ガーデニング Feed

2019年11月27日 (水)

これはミント?、それともレモンバーム?

庭のプランターの中のこの植物、ミントでしょうか、それともレモンバームでしょうか。

両者ともシソ科の多年草ハーブですが、Wikipedia掲載の写真を比較すると、ミントの葉先が少し丸みを帯びているのに対して、レモンバームの葉先は少し尖っています。

従ってこれはミントだと思われます。

ミントには数多くの種類があり、これがどういった種類のものか全く見当が付きません。

Dsc_0421a

次の写真の植物は近所の道路脇の草地に生えたものですが、葉の先が尖っているので多分レモンバームでしょう。

ガラス瓶に入れていますが、これで根付くでしょうか(水挿し)。

Dsc_0424a

2019年11月26日 (火)

庭のモミジの紅葉 2019

庭のモミジが久しぶりにきれいに紅葉しています。

隣りのロウバイにも花芽が沢山付きました。

Dsc_0426

Dsc_0428

皇帝ダリアは背丈は高く(2m以上に)なりましたが、先端が元気なく、今年も咲きそうにありません。

2019年11月21日 (木)

今秋二番目の冷え込み(広島市)

今朝(11/21)は全国的に冷え込み、この秋一番の冷え込みの所も多かったようです。

広島市でも7:20に5.1℃を記録しましたが、今月15日に4.8℃まで下がりましたので、この秋二番目の寒さとなりました。

我が家(広島市安佐南区)では3℃近くまで下がり、市中心部に比べて2度近くも低い気温となりました。

寒さに弱い植物は既に室内に取り込んでいます。
Dsc_0417a (ドラセナ・マッサンゲアナ=幸福の木 と 金のなる木)

2019年11月19日 (火)

唐辛子がようやく赤く色付き始めた

プランタで育てている唐辛子(三鷹唐辛子=さんたかとうがらし)の実がようやく赤く色付き始めました。

昨年は9月中旬には沢山の実が真っ赤に熟しましたが、今年は実の数も少なく、時期も大分遅いです。

あまり構ってやらなかったためかもしれません。

Dsc_0416a

 

ー> 昨年の唐辛子の様子

2019年11月18日 (月)

トウガンの収穫・保存・酢の物

今年は全部で4個のトウガン(冬瓜)を収穫しました(2株で)。

1番果は10月初旬に収穫、重さは6.4kgもありました。

2番果は10月下旬に収穫、4.0kgでした。

一昨日、残りの2個を収穫(4.9kg、3.7kg)、これで今年は終了です。

問題は保存方法です。

ネットで色々と調べると、丸ごと保存では2~3か月(1~2か月、数か月という情報もあるが)は大丈夫とあります。

ただ、1個1個が大きいので1度に使いきれません。 3等分してラップに包み、冷蔵庫に保存しています。 これで1~2週間は行けそうです。

普段は煮物にして食べていますが、先日、酢の物にしてみました。

薄切りにして、酢と塩などで味付けしただけですが、さっぱりとして結構おいしかったです。

● 写真は先月初旬に収穫した1番果

Img_8089

 

ー> 重さ6kg余りのトウガンの収穫 2019

2019年10月29日 (火)

ひょうたん南瓜の収穫 2019(その2)

昨年に続き、今年もひょうたん南瓜を育てています。

ひょうたん型の南瓜(カボチャ)には色々と種類があるようですが、我が家で育てているのは(多分)鶴首カボチャだと思われます。

1番果は8月下旬に収穫しましたが、その後も少しずつ収穫しています。

今も、ご覧のように沢山の実を付けて、日に日に成長しています。

ツルは庭木(ピラカンサやキンモクセイなど)の上を我が物顔で占領しています。

Dsc_0388

 

ー> ひょうたん南瓜の収穫 2019(1番果)

2019年10月27日 (日)

ツワブキと津和野

数年前に種まきしたツワブキ(石蕗)、昨年に続き、今年も花が咲きました。

フキ(蕗)に似た葉に艶があることから「ツワブキ」と名付けられたという説がありますが、フキの仲間ではなく、キク科の植物だそうです。

ところで、島根県の津和野の名前のルーツは「ツワブキの生い茂る」だと言われています(津和野町観光協会のHPにあり)。

・ 今年のツワブキ と 津和野城跡(山頂に石垣が見える)

Dsc_0387a

042

 

ー> ツワブキの花が咲きました(2018/10)

2019年10月 7日 (月)

重さ6kg余りのトウガンの収穫 2019

今年もトウガン(冬瓜)を育てています。

8月23日に開花・受粉した一番果が大きくなり、もう少しこのまま置いておいてもいいのですが、強風などで落下しては大変なので昨日収穫しました。

直径18cm、長さ37cmで重さは6.4kgもありました。

ツルから実を支える花柄(かへい、花梗=かこう)は太さ5mm程度、これで6kg余りの果実を支えていたのかと思うと感心します。

直径はラグビーボールとほぼ同じ、長さは10cmほど長く、重さは約15倍です。

昨年収穫したものは直径15cm、長さ27cmで重さは3.5kgでしたので、約2倍の大きさです。

Img_8089

Img_8090

ー> トウガンの実が大きく 2019(2019/9/9)

ー> トウガンを収穫する(2018年)

ー> ラグビーボールの形状は回転楕円体か?

2019年9月 9日 (月)

トウガンの実が大きく 2019

今年も庭でトウガン(冬瓜)を育てています。

8月23日に開花した雌花、受粉後、実が順調に大きくなっています。

現在、長さは約25cm位。

収穫までにはまだ1か月~1か月半かかりそうです。

次の雌花も今日咲きました。

Dsc_0320a

Dsc_0319

ー> 昨年の様子

2019年9月 5日 (木)

ムラサキシキブの実の紫色が日に日に鮮やかに

庭のムラサキシキブ(コムラサキ)の小さな実、日に日にその紫色が濃くなっています。

1週間前(8/27)と現在(9/4)の様子です。

ムラサキシキブの隣にはオシロイバナがきれいなピンクの花を付けています。

001a02

001a01



フォトアルバム 2

Powered by Six Apart