写真 Feed

2021年2月25日 (木)

梶毛ダム(神原湖)に出かける: 写真をスケッチ風に加工

先日訪れた広島市佐伯区五日市町石内の梶毛(かじけ)ダムで撮った写真を白黒のスケッチ風に加工してみました。

●写真画像

Img_8944

Img_8949

Img_8953

Img_8937


●スケッチ風に加工した画像

8944_2

8949

8953

8937




 

ー> 梶毛ダム(神原湖)に出かける

2021年1月30日 (土)

画像ソフト「フォト」で不要部分を消去する

Windows 10に付属している画像編集ソフト「フォト」では不要部分を削除することができます。

「フォト」で画像を表示し、メニュー:「編集と作成」ー>「編集」ー>「調整」ー>「スポット修正」と進むと、半透明の青色の丸  が表示されるので、消去したい部分をクリックします。

これを必要なだけ繰り返すと、望みの画像が得られます。

少しコツが必要ですが、慣れると大変便利です。

● 操作画面

Img_8640b

 

消去前後の画像を2例紹介します。 いずれも左が消去前、右が消去後です。

● 例1: 撮影日付(2020/10/04)を消去(秋の庭の花々)

Img_8640

Img_8640a


● 例2: イチョウの枯葉を消去(島根県津和野町)

Img_8189

Img_8189a

2021年1月15日 (金)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いは

今朝(1/15)のラジオの天気予報で、「広島県北部では昼前まで濃霧による視程障害に注意を」と報じていました。

「霧が出ている」とか「靄がかっている」、「霞がかる」などと言いますが、霧(きり)と靄(もや)、霞(かすみ)の違いは何でしょうか。

調べてみました。

・霧(きり、fog)

  気象庁の予報用語では、微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態を指す。
  特に視程200m以下を濃霧という。

・靄(もや、mist)

  気象庁の予報用語では、ひらがなで「もや」と表記される。
  微小な浮遊水滴や湿った微粒子により、視程が1km以上10km未満の状態を指す

・霞(かすみ、mist)

  遠くの景色がかすんで見える現象。
  気象用語としては用いられない。

日常会話では「視界」という言葉をよく使用し、これは目で見通すことのできる範囲、視野を意味しますが、「視程」は肉眼で物体がはっきりと確認できる最大距離です。

 

コロナ禍にあって、中々先行きが見通せない状態が続いています。

ここ広島市では緊急事態宣言の対象地域に準じた措置がとられることになりました。

もうしばらくは不要不急の外出や移動の自粛などが求められます。

 

下の写真は数年前の秋に広島県呉市を訪れた際に遭遇した霧や靄です。

Img_6409

Img_6418

Img_6395

Img_6420

2020年10月23日 (金)

スマホで「圏外のため送信できない」

docomoのスマホで写真1枚(0.92MB、下の写真)をメールに添付して送信しようとしたところ、

 圏外のため送信できませんでした。
 圏内自動送信を設定しますか。

のメッセージが出て、送信できませんでした。

上記メッセージは本来、電波の圏外にいた時などに作成したメールを一旦保存状態にして、電波圏内になったら自動的に送信するメール設定です。

他の写真は数枚まとめて送信できるのに、この写真だけは何回やってもダメです。

ところが、1時間ほどしてから再度やってみると、今度は問題なく送信できました。

何だったのでしょうか。

・送信できなかった写真

Dsc_0818

2020年7月 5日 (日)

ミントグリーン、ミントブルーってどんな色?

ミントグリーン(Mint Green)という色名はよく聞きますが、ミントブルー(Mint Blue)という色名もあります。

ただ、両色とも曖昧な色で、人によってとらえ方が異なるようです。

あるサイトにはこれらの色のRGB値が次のように記載されていました。

■■■■ ミントグリーン:#8ef4c5
■■■■ ミントブルー :#1bc6c4

上記RGB値に相当する色は先頭の■■■■の色ですが、これらの色に近いマンセル色立体の等色相面の1例を示します(下図左:ミントグリーン、 右:ミントブルー)。

Mintgreen0

Mintblue0

ミントグリーンはJIS慣用色名(「JIS Z 8102:2001 物体色の色名」付表1)にもあり、RGB値:#81cc91、マンセル記号:2.5G 7.5/8 で明るい緑とされています(前記RGB値と少し異なる)。

一方、ミントブルーはJIS慣用色名にはありませんが、ミントブルーという名前の植物があります。

デルフィニウムというキンポウゲ科の植物で、(株)ミヨシの登録品種名です(2004年農水省品種登録)。

花は同じキンポウゲ科の千鳥草に似ています。

・写真左: デルフィニウム、 右: 千鳥草 (いずれもタキイ種苗のHPより)

Delphinium

Chidorisou

ミントブルーは車のボディー色でも見受けられます。

例えば、トヨタ PASSO(左) や 三菱 eK wagon(右)などがありますが、かなり色合いが異なります(いずれもメーカのHPより)

Mintbluepasso

Mintblueekwagon

 

ー> マンセル表色系とRGB値

2020年6月 7日 (日)

栗の雄花と雌花

この時期、あちらこちらで栗の木が花を咲かせています。

散歩の途中にその花をよく見ると、長さ20~30cmほどの雄花の付け根に雌花が付いていて、既に栗の実を思わせる形をしています。

収穫は9~10月頃でしょうか。

因みに、栗は英語では「chestnut」です。

Dsc_0630a

Dsc_0631

2020年4月 8日 (水)

スーパームーン前日の月と金星

地球の周りを回る月の公転軌道は楕円のため、地球と月の距離は時々刻々変化します(35.7万km~40.6万km)。

月が地球に最も近づいたとき(近地点)の満月(または新月)は スーパームーン(Supermoon)と呼ばれています。

今年(2020年)は本日(4/8)の午前11時36分頃がこれにあたりますが、日中のためよく見えません。

そこで昨日、東の空に浮かぶ大きな月を眺めてみました。

この時期は、西の空には金星が見えます。

Dsc_0561a

Dsc_0564

 

ー> 2014年スーパームーンを眺める

2020年4月 2日 (木)

雲岸寺の桜(広島市安佐南区)

アストラムライン大原駅から北東に約300m程のところにある雲岸寺。

雲願寺とも書いて、読み方は「うがんじ」。

今、桜が見頃です。

 (写真は 2020/3/31撮影)

Dsc_0554a

Dsc_0555a

2019年11月25日 (月)

広島市安佐動物公園の紅葉 2019

安佐動物公園に紅葉を見に出かけました。

メタセコイアやモミジが鮮やかに色付いていました。

メタセコイア(和名:アケボノスギ)は当初化石として発見され、絶滅した植物と考えられていましたが、1946年に中国で現存していることが確認され、「生きている化石」と呼ばれています。

現在日本各地で見られるメタセコイアは戦後、中国からアメリカを経て日本の皇室や研究機関、自治体に配布されたものから次々と広がったものだそうです。

Img_8236

Img_8233

Img_8237

Img_8238

Img_8242

Img_8243

皇帝ダリアも園内のあちらこちらで咲いています。

来年の干支のネズミの仲間であるモルモット(テンジクネズミ)も園内のぴーちくパークで見られます。モルモットには尻尾はありません。

Img_8224

Img_8232

 

ー> 安佐動物公園の紅葉(2015年)
ー> 安佐動物公園の紅葉(2016年)
ー> 安佐動物公園の紅葉(2018年)

2019年9月20日 (金)

今秋一番の冷え込みとうろこ雲(広島市)

広島市では今朝(9/20)、この秋一番の最低気温 17.1℃を記録。

20℃を下回るのも9月になって初めてです。

朝の空にはきれいなうろこ雲(鱗雲)が大きく広がっていました。

Dsc_0334a (写真は9/20 6:37撮影)

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart