ガーデニング Feed

2017年10月 1日 (日)

皇帝ダリアが成長中

9月中旬以降、一気に涼しくなり皇帝ダリアの丈も日に日に伸びて、現在150㎝程度まで成長しました。

花の咲くのが楽しみです。

Img_6359

2017年9月29日 (金)

パプリカの実が生った

4月末にスーパーで買った赤色のパプリカ。

その種を5月初め、庭に蒔いたものが順調に成長して花が咲き、小さな実が付きました。

まだ1cm程度の大きさですが、大きくなって冬が来る前に赤く色付けばいいのですが・・・。

Img_6356

Img_6357

2017年9月28日 (木)

金のなる木: 水やり再開

花を咲かせるために水やりを控えて約2か月経過した9月25日、水やりを再開しました。

写真は断水中の9/16と水やり再開後の9/27の様子です。

葉のシワシワもほぼなくなり、艶が戻ってきました。

このまま日光に当て水だけやっていると11月下旬に葉の間から花芽が見えてきて、年明け頃から花がポチポチ咲き出すとネットにはあったのですが・・・。 どうなりますか楽しみです。

Img_6350

Img_6354

2017年9月18日 (月)

センニチコウが満開です

センニチコウ(千日紅)が今満開です。

センニチコウには多くの仲間があって、主に下記の2種が栽培されているとのこと。

 ・センニチコウ ・・・ 1年草
 ・キバナセンニチコウ ・・・ 多年草

今まで育てていたセンニチコウは正確にはキバナセンニチコウで、草丈も高く、花色は赤橙色や朱色、地下に球根ができて毎年春になると芽が出てきます(多年草)。

これに対して、今年始めた通常のセンニチコウは花数も多く、草丈50cm程度で色も紫紅、白、ピンクと多彩です。

●センニチコウ

Img_6332

Img_6333

●キバナセンニチコウ

Img_6335

Img_6337

センニチコウ以外の花も咲いていて、目を楽しませてくれています。

シオン(紫苑)、ホウセンカ、カクトラノオ、リビングストンデージー、アサガオ、マリーゴールド、クレオメ、キバナコスモス、貝殻草、ツユクサ等々。

Img_6341

Img_6346

Img_6343

Img_6340

Img_6342

Img_6344

Img_6345

Img_6347

Img_6349

Img_6338

一時成長が止まっていた皇帝ダリアもまた芽が伸びてきました。

Img_6348

ー> 皇帝ダリアが成長しない

2017年9月16日 (土)

金のなる木: 花を咲かせるために断水中!(2)

花を咲かせるために水やりを控えて1か月半が経過。

葉が益々シワシワになってきました。 あと半月ほどこのままに・・・。

( 写真: 左から順に 2016/11/22 -> 2017/9/1 -> 2017/9/16)

Img_5488

Img_6327

Img_6350

2017年9月 2日 (土)

金のなる木: 花を咲かせるために断水中!

数年前に購入して育てている「金のなる木」、今まで1度も花が咲いたことがありません。

ネットで調べると、花を咲かせるためには夏の間(7月下旬~9月下旬の2か月間)一切水をやらないことがキーポイントだとか。

そこで、7月末から水やりを中止しています。

室内に置いているので葉の緑は濃くなりましたが、少しシワシワになってきました。

あと1か月ほどガマンです。

うまくいけば、11月末頃から花芽が姿を見せる予定ですが・・・。

 ( 写真左:2016/11/22、 写真右:2017/9/1 )

Img_5488

Img_6327

ー> 金のなる木: 花が咲かない (2016/11/23の記事)

2017年8月22日 (火)

テッポウユリ と タカサゴユリ

庭の片隅にご覧のようなユリが咲いています。

右側のものは咲き始めで、若干黄みがかっています。

両者はよく似ています。

ネットで調べると、テッポウユリまたはタカサゴユリのようですが、どちらかよくわかりません。

タカサゴユリは花弁の外側に茶色の筋が入っているのに対して、テッポウユリは真っ白」との説明がありましたので、それによれば左側はタカサゴユリということになりますが・・・。

Img_6323

Img_6324

2017年8月 5日 (土)

ロシアウリ(ロシアのキュウリ)らしくなって来た

5月末に植えたロシアウリ(?)の苗2本。

先日収穫した最初のものはネットで見るロシアウリと形が一寸を違っていて、ほんとうにこれがロシアウリかと心配しましたが、今なっているものはご覧のようにロシアウリらしくなってきました。

多分間違いないでしょう。

Img_6296

2本のうち、1本は数日前に枯れてしましました。 水不足だったのでしょう。

2017年7月31日 (月)

クレオメの種

6月末頃から咲き出したクレオメ。

種ができました。

少し茶色になりかけて、亀裂ができかかった鞘を軽く摘まむと、小さい種が沢山出てきました。

1鞘に数十個程度入っています。

Img_6291

Img_6292

Img_6293

Img_6294

・クレオメの花

Img_6278

2017年7月29日 (土)

クレオメの花がまさに開花中

クレオメは夕方開花しますが、開花直前の蕾を見ると、雌しべ・雄しべの先端が花びらの中に包まれているのがわかります。

折りたたまれていた花びらが徐々に開いて4枚の花弁と雌しべ・雄しべが現れますが、下の写真には開花の最終段階の花も写っていて、雌しべの先端が花びらの先端に引っかかっている様子が確認できます。
 (注)ピンクの花が開花直後の花、白い花は前日までに咲いたもの。夕方7時過ぎに撮影。

Img_6287

Img_6286