マイホーム Feed

2018年10月 9日 (火)

浴室のシャワー・バス切替ハンドルが重くなった(2)

浴室のシャワーと蛇口の切替ハンドルが重くなった件、参考資料がないか住宅メーカに問い合わせていましたが、

・分解・修理の仕方の資料については弊社にはない。
・今回の症状ですと製造メーカーに修理依頼をすることとなる。
・この症状だと部品交換での対応になるかと思う。

との回答。

こちらでも色々と資料を探したところ、設置時に貰った取説が出てきました。

しかし、ハンドルが重くなった時の対処方法についての記載がありません。

現状全く使用できないわけでもないので、少し様子を見ることにしました。

 

ー> 浴室のシャワー・バス切替ハンドルが重くなった(1)

2018年10月 8日 (月)

浴室のシャワー・バス切替ハンドルが重くなった

浴室のシャワーと蛇口の切替ハンドル(壁面に張られた説明には「シャワー・バス切替ハンドル」と記載されている)が最近重くなり、困っています。

写真の右側のハンドルです。

中央の止水位置から左右への動かし始めが非常に重く(硬く)、ギーギーという音もします。

ある程度動かした位置では軽くなります。

対処方法についてネット上には色々な情報がありますが、万全を期して住宅メーカに問い合わせています。

Img_7508

2018年10月 4日 (木)

隣家の庭木が道路に大きくはみ出してきた(伐採)

我が家の東隣りは7~8年ほど前から半空き家状態です。

持ち主の方が時々見に来られますが、道路側の庭木(カイヅカイブキ)は伸び放題で、道路に大きくはみ出してきました。

8月末頃、持ち主の方に善処をお願いしましたが、ここ数日前から少しずつ庭木の伐採が始まり、今日で道路側にはみ出していた庭木の伐採がすべて終了しました。

カイヅカイブキは絶えず枯葉をまき散らし、特に雨の後や強い風が吹いた後は周囲に飛散して掃除が大変でしたが、これで1件落着です。

●伐採前後の様子

Img_7416b

Img_7502a

 

ー> 隣家の庭木が道路に大きくはみ出してきた

2018年9月13日 (木)

地震による液状化の心配は?

9/6の北海道胆振地方の地震で、札幌市清田区では液状化が発生、道路の陥没や住宅が傾くなどの大きな被害が発生しました。

沢が流れる谷地を山から切り出した土で埋める「谷埋め盛り土」という方法で造成された宅地が特に液状化の危険があるとのこと。

我が家は大丈夫か、少し調べてみました。

我が家のある住宅団地は今から50年ほど前に造成されたようです。

付近の昔の地形図(S45年 国土地理院発行)です。

S44map_2

我が家のごく周囲(上の地図の赤線内)を現在の地形図と比較してみました。

・左がS45年、右が現在(H30年)、丸印に我が家がある。
・元々は標高100m程度の小高い丘陵地であった。
  赤丸付近の太線が100mの等高線、右下の太線が150mの等高線。
  等高線は10m毎。
・現在の我が家の標高は約108mであるが、昔も同程度の標高であった。
・昔/現在の右下部の等高線を見るとそのまま残っていることがわかる。
・上の地図を見ると、団地東側に上部に伸びる沢(小川)が確認できるが、現在も残っている。

S44map_b_2

これらより、我が家のある位置は特に盛り土はされていないようで、液状化の心配はないと思われます。

 

2018年8月30日 (木)

隣家の庭木が道路に大きくはみ出してきた

我が家の東隣りは7~8年ほど前から半空き家状態です。

時々持ち主の方が庭の草刈りに来られますが、庭木はほとんど手入れされていません。

3年前に我家との敷地境界線ぎりぎりに植えられた庭木については伐採して頂きましたが、道路側の庭木は伸び放題で、道路に大きくはみ出してきました。

Img_7416b

我が家のある団地では「町内会だより」で時々庭木の手入れをして道路にはみ出さないように注意を呼び掛けていますが、現に住んでいる家庭でも枝葉が大きくはみ出しているお宅が多々あり、なかなか改善されません。

庭木が道路にはみ出すと、交通の邪魔になると共に、枯葉が道路に落下・散乱します。

問題のお隣さんは町内会のメンバーではないので先日直接持ち主の方にお話したところ、問題部分については伐採の方向で検討するとのこと、気長に推移を見守ることとします。

なお、庭木はカイヅカイブキ(貝塚息吹)と思われますが、この木はナシやリンゴと近接して植えると赤星病(あかぼしびょう)を媒介するため、主なナシの産地(千葉県柏市、埼玉県春日部市ほか)には条例で植栽を規制している所があるようです。 但し、最近は良い薬ができて防除できるようですが・・・。

また、カイヅカイブキは絶えず枯葉をまき散らし、特に雨の後や強い風が吹いた後は周囲に飛散して掃除が大変です。 実はお隣さんに庭木の対策(伐採)をお願いした1番の理由はこれです。

庭木、車庫の屋根などの私物は通常は道路や隣地にはみ出さないようにすべきだと思われますが、民法や道路法などでは下記(参考1)、(参考2)のように規定されています。

 

(参考1)庭木の道路等へのはみ出しと民法

・隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者にその枝を切除させることができる(民法第233条)
 ー>私有地からはみ出している樹木は土地所有者に所有権があるため、他人が勝手に剪定・伐採が出来ない。 根が境界線を越えるときは切ってもよい。

・折れ木・落枝等や樹木の道路へのはみ出しが原因で事故等が発生した場合、所有者の責任が問われることがある(民法第717条)。

 

(参考2)庭木の道路等へのはみ出しと建築限界

・自動車や歩行者の安全な通行を確保するために、電柱、信号機、樹木等が道路上に入ってはいけない「空間」を定めたものを建築限界という。 

・高さについて車道の場合は 4.5m、歩道の場合は 2.5mの範囲外に樹木等が道路にはみ出していると建築限界を犯している可能性がある(道路法第30条、道路構造令第12条)。

(注1)道路法は道路の定義から整備手続き、管理や費用負担、罰則等まで定める道路に関する一般法で、国土交通省が所管。
(注2)道路構造令は道路法の規定に基づき、道路を新設または改築する場合における道路の構造の一般的技術的基準を定めた政令。

Niwakigenkai

歩道については人間の身長より少し高めの2.5m、車道についてはトラックの高さ制限 3.8m(特例で4.1m)より少し高めの4.5mに設定されているのでしょうか。

ー> 隣家の庭木 と 物置小屋(3年前の2015年4月のBlog)

2018年8月21日 (火)

アプローチタイルの盛り上がり改修後の補修

道路 ~ 門扉 ~ 玄関へと続くアプローチ中央のタイルに数年前から盛り上がりが発生した件、6月に改修工事を実施。

しかし、道路から階段を上がった所で一部問題が発生、歩くとパカパカと音がし、タイルが下地から剥離しているようです。

本日(8/21)、問題部分のタイル13枚を剥がして貼り直しました。

Img_7411

Img_7414

他の部分でも目地材が一部剥離し、こちらも目地をやり替えました。

Img_7412

Img_7413

これで状況が落ち着くことを願うばかりです。

2018年8月15日 (水)

外壁の藻のその後

住宅外壁に付いていた藻の洗浄を5月中旬に行いました。

それから約3か月経過しましたが、特に大きな変化は見られません。

いつまでこの状態が保てるか・・・。

●各部の洗浄前、洗浄直後(5月)の状態、現在(8月)の状態

Img_6990

Img_7026

Img_7403

Img_6981

Img_7025

Img_7404

Img_6984

Img_7029

Img_7405

Img_7037

Img_7046

Img_7409

 

ー> 外壁の藻を洗車ブラシできれいに

2018年7月19日 (木)

蚊の発生源を断つ: 蚊の行動範囲は半径15m程度?

庭での蚊対策として、雨水桝の蓋の下部に網戸用の網をセットしましたが、今のところ、かなりの効果です。 ほとんど蚊が見当たらなくなりました。

隣家、近くの公園・草地など敷地外からの飛来が心配ですが、ネットで調べると蚊の行動範囲は生まれた場所からせいぜい半径15m程度との情報がありました。

従って、敷地内の対策をしっかりすれば十分効果が期待できることになります。

 

ー> 蚊の発生源を断つ: 雨水桝の穴にネットを

2018年7月18日 (水)

アプローチタイルの盛り上がり改修後の状況

道路 ~ 門扉 ~ 玄関へと続くアプローチ中央のタイルに数年前から盛り上がりが発生した件、6月21日、22日に改修工事を実施。

もうすぐ改修後1か月、改修部は全体的に落ち着いていますが、道路から階段を上がった所で一部問題が発生しています。

タイル張替え部に隣接するところ(下図の赤丸部)で、以前は感じなかったパカパカ音がします。 タイルが下地から剥離しているようで、特に2~3枚は手で押しても動く状態です。

古いタイルを剥がすときの振動でこのようになったのでしょう。

部分的な補修のむずかしさでしょうか。

Img_7257a

 

ー> アプローチのタイルが盛り上がってきた!
ー> アプローチタイルの盛り上がり改修が漸く完了

2018年7月12日 (木)

蚊の発生源を断つ: 雨水桝の穴にネットを(3)

庭での蚊対策として、雨水桝の蓋の下部に網戸用の網をセット、一部の雨水桝には人工芝を小さく切って蓋の上に置いてみました。

しかし今回の豪雨やこれから本格化する台風シーズンを考慮し、雨水桝の穴を塞ぐのは排水に問題が発生する恐れが多々あり、思い切ってすべて人工芝から網に変更しました。

網は予め桝の直径より大きめの四角形(直径33cmの桝なら45cm角程度)に切ったものを準備し、これを桝と蓋の間にセットしてはみ出した部分をハサミでカットすればOKです。

鉢受けに溜まった水も定期的に捨てて、今年は蚊の発生源を徹底的に断っています。

 

ー> 蚊の発生源を断つ: 雨水桝の穴にネットを
ー> 蚊の発生源を断つ: 雨水桝の穴にネットを(2)

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart