地域情報 Feed

2021年3月 6日 (土)

JR可部線の梅林駅周辺を散策

7年前の2014年夏の豪雨で大きな被害を受けた広島市安佐南区八木地区にあるJR可部線の梅林駅周辺を散策しました。

阿武山(標高586m)南斜面の土石流による崩落部の砂防ダムを始めとする各種工事は今も進められていました。

梅林駅の近くにある光廣神社に立ち寄り、お参りして帰りました。

Img_9008

Img_9011

Img_9012

Img_9013

 

ー> 八木梅林公園を訪ねる(2015年)

2021年3月 2日 (火)

アストラムライン車両基地への引き込み線

広島市中心部と北西部を結ぶ交通システムであるアストラムライン(広島新交通1号線)。

その車両基地が安佐南区長楽寺の広島市交通科学館(ヌマジ交通ミュージアム)の下にあります。

時々、基地の見学会を実施していますが未だ参加したことはありません。

コロナが終息し、次回の見学会が実施されたら一度行ってみたいと思います。

 

写真は本線から車両基地への引き込み線の写真と、それをスケッチ風に加工したものです。

Dsc_1133

Astram

2021年2月27日 (土)

国泰寺(広島市西区己斐上)を訪れる

広島湾を望む己斐峠(標高217m)の近くにある国泰寺、元々は広島市中区にありましたが原爆で全焼し、戦後に再建されて、1978年(昭和53年)にこの地に移転しました。

境内には赤穂四十七士で有名な大石良雄(大石内蔵助)の妻である理玖(香林院)や三男の墓もあります。

また、ここからは北方に広島南アルプスの一角、大茶臼山(標高413m)の展望岩などを望むことができ、南方には広島湾に浮かぶ島々とともに市内中心部が大きく広がっている様子を目の当たりにすることができます。

Img_8957

Img_8961

Img_8959

Img_8960

境内に咲いていた白梅の写真をスケッチ風にしてみました。

前方に見える山は大茶臼山で、山頂の白い建物はNTT己斐無線中継所です。

Img_8963

Img_8963_sk

2021年2月23日 (火)

梶毛ダム(神原湖)に出かける

久し振りに広島市佐伯区五日市町石内にある梶毛(かじけ)ダムに出かけました。

2008年完成のこのダムのダム湖は神原湖(かんばらこ)と呼ばれ、近くには有名な「神原のしだれ桜」があります。

ダム湖東側の公園には過去にも数回訪れたことがありますが、今回は初めてダム湖西側の管理事務所側に行ってみました。

管理事務所でダムカードを頂き、ダムの堤頂(長さ約225m)を向こう側まで歩いてみました。 向こう側には公園がありますが、管轄が異なる(ダムは広島県、公園は西風新都の施設)とのことで残念ながらこちらからは公園には入れません。

神原湖の湖面標高は約170mで、堤頂中央部の湖面側に標高を示す目盛りが付いていました。

Img_8944

Img_8949

Img_8937

Dsc_1120


 

ー> 梶毛ダム(県のHP)

2021年2月18日 (木)

火山(広島市安佐南区)に登る(2)

先日の火山(ひやま)登山の後編です。

山頂で昼食後、伴峠まで引き返し、更に稜線を南下して権現峠(ごんげんだお、標高348m)に到着。

Img_8911

Img_8912


権現峠のすぐ下には権現神社がありますが、最近改装されたばかりのようです。

Img_8914

Img_8915

Img_8916

Img_8920


ここからいよいよ下山です。

藤の種(鞘)が所々に落ちていましたので、少し持ち帰りました。

Dsc_1112_2

途中、屏風岩「いたみやさん」があり、今は枯れ木となった天狗松が岩の上に、まるで生きている大きな鳥のような姿で天空を見上げています。

Img_8924

Img_8926


きれいに整備された道を更に下り、山陽道を跨いで一般道まで来ると、「広島南アルプス」の真新しい看板が掲げられていました。

ここで、火山の姿(右下写真で左側の山)を確認しました。

Img_8933

Img_8934


 

-> 火山(広島市安佐南区)に登る(1)

2021年2月17日 (水)

火山(広島市安佐南区)に登る(1)

10数年ぶりに広島南アルプスの最高峰で標高488mの火山(ひやま)に登りました。

今回のルートは次のとおりです(赤→:登り、 青→:下り)。Hiyama_route

安佐南区伴東8丁目の山陽自動車道下のトンネル(ボックスカルバート)近くの登山口(標高104m)から伴峠(ともだお、標高 356m)を目指します。

Img_8862

Img_8879


峠で左折して稜線を火山山頂に向かいます。

右手東側には春日野団地や遠くに広島湾、江田島、宮島などが、左手西側には西風新都の家並みが広がります。

Img_8887

Img_8888

山頂に到着です。

ゆっくりゆっくりと登ったので、登山口から1時間半ほどかかりました。

あまり広くない山頂には数組の登山者がお弁当を広げていました。

ここから、太田川やイオンモール広島祇園も確認できます。

Img_8897

Img_8895


昼食後、伴峠まで引き返し、更に稜線を南下して権現峠(ごんげんだお)経由で下山しましたが、下りの様子についてはまた後日・・・。

 

ー> 広島南アルプスの最高峰 火山

2021年2月16日 (火)

国道191号には重用区間(重複区間)がある

先日訪れた広島市安佐北区にある可部運動公園は、可部の191号分れ交差点から国道191号を西北西方向に約5km行った地点にあります。

国道191号は下関市を起点に、島根県益田市を経由して広島市中区を終点とする約290kmの国道ですが、他の国道(183号、261号など)と重複する区間を有しています。

道路が他の路線と重複して供用されている区間は重用(じゅうよう)区間または重複区間と呼ばれます。

広島市中心部から北上して191号分れ交差点で左折しますが、前後の道路には191に加えて、183や261等の国道番号が併記されていることがわかります。

R191

国道191号の全線を示す地図(Wikipediaより)と、以前訪れたことのある沿線の風景を少し紹介します。

●191号全線地図R191a_2

●沿線の風景 (番号は上の地図と符合)

(1)土井ケ浜遺跡(山口県下関市)
(2)松下村塾(山口県萩市)

015

Img_8197

(3)グラントワ(島根県益田市)
(4)秦記念館(島根県益田市)

030

058

(5)深入山(広島県安芸太田町)
(6)吉水園(広島県安芸太田町加計)

008

Img_7650

 

ー> 可部運動公園に立ち寄る(広島市安佐北区)

2021年2月15日 (月)

広島南アルプスの最高峰:火山(ひやま)

南アルプスと言えば、、長野・山梨・静岡の3県に跨って連なる赤石山脈(あかいしさんみゃく)ですが、広島にも通称 南アルプスと呼ばれているものがあります。

広島南アルプス(ひろしまみなみアルプス)は、広島市安佐南区の武田山から西区を通り、佐伯区の鈴ヶ峰に至る山脈で、いずれも標高500m未満の山々が連なっていて、その最高峰は標高488mの火山(ひやま)です。

先日、久しぶりに火山に登りましたが、その時の様子については別途Upする予定です。

Hiroshima_alps(地理院地図に山名付記)

 

ところで、「火山(ひやま)」と呼ばれている山は、全国あちらこちらにあるようで、3年ほど前に広島県呉市倉橋島にある火山に登ったことがあります。

ー> 倉橋島の火山に登りました

2021年2月12日 (金)

広島ビッグアーチの梅(2)2021

2週間ほど前の1月末に訪れた時にはまだ咲き始めだった広島ビッグアーチ(広島広域公園)の梅園の梅の花が大分開いていました。

樹によって完全に蕾の状態のものもありますが、着実に春が近づいているように感じます。

園内の散策路では、地元の高校生でしょうか、マラソン大会をしているようでした。

Dsc_1104

Dsc_1105


 

ー>広島ビッグアーチの梅 と ジョウビタキ

 

2021年2月 7日 (日)

可部運動公園に立ち寄る(広島市安佐北区)

先日、広島市安佐北区可部にある可部運動公園に立ち寄りました。

安佐北区での用事のついでに、少し足を延ばして・・・。

国道191号/261号沿いにあるこの公園、初めての訪れです。

野球場、テニスコート(6面)、卓球場、多目的スポーツ広場などからなる園内をしばし散策しました。

当日は朝から昼前にかけて雪が降り、園内にも少し残っていました。

この時期、レクレーション広場では紅梅が楽しめます。ここは、水越山(標高 526m)への登山口にもなっています。

ピクニック広場は桜の名所でもあるとのこと、その時期にまた訪れたいと思います。

・写真左上: グラウンド(野球場)の向こう右側に見えるのは福王寺山(標高496m)
・写真右上: 公園外周の歩道の両側には雪が・・・
・写真左下: レクレーション広場の梅林
・写真右下: ピクニック広場の桜

Dsc_1102_2

Dsc_1094_2

Dsc_1097

Dsc_1100



フォトアルバム 2

Powered by Six Apart