根元にはかぼちゃの姿も見えます。

 

ー> 今年もひまわりを育てています

2022年6月26日 (日)

今年もひまわりを育てています

10数年前から毎年栽培しているひまわり(向日葵)。

今年は特別な思いを込めて例年より沢山育てていますが、今朝そのうちの1本が黄色い花びらを広げました。

今から約50年前の1970年に公開された映画「ひまわり」では、戦争で引き裂かれた夫婦の悲しみを描いていて、地平線にまで及ぶ画面一面のひまわり畑が評判となりました。

 ロケ地となったひまわり畑は旧ソ連時代のウクライナの首都キーウ(キエフ)から南へ500キロほど行ったところとされています。

現在、ウクライナではロシアの軍事侵攻が続いていますが、1日も早く終結し平和が訪れてほしいと願う毎日です。

 

ー> 巨大(?)ひまわり

2022年6月20日 (月)

2年前の種から育てている「そうめん南瓜」に実が

2年前に採種したそうめん南瓜(ソウメンカボチャ)の種を5月初めに蒔きました。

1週間ほどして発芽し、その後順調に成長して実を付け、日に日に大きくなっています。

ソウメンウリ、金糸瓜(キンシウリ)などとも呼ばれ、茹でると果肉の部分がそうめん状になります。

2018年から始めて、2019年、2020年と3年続けて栽培しましたが、昨年は都合により栽培しませんでした。

2020年に採種した種から育ったそうめん南瓜、今から収穫が楽しみです。

・発芽直後の様子(2022/5/9)

・現在の様子(2022/6/18)

 

ー> そうめん南瓜の調理 2020

2022年5月17日 (火)

庭のモミジの木に鳥の巣を発見

5月も半ばになり、庭のモミジの木も緑色の葉を一杯に広げています。

最近、窓の外を行き交う鳥の姿をよく目撃していて、何かあったのかと思っていました。

モミジの木の下に生えている草を抜いているとき、ふと上を見上げると枝と枝の交差したところに鳥の巣があるのを発見しました。

以前、スズメバチの巣が作られたことがありましたが、鳥の巣は初めてです。

何という名の鳥の巣かわかりません。

スズメでしょうか、それともヒヨドリでしょうか。

少し様子をみてみることにします。

2022年5月14日 (土)

2年前の種から「そうめん南瓜」が発芽

2年前に採種したそうめん南瓜(ソウメンカボチャ)。

ソウメンウリ、金糸瓜(キンシウリ)などとも呼ばれ、茹でると果肉の部分がそうめん状になります。

2018年から始めて、2019年、2020年と3年続けて栽培しましたが、昨年は都合により栽培しませんでした。

2020年に採種した種を保存していたので、今年はそれを蒔いてみたところ、5日ほどで発芽しました。

これから順調に育ってくれればいいのですが・・・。

次の写真は2018年7月の収穫直前のものと、2020年8月に収穫後調理したときのものです。

Img_7364

Dsc_0691a

 

種の保存期間については -> 花や野菜の種の寿命は?

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart