写真 Feed

2018年1月25日 (木)

デジカメの写真はDCIMフォルダに入っている

デジカメの画像をUSBケーブル経由でPCに転送し保存するとき、デジカメのメモリカード(SDカード)内の各画像はDCIMフォルダの中に入っているのがわかります。

今使用しているCANONのデジカメでは、DCIMフォルダの下に更に「100CANON」というフォルダがあり、そこに個々の画像が格納されています。

 DCIMは Digital Camera Images の略。

ところで、ネットでDCIMを検索すると次のようなものも出てきました。

 DCIM( Data Center Infrastructure Management )
 : データセンタ内のIT資産管理

2017年12月23日 (土)

松江フォーゲルパークなどの写真をUpしました

下記写真をフォトアルバムにUpしました。

2014年春_国営備北丘陵公園

2014年春_松江フォーゲルパーク

2014年夏_福井(舞鶴、敦賀、東尋坊、永平寺)

2014年秋_四国(かずら橋、大豊町、マイントピア別子ほか)

2015年春_竹田城跡

2015年春_福知山城

2016年春_美山かやぶきの里

2016年秋_鬼の舌震(奥出雲町)

2017年春_備中松山城、頼久寺庭園

2017年春_岡山和気(藤公園、和気神社)

2017年春_閑谷学校

2017年12月17日 (日)

写真(画像)のRGB値の一次変換画像を得るアプリ

画像のRGB値について、下記の一次変換を行うことで得られる画像を作成するアプロをHPにアップしました。

 ・現在の(R, G, B)を次式で新しい(R', G', B')に変換する。
     R' = a1R + a2G + a3B + a4
     G' = b1R + b2G + b3B + b4
     B' = c1R + c2G + c3B + c4
  係数 a1, a2, …, c3, c4 を数値入力する。

 ・これらの係数はグラフィック画面でも簡単に入力できる。

下の画像(元画像ー>変換画像、松江フォーゲルパーク)や、以前「画像のB成分を取り除くと」、「画像のG成分とB成分を交換すると」などで紹介した画像は本アプリで作成したものです。

070

070a

ー> 画像の変換 ~RGB値 変換式の係数入力~

2017年12月10日 (日)

画像をセピア色に変換する式

画像をセピア(sepia)色に変換すると、昔懐かしい画像にすることができます。

セピアとはイカ墨のこと。

昔の白黒写真が経年劣化による黄ばみと画像の退色でセピア色になったものを目にしたことはあります。

●◆▼❤セピア色RGB(107, 74, 43)、16進表記(#6B4A2B)

A2

Sepia2

この際の変換式について下記にまとめました。

ー> 画像のセピア色への変換

2017年12月 8日 (金)

画像のB(青)成分を取り除くと

画像のR(赤)成分とG(緑)成分をそのままにして、B(青)成分を取り除くと(値を0にすると)、日中に撮影した画像があたかも夕方の画像のように変換されます。

変換された画像はどこか遠い昔の風景を思い起こさせるような雰囲気を感じさせてくれます。

左が元画像、右が変換後の画像です。

A0

0b0

A1

1b0

A2

2b0

A3

3b0

A4

4b0

A5

5b0

Img_6550

6b0

2017年12月 1日 (金)

画像のG成分とB成分を交換すると(交換比率を変化)

画像のRGB成分を入れ替えると」で、カトレアの画像の変化について紹介しました。

そこでは画像のRGB成分を100%入れ替えを行っていますが、一部を入れ替えた場合の画像を作成してみました。

G(緑成分)とB(青成分)の入れ替えでは、元の値をG、B、入れ替え比率をα、入れ替え後の値をG'、B'とすると、

 G' = α・B +(1-α)・G
 B' = α・G +(1-α)・B

でG,B値を入れ替えます。

α =1が100%入れ替えで、以前紹介しました。

ここでは、α = 0(元画像)、0.25、0.5、0.75、1に対する画像を順に掲げます。

A4

B4_025

B4_050

B4_075

6566gb

2017年11月 5日 (日)

阿賀マリノ大橋の架橋前後の写真を比較

呉港阿賀地区に架かる阿賀マリノ大橋は2011年(H23年)3月26日完成の長さ710mの橋です。

黒瀬川の河口付近にあり、物流の効率化と円滑化を図るために建設されました。

下の写真は国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」でダウンロードした2009年当時の阿賀地区の航空写真です。

その下が現在の写真です。 逆S字型のこの橋の完成で市街地を迂回して国道185号線にいち早く到達できることがわかります。

● 架橋前(2009/4/29)

Aga20090429_ccg20091c4610

● 現在(2017年)

先月、倉橋島から竹原、三原方面に向かう途中、この橋を初めて通りました。

Img_6406

ー> 瀬戸内海にかかる橋

2017年11月 4日 (土)

昔の地図や航空写真を見るには

住んでいる地域の20年前、30年前、50年前などの地図や航空写真を見たいときはどうしたらいいでしょうか。

このような場合には、国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスが利用できます。

概ね、明治以降の地図や空中写真(航空写真)を見ることができます。

広島市安佐南区沼田地区は1994年のアジア大会の前後から急速に発展し、広島広域公園(広島ビッグアーチ、エディオンスタジアム広島)の整備(1992年オープン)、アストラムラインの開業(1994年)、広島市立大学の開学(1994年)などにより大きく変貌しました。

1例を示します。

アジア大会の会場となった広島広域公園付近の様子です。

● 開発初期(1986/05/17)
  広島JCT、五日市ICがあります。
  五日市IC右が五月が丘団地、その上が広島修道大、その左上が広域公園地区。

19860517_cg863xc9a12

● 開発中期(1988/10/08)

19881008_ccg881c720

● 開発後期(1990/11/24)

19901124_ccg901xc106

● 完成後(1995/05/06)
  広島市立大も見えます。

19950506_ccg952xc95

● 最新の航空写真(2017年)

ー> 国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」
ー> My HPでの紹介記事

2016年12月 5日 (月)

NHK公開セミナーと縮景園の紅葉 2016

12/3(土)、NHK広島の公開セミナー「コズミックフロント☆ネクスト」(広島こども文化科学館、14:00~15:30)に参加。

小惑星探査機「 はやぶさ」のプロジェクトマネージャの川口淳一郎さんのダジャレを交えたユーモアあふれるトークを堪能しました。

これに先立ち、2年ぶりに縮景園を訪れました。

紅葉は少しピークを過ぎていましたが、まだまだ十分に楽しめました。

Img_5521

Img_5526

Img_5528

Img_5530

Img_5535

Img_5537

2016年11月26日 (土)

メタセコイアの紅葉(広島市安佐動物公園)

昨日(11/25)、広島市安佐動物公園に出かけました。

ここは動物だけでなく、通路周辺およびピクニック広場、散策道の周囲に四季折々の草花、樹木が植えられていて大いに楽しめます。

「生きた化石」とも呼ばれるメタセコイアもきれいに紅葉しています。

写真は園内の食堂「バクバク」の前の池の周囲に植えられているメタセコイアです。

Img_5499

Img_5502

Img_5503

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart