マイホーム Feed

2020年7月 3日 (金)

エコキュートのヒートポンプユニット交換完了

東芝製エコキュートで、ヒートポンプユニット内の圧縮機が腐食・破損し、沸き上げ運転中にユニット本体が変形に至る場合があるということで、2か月前(4/30)にメーカが我が家にも点検に来ました。

その結果、圧縮機に腐食が発生していることが判明し、後日ヒートポンプユニットを交換することになりました。

新型コロナウイルスの関係で、ユニット自体が品薄で交換は早くて7月末になるとのことでしたが、これではあまりにも遅い・・・。

販売店経由でメーカに早めてもらうよう依頼していましたが、昨日(7/2)、当初予定より1か月も早く交換が完了しました。

ユニットの質量(重さ)は約54kg、しかもそこから道路までの通路は狭く、どうやって運ぶのか心配していましたが、やはり1人では無理のようです。 旧ユニットの搬出、新ユニットの搬入時は2人で作業されていました。

● 写真は新しいヒートポンプユニット:

Dsc_0669

 

ー> エコキュートのヒートポンプユニット交換へ

2020年6月20日 (土)

宅地整地後の泥水の流出(2)

最近、近所で古家の解体作業が行われ、建物解体後に地面もそれなりにほぼ水平に整地されていました。

しかし、1週間ほど前の雨でこの宅地も水溜りができ、少しずつ隣の敷地内に泥水となって流れ落ちていました。

その直後、業者が宅地境界線の少し内側に土嚢を設置し、更にその内側に溝を掘って2重の対策をしていましたので、これで大丈夫だと思いました。

ところが、2~3日前の6/18、広島市内では1日の降水量が112.5mmに達し、その影響により次のような状況が発生していました。

(1)隣家の車庫内への土砂の流入。
(2)宅地内の道路脇に設けた貯水用の穴が土砂でほぼ埋まっている。
(3)宅地内の斜面部のあちらこちらがえぐられている。

Dsc_0646a

Dsc_0647a

今後も雨で宅地の形状が次第に崩れていかないか心配していると、業者がやって来て、ブルーシートで覆うことにしたとのこと。

小型の重機で整地し直して、ご覧のように宅地のほぼ全面にブルーシートを敷き詰め、土嚢袋で固定していました。

よく見ると、全面でなく、一部で土がむき出しになっています。 どういう意味があるのでしょうか。 ただ単に、シートの残りがなくなったからでしょうか。

また、隣地境界の石積み法面ぎりぎりまでシートで覆って、大雨時に大量の雨水が隣りの宅地に流れ込む心配はないのでしょうか(右下の写真)。

前回行った宅地境界付近の溝と土嚢をそのまま残し、その内部をブルーシートで覆う方法ではいけなかったのでしょうか。

今回の処置で問題が解決すればいいのですが・・・。

Dsc_0649a

Dsc_0650a

Dsc_0652a

Dsc_0651a

 

ー> 宅地整地後の泥水の流出

2020年6月17日 (水)

古くなって使用していないエアコンの処分とその後

昨年(2019年)9月、古くなって使用していないエアコン2台を思い切って処分しました。

室内機、室外機とも除去し、各部屋の内壁の配管穴は栓をしました。

外部の配管カバーは室外機の直前でカットし、そのまま残しました(無理やり外すと壁に傷がつくので)。

カット部先端には虫の進入を防止するために粘土による詰め物をしましたが、最近粘土が落下しているのが発見されました。 このところの気温上昇で粘土が軟化して落ちたのでしょう。

取り敢えず、テープで穴を塞いでいますが、工事を施工した業者に相談してみる予定です。

Dsc_0640

 

ー> 古くなって使用していないエアコンの処分

2020年6月13日 (土)

宅地整地後の泥水の流出

最近、近所で古家の解体作業が行われ、建物解体後に油圧ショベル(重機)による整地を行っていました。

この宅地は周囲を石積み法面で囲まれていて、宅地内の地面もそれなりにほぼ水平に整地されています。

しかし、広島県内も6/10に梅雨入りし、6/11にかけて降った雨でこの宅地もご覧のように水溜りができ、少しずつ隣の敷地内に泥水となって流れ落ちていました。

Dsc_0632a

整地作業を行った業者が昨日(6/12)突然やって来て、宅地境界線の少し内側に土嚢を設置し、更にその内側に溝を掘って2重の対策をしていました。

業者もきっと気になっていたのでしょう。

これなら周囲に迷惑をかけることはないと思われます。

Img_8604a

Img_8607a

2020年6月11日 (木)

油圧ショベルによる整地と作業完了後のトラックへの積み込み

最近、近所で古家の解体作業が行われました。

建物解体後の油圧ショベル(重機)による整地の様子です。

基礎や車庫下面、敷地境界の石組み下などのコンクリートが大量に掘り起こされ、これらを順にバケットで掬い上げてトラックに積み込んでいました。

これが終わるといわゆる整地です。

バケットを巧みに左右に移動させて地面を平らにし、最後は重機を敷地の端から走行させてキャタピラーで踏み固め、手作業も交えて・・・。

Img_8565a

Img_8588a

また、全作業完了後に重機をトラックに積み込む様子もたまたま見学できました。

積み込み前に重機を左右に傾けて、両キャタピラーに付いた土をふるい落としていました。

慎重にトラックの荷台に載せていましたが、何回も何回も搭載位置を微妙に調整しながら作業をしていました。

Img_8594a

Img_8596a

Img_8598a

Img_8599a

2020年6月 6日 (土)

建物の分別解体が守られていない(2): 市役所からの回答

最近、近所で古くなった住宅の解体工事が行われましたが、屋根に瓦が載った状態で重機で家屋を壊し始めました。

建設リサイクル法(2002年施行)では「分別解体」が義務付けられていて、事前に瓦を取り外し、その後に重機での解体を行うように決められています。

業者にその旨伝えると共に、広島市の担当部署にも状況を連絡しました。

市からの回答では、
・(翌日)解体工事場所へ行き、元請業者に聞き取り調査を行いました。
・今回の件については、元請業者から、報告書を提出させます。
・そのうえで、解体工事現場での分別解体を今後、徹底するよう指導します。

とのこと。

市の現地調査以降、解体作業中に常時散水するなど、粉塵も余り舞い上がらなったように感じます。

ただ、今回の解体業者は当方に対して、「他の多くの業者も同じようにしている」と話しており、市がどこまで実効性のある動きをされるか、今後見守っていく必要がありそうです。

Img_8530 (瓦の破片などが散乱した解体現場)

 

ー> 建物の分別解体が守られていない(1)

2020年6月 3日 (水)

建物の分別解体が守られていない

建物の床面積が80㎡を越える建物に対しては、解体工事を行う際に建設リサイクル法(2002年施行)によって「分別解体」が義務付けられています。

事前に市町村に分別解体等の計画書というものを届け出る必要がありますが、通常は業者が代行してくれるようです。

具体的な解体作業の順序は大略以下の通りです。

1. 足場の設置・養生シートの設置
2. 建具・残置物および畳の撤去
3. 石膏ボードや断熱材を撤去
4. 瓦の撤去
5. 重機を搬入
6. 重機で解体しながら廃材を手作業で分別
7. 養生シート・足場の撤去
8. 基礎コンクリートを解体
9. コンクリートを撤去 
10. 整地

最近、近所で古くなった住宅の解体工事が始まりましたが、屋根に瓦が載った状態で重機で家屋を壊し始めました。

木材の破断音に瓦が落下・分解する音が加わり、ものすごい音です。 養生シート(防音シート)があっても、あまり効果がありません。

急遽、業者に連絡し、残りの部分については、先ず瓦を取り外し、それから重機で家屋を解体するように申し入れました。

解体業者の言い分は、

(1)真面目に分別解体をしていたら商売にならない。
(2)他の多くの業者も同じようにしている。
(3)市に提出する計画書には瓦を先に取り外すと書いてあるが・・・。

とのことでしたが、当方の申し入れを聞き入れてくれて、残りの箇所はまず瓦を外してから解体するとのこと。

 

市役所の担当部署(建築課)はどう考えているのでしょうか。

Img_8527a (瓦が載ったまま重機で解体中)

2020年5月24日 (日)

勝手口ドアの窓枠がずれる(3): 一部再塗装

今年3月に実施した外壁と屋根の再塗装工事の際に破損し、上方にずれたと思われる勝手口ドアの窓枠(型材)について、窓枠そのものの改修は過日(5/22)実施しました。

ずれた窓枠を本来の位置に戻した後の上部の未塗装部、及び窓枠の下方への引き戻し時の塗装の剥がれ部の仕上塗装を実施(5/23)、これで全作業を終了しました。

Dsc_0627

Dsc_0628

今回の外壁及び屋根の再塗装工事においては、塗装そのものについては十分満足できるものでしたが、それに付随する各種作業(テラス張替え、足場設置時の勝手口ドアの破損、洗浄時の基礎とステップ間のシーリング破損など)で一部問題が発生しました。

問題が発生した作業はいずれも塗装業者とは異なる業者で、全体を管理監督するリフォームメーカの気配り・連携が少し足らなかったように思います。

 

ー> 勝手口ドアの窓枠がずれる(2):改修

2020年5月23日 (土)

アプローチタイルに亀裂がまた発生(5)

門から玄関に続くアプローチのタイルに以前亀裂が発生し、2年ほど前に当該部分のタイルを張替えましたが、昨年初め頃から前回改修部分(タイル張替え部分)と非改修部分(古いタイル部分)の境界線上、即ち張替え部分の外周の一部などに亀裂が発生し、雨上がり後にその部分の乾きが遅く、線状の模様ができます。

業者には何度も連絡し、しばらく様子を見ていましたが、先日また現状を確認してもらいました。

業者曰く: この部分を補修しても、また同様の問題が発生する可能性が高い!

どうでもやりたくないようです。

今までメールでやり取りしてきましたが、当方からの連絡の一部(状況写真添付のメール)も記憶にないと・・・。

保証期間が終了する前に一度修理してもらいたかったのですが、あきらめました。

状況がこれ以上悪化しないことを祈るのみです。

Dsc_0606(2020/5/17朝の状況)

 

ー> アプローチタイルに亀裂がまた発生(4)

2020年5月22日 (金)

勝手口ドアの窓枠がずれる(2):改修

今年3月に実施した外壁と屋根の再塗装工事の際に破損し、上方にずれたと思われる勝手口ドアの窓枠(型材)について、

窓枠そのものの改修を本日(5/22)実施しました。

● 窓枠改修前

Dsc_0618

Dsc_0619

● 窓枠改修後

Dsc_0621

Dsc_0622

先の塗装工事では高圧洗浄過程で、玄関タイルと外壁間のシーリング材や掃き出し窓前のステップ上面と基礎間の接合部を埋めているシーリング材もボロボロになりましたが、これらの補修も併せて実施しました。

Dsc_0625

Dsc_0626

勝手口ドア上方の未塗装部分の下塗り(白色)も今回実施しましたが、この部分の中塗り・上塗りや、窓枠を下方に引き戻す際の塗装の剥がれ部の再塗装は明日(5/23)行う予定です。

Dsc_0623

Dsc_0624

(注)ドア窓枠のずれの原因
  当方は、塗装工事における足場設置時に部材が当たってずれたと考えているが、
  業者はこれを認めようとしない。

  工事直前の写真があればいいのだが、見当たらない・・・。
  工事の1か月半前の写真ではずれていないことを確認済み。

 

ー> 勝手口ドアの窓枠がずれる

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart