車・バイク・乗り物 Feed

2020年9月15日 (火)

KENWOODカーナビのラジオをOffするには(2)

取説を調べると、「ソース切替」画面のところに、[ STANDBY ]という項目があり、これをタッチするとソースをオフにできることがわかりました(先日の下記Blog)。

取説を更に読んでいると、[現在値/AV]ボタンを長押しすると、画面の表示がオフ(STANDBY)になると書いてあったので試してみました。

画面が消えて、大きな時計表示になりましたが、ラジオは鳴ったままです。

[現在値/AV]ボタンの長押しは画面の表示をオフにするだけで、AVはオフにならないようです。

取説の「システム設定」のところに、画面オフ時は通常、時計表示Onに設定されている(Off設定も可)とありました。

 

ー> KENWOODカーナビのラジオをOffするには

2020年9月14日 (月)

自動車保険における「本人限定」がお得

任意加入の自動車保険の運転者限定割引においては、以前は
 ・限定なし
 ・家族限定
 ・本人、夫婦限定

等がありましたが、家族限定は損保大手4社ではすでに廃止されています。

代わって登場したのが、「本人限定」です。

大手4社の内、3社が昨年までに「本人限定」を導入し、唯一残っていた東京海上日動も今年から足並みを揃えました。

「限定なし」に比べて、
 ・本人+夫婦限定: 6%程度割引
 ・本人限定: 8%程度割引

となっているようです。

保険更新時には、運転者限定割引の変更も考えられた方がいいでしょう。

 

・・car car car car car car car car car car car car car ・・

 

2020年9月13日 (日)

KENWOODカーナビの現在地図画面の色がワイパー起動で変化

車にカーナビ(KENWOOD製)を取り付けました。

取説を見ながら使用方法を少しずつ調べては実機で確認しています。

先日、初めて雨の日に運転しましたが、この時おかしな現象に出くわしました。

エンジン始動時は今まで見慣れたカラーの地図が表示されていました。

Dsc_0746a

しばらくすると雨がひどくなり、ワイパーOn。

すると、画面の色合いが下図のようにガラッと変化しました。

Dsc_0747a

どこか、ボタンを触ったかと思い、色々変えてみましたが画面の様子は変化しません。

目的地についてワイパーを切ると、本来のカラーの地図に戻りました。

どうもワイパーが関係しているようなので、帰路、ワイパーOn/Offで確認しました。

間違いなさそうです。

カーナビの仕様なのでしょうか。

それとも、ノイズが関係しているのでしょうか。

それとも、全く別の原因でしょうか・・・・・。

車の販売店に状況を連絡しました。

2020年9月 5日 (土)

KENWOODカーナビのラジオをOffするには

車にカーナビ(KENWOOD製)を初めて取り付けました。

取説を見ながら使用方法を少しずつ調べては実機で確認しています。

「ソース切替」画面を表示してラジオ(AM/FM)を選択し、望みの放送局を受信することはできましたが、Offする方法がわかりません。

 取説の「AM/FMを聴く」の項を見ながら画面を眺めても、ラジオOffの項目が見当たりません。

 

再度、取説を読み返していると、「ソース切替」画面のところに、[ STANDBY ]という項目があり、これをタッチするとソースをオフにできるとありました。

実際にやってみると、これでうまくいきました。

2020年9月 4日 (金)

車の保管場所標章(いわゆる車庫証明)を貼ってない車が多いが・・・

最近、車の保管場所標章(いわゆる車庫証明シール)を貼ってない車を多く見かけるようになりましたが、問題ないのでしょうか。

保管場所標章は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」第6条2により、車に貼り付けることが義務づけられています。

貼る場所も、「同法律施行規則」第7条により、後方から見やすいように後面ガラスに、それが難しい場合は車体の左側面に貼り付けるよう定められています。

貼らなかった場合の罰則は特に規定されていないようですが・・・。

後面ガラスのどの位置(内貼り/外貼りも含めて)に貼るべきかは具体的に定められていないので、ワイパーなどの動作に支障がない場所で、他のステッカー類も考慮して場所を決めればいいでしょう。

Hokanbasho

(注)標章の下部には、上から順に
 ・保管場所標章番号(9桁)
 ・保管場所の届出適用地域(都道府県名と市町村名など)
 ・発行警察署長
 が記されている。

2020年8月 2日 (日)

車の非常停止表示板(三角表示板)は必要か

いつも車のトランクに入れてある三角表示板。

今まで一度も使用したことがありませんが、必要なのでしょうか。

調べてみました。

三角表示板は道路でやむを得ず緊急停止する際に、後方からの追突を防ぐために設置しますが、道路交通法上は一般道路では必ずしも表示する義務はないようです。

高速道路や自動車専用道で車を停止させる場合に必要となります。

しかし、いつ何があるかわかりませんので常時、車に搭載しておいた方がいいでしょう。

Img_8631a

2020年7月 5日 (日)

ミントグリーン、ミントブルーってどんな色?

ミントグリーン(Mint Green)という色名はよく聞きますが、ミントブルー(Mint Blue)という色名もあります。

ただ、両色とも曖昧な色で、人によってとらえ方が異なるようです。

あるサイトにはこれらの色のRGB値が次のように記載されていました。

■■■■ ミントグリーン:#8ef4c5
■■■■ ミントブルー :#1bc6c4

上記RGB値に相当する色は先頭の■■■■の色ですが、これらの色に近いマンセル色立体の等色相面の1例を示します(下図左:ミントグリーン、 右:ミントブルー)。

Mintgreen0

Mintblue0

ミントグリーンはJIS慣用色名(「JIS Z 8102:2001 物体色の色名」付表1)にもあり、RGB値:#81cc91、マンセル記号:2.5G 7.5/8 で明るい緑とされています(前記RGB値と少し異なる)。

一方、ミントブルーはJIS慣用色名にはありませんが、ミントブルーという名前の植物があります。

デルフィニウムというキンポウゲ科の植物で、(株)ミヨシの登録品種名です(2004年農水省品種登録)。

花は同じキンポウゲ科の千鳥草に似ています。

・写真左: デルフィニウム、 右: 千鳥草 (いずれもタキイ種苗のHPより)

Delphinium

Chidorisou

ミントブルーは車のボディー色でも見受けられます。

例えば、トヨタ PASSO(左) や 三菱 eK wagon(右)などがありますが、かなり色合いが異なります(いずれもメーカのHPより)

Mintbluepasso

Mintblueekwagon

 

ー> マンセル表色系とRGB値

2020年3月 1日 (日)

車の安全な車間距離の根拠

車の車間距離が短いと、万一の時に衝突の危険が高まり、またあおり運転などに遭う可能性も増大します。

時速100kmなら100m、時速50kmなら35m(=50 - 15)、あるいは30m(=50 x 0.6)と言われる車間距離の目安。

この数値はどこから来ているのでしょうか、その根拠について紹介します。

車の停止距離はドライバーが危険を感じて急ブレーキが必要と判断した時点から、実際に車が停止するまでの距離で、
 (1)ブレーキが必要と判断した時点から、ブレーキが効き始める時点までの空走距離
 (2)ブレーキが効き始めた時点から、停止するまでの制動距離
の和として求められます。

下図は、車の速度(km/h)・路面の摩擦係数(μ)と停止距離(m)の関係を示すものです(空走時間=0.8秒の場合)。

この線図で低速域(時速60km以下、一般道での速度域)、高速域(高速道での速度域)に2本の黒い直線が引かれていますが、これらは通常の路面状態(μ=0.5~0.8)における停止距離を示す曲線群(赤線)の概算に利用できることを示しています。

 ・低速域では D = 0.6 x V   (例)V = 50km/h ---> D = 0.6 x 50 = 30 m
 ・高速域では D = V     (例)V = 100km/h ---> D = 100 m

低速域における緑色の直線は D = V - 15 の線で、これも一般道での必要車間距離の目安としてよく用いられます

以上が必要な車間距離の概算式の根拠です。

なお、下り坂では当然距離はこれより増えるので注意が必要です。

Chartvd_2

  

上に示した速度と停止距離の関係は、摩擦力を考慮した車の運動方程式から導くことができます。

詳しくは下記を参照して下さい。

ー> 車の停止距離の計算

2019年12月29日 (日)

北陸本線のループ線(2)

数年前に所用で敦賀市に行った帰路、特急サンダーバードで敦賀駅を少し過ぎた所(敦賀駅~新疋田(しんひきだ)駅間)にループ線があることが予めわかっていたので、注意深く周囲の景色を見ていましたが、残念ながらよくわかりませんでした。

070

今回、また敦賀に用事があり、敦賀から京都に向かう北陸本線の上りのサンダーバードの車内からループらしき動きを確認できました。

上りの急こう配を解消するためにこのようなループ状の軌道になっています。

敦賀駅を出てしばらくすると、上り線路と下り線路が次第に離れていき、上り線は時計方向に円を描いて一周して次の新疋田駅の手前でまた下り線と合流しています。

京都から敦賀方面への下り線にはループはありません。

北陸本線は新疋田駅を過ぎて更に南下し、次の近江塩津駅で湖西線と別れます。 湖西線はその名のとおり、琵琶湖の西側を京都~大阪方面へ走っています。 北陸本線は琵琶湖の東側を米原まで運行しています。

Hokurikuloop

 

ー> 北陸本線のループ線(2014年)

2019年12月10日 (火)

山陽道の志和トンネルは事故が多い

山陽自動車道の志和ICと広島東IC(いずれも広島県内)間にある志和トンネル(全長約2km)は事故が多いことで有名です。

広島市と東広島市の境にあるこのトンネルは標高500m超の山の下を通っています。

トンネル内はカーブがきつく、特に左カーブの下り線では見通しが非常に悪いために事故が起こりやすいようです。 左側通行の車がトンネル内の左カーブを曲がるとき、左側前方が死角となることは容易に理解できます。

先日(12/5)の夕方も、下り線で大型トラックとバスのあわせて4台が追突する事故が発生しています。

ここを通るときは安全運転には十分留意するよう自分自身に言い聞かせています。

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart