旅行・おでかけ Feed

2017年11月19日 (日)

各地のイチョウ

過去に訪れたイチョウの名所の中から一部を集めてみました。

広島広域公園

  コンコースの両側にイチョウ並木があります。

Img_6603

Img_6604

広島市植物公園

  芝生広場の隅に植えられています。

Img_6575

Img_6578

専念寺(広島市安佐南区)

  このイチョウの樹は広島市保存樹に指定されています。

Img_5433

Img_6596

帝釈峡(庄原市)

  上帝釈エリアの永明寺(えいみょうじ)の前に大きなイチョウがあります。

073

乳下がり大イチョウ(庄原市高野町)

  天満神社の境内にある県下第1位の巨木です。

Img_5416

Img_5425

今高野山 龍華寺(広島県世羅町)

  参道脇に、半分石垣に入り込んだイチョウがあります。

Img_6484

龍蔵寺(山口市)

  高さ約45mで日本一です。

085

金言寺(島根県奥出雲町)

  水を張った田んぼに映る逆さイチョウが神秘的です。

Img_5346

Img_5338

熊本城

  熊本地震(2016年4月)の2年半ほど前に訪れました。

017

2017年11月12日 (日)

葉の表面に花が咲く珍しい植物「ルスクス」(広島市植物公園)

先日(11/9)、広島市植物公園で珍しい植物を見つけました。

葉の表面に花がのっているルスクスという珍しい植物です。

実は葉のように見える部分は枝が変化したものなのだそうです。

Img_6567

Img_6568

Img_6567a (拡大図)

場所は熱帯スイレン温室の入口当たりだったと思います。

2017年11月11日 (土)

広島市植物公園の紅葉とヤーコン

植物公園に行ってきました(11/9)。

少しずつ木々の紅葉が始まっています。

芝生広場には三波川(さんばがわ)冬桜も咲いていました。 (注)三波川は群馬県藤岡市にある地名

Img_6571

Img_6572

Img_6574

Img_6575

Img_6579

Img_6580

展望台へのアプローチの入口にヒマワリに似た黄色の花を咲かせている植物があり、株元にヤーコンと記した立札がありました。 あのサツマイモに似た食べ物のヤーコンなのか、たまたま近くにいた係員の方に尋ねると「そうです」とのこと。

今年初めて植えてみたが、こんなに大きくなったと話されていました(高さ1.5~2m位か)。
(今回写真を撮り忘れたので、下の画像はWikipediaよりD.L.)

Yacon0

Yacon1

展示資料館では特別企画展「毒と薬は紙一重」が開催されていて、身近なきれいな草花にも毒性を持つものが多々あることが紹介されています(11月30日まで)。

また園内のあちらこちらでは、11月25(土),26(日)から毎週土日に行われる夜間開園「花と光のページェント」に向けた準備が進められていました。

2017年11月 9日 (木)

極楽寺山の紅葉を楽しむ

先日(11/6)、魚切ダム、客人(まろうど)神社と立ち寄り、昼食を摂った後、極楽寺山まで足を延ばしました。

極楽寺山は標高693mで、山頂付近には西暦731年(天平3年)に行基が開山し、聖武天皇が建立したとされる由緒ある極楽寺があります。

● 極楽寺山と極楽寺

 極楽寺山にはモミの原生林もあり、境内にある展望エリアからは宮島など瀬戸内海に浮かぶ島々を一望できます。 モミジの紅葉も見事でした。

 極楽寺の阿弥陀堂内には高さ8m、木像では日本最大規模の阿弥陀如来大仏があります(撮影禁止)。

Img_6545

Img_6539

Img_6541

Img_6542

● 蛇の池(じゃのいけ)

 極楽寺山キャンプ場内にあり、スサノオノミコト(須佐之男命)に退治された大蛇にまつわる伝説の残る池。

 6月から9月にかけては湖面に咲く睡蓮が見事だとか、いつかこの時期に再度訪れたいと思います。

Img_6550

Img_6552

Img_6553

Img_6555

Img_6554

Img_6557

2017年11月 8日 (水)

客人神社(広島市佐伯区湯来町)に行ってきました

先日(11/6)、魚切ダムと下流の次郎五郎滝を見た後、国道433号を南下し、湯来町葛原(つづらはら)にある客人神社(まろうどじんじゃ)に立ち寄りました。

正面石段を上がった境内両側に大きなイチョウがあり、この時期はライトアップされるそうです。

正午前に訪れましたが、境内一杯に広がるイチョウの絨毯も見事でした。

銀杏が落ちていませんし、上を見上げても実が付いていないようでしたので雄株でしょう。 雌株独特のあのニオイもしません。

実はこの神社、某宿泊施設からのツアー案内で初めてその存在を知り、今回思い切って行ってみました。

Img_6535

Img_6536

Img_6527

Img_6528

Img_6531

Img_6534

2017年11月 7日 (火)

魚切ダム(広島市佐伯区)に行ってきました

11/6(月)、何年かぶりに魚切ダムに立ち寄りました。

魚切ダムは1981年に八幡川(やはたがわ)に建設された補助多目的ダムです。

(安佐南区方面から)県道41号線を西進、「魚切ダム」の看板を左折して少し行くとすぐにダムが見えてきます。

Img_6510

Img_6511

ダムの上を通過し、向こう側の駐車場に車を止めて「次郎五郎滝」に行こうとしたら、昔は通れた(?)と思った歩道が通行止め。 県道を少し戻って八幡川へ下りる道に入り、橋を渡った所に車を止めて下流に沿って次郎五郎滝へ。

Img_6517

Img_6514

Img_6519

Img_6520

次に上流に向かってダムの真下まで。

ダムの管理者と思われる方が2名、状況を確認していました。

Img_6524

Img_6521

2017年11月 5日 (日)

阿賀マリノ大橋の架橋前後の写真を比較

呉港阿賀地区に架かる阿賀マリノ大橋は2011年(H23年)3月26日完成の長さ710mの橋です。

黒瀬川の河口付近にあり、物流の効率化と円滑化を図るために建設されました。

下の写真は国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」でダウンロードした2009年当時の阿賀地区の航空写真です。

その下が現在の写真です。 逆S字型のこの橋の完成で市街地を迂回して国道185号線にいち早く到達できることがわかります。

● 架橋前(2009/4/29)

Aga20090429_ccg20091c4610

● 現在(2017年)

先月、倉橋島から竹原、三原方面に向かう途中、この橋を初めて通りました。

Img_6406

ー> 瀬戸内海にかかる橋

2017年10月24日 (火)

瀬戸内海にかかる橋

先日(10/12, 13)、呉市/倉橋島 ~ 野呂山 ~ 竹原市 ~ 三原市 ~ 世羅町 ~ 府中市/上下町 ~ 三次市/甲奴町と巡った旅で通った(または眺めた)橋の写真を集めてみました。

●第二音戸大橋: 呉市警固屋町~倉橋島
  (注)右側の写真は2015/10/01のもの。

Img_6370

004

●音戸大橋: 呉市警固屋町~倉橋島
  (注)右側の写真は2015/10/01のもの。向こう側のループ状の橋が音戸大橋、手前は音戸第2大橋。

Img_6371

008

●早瀬大橋: 倉橋島~江田島

Img_6374

●阿賀マリノ大橋: 呉港阿賀地区 

Img_6406

●安芸灘大橋: 呉市川尻町~下蒲刈島 

Img_6419

●大芝大橋: 東広島市安芸津~大芝島

Img_6425

2017年10月23日 (月)

五輪真弓コンサート(呉)に行ってきました

10/22(日)、呉市文化ホールで開催された五輪真弓コンサート2017に行ってきました。

今年でデビュー45周年、外国でも人気の五輪さん、その豊かな声質と歌唱に圧倒された2時間でした。

中でも、ギターの弾き語りによる「Wind and Roses」や代表曲「恋人よ」を生で聴き、感動です。

台風21号が四国沖を通過す中、呉市内でも雨や風がかなり激しく、会場からの帰途は大変でした。

Itsuwa (公演チラシから)

次の公演は10/28(土)札幌だそうです。

2017年10月22日 (日)

上下町の白壁と甲奴町のジミー・カーターシビックセンターに立ち寄る

先日(10/13)、世羅町の今高野山(いまこうやさん)に立ち寄りましたが、その後国道432に沿って北上。

府中市上下町の白壁の街並みや翁座、キリスト教会などを見て回りました(JR福塩線 上下駅前広場に駐車可)。

Img_6488

Img_6490

Img_6485

Img_6486

更に北上し、三次市甲奴(こうぬ)町にある ジミー・カーターシビックセンターに。

ここは、第39代アメリカ大統領のカーター氏の来町を記念して開設された施設です。

氏から寄贈された種をもとに栽培が始まったピーナッツは「カーターピーナッツ」として町の特産品となり、毎年11月第3日曜(2017年は11/19)にはカーターピーナッツ収穫祭が行われています。

また、センター内にあるピースベルホールは約400席を備えた多目的ホールで、コンサートから演劇、講演会などに利用されているそうです。 ロビーには公演された有名人のサインが沢山掲げられていました(一番下の写真は島津亜矢さんのもの)

この後、近くの甲奴ICから尾道道に入り、中国道経由で帰途に就きました。

Img_6491

Img_6492

Img_6493