旅行・おでかけ Feed

2018年6月16日 (土)

ウッドワン美術館 と もみのき森林公園(廿日市市)に出かける

昨日(6/15)、廿日市市にあるウッドワン美術館ともみのき森林公園に出かけました。

ウッドワン美術館では吉村芳生(よしお)・吉村大星(たいせい)親子による特別企画展「365日 エンピツ画」が開催されていました(~7/1)。

鉛筆や 色鉛筆で写真をマス目ごとに克明に写し取る驚異的な手技によって生み出された数々の作品が展示されていて、圧巻です。

Img_7201

Img_7204

この後、ここから6~7kmのところにある「もみのき森林公園」に立ち寄り、園内を散策しました。

標高約900m超のこの公園にはその名の通り多くのもみの木が至る所に群生しています。

Img_7209

Img_7211

Img_7214

Img_7213

帰路、国道186号を南下、県道30号に入って1km程のところに有名な「重なり岩」がありました。

花崗岩が2つ重なり合った珍しい岩で、この地では有数のパワースポットだそうです。

Img_7221

Img_7220

Img_7219

Img_7218

2018年6月 9日 (土)

月山富田城跡にある三角点(3)

先日(5/25)登った島根県安来市にある月山富田城跡は標高184mの月山の頂上にあり、山頂には三角点を示す標石、標示杭が設置されていました。

標示杭には「AG等三角点」と読める文字が刻印されていました。

先日 国土地理院に尋ねましたが、「AG」マークについてはわかりませんとの回答でした。

そこで、地元の安来市観光協会/観光交流プラザに尋ねてみました。

しかし、
・歴史資料館他関係先に確認しましたが、判明しませんでした。
・今後、情報があればご連絡させていただきます。

とのことで、ここでも「AG」の意味が判明しませんでした。

(注)安来市立歴史資料館は月山登山口にあります。

Img_7076

Img_7048

ー> 月山富田城跡にある三角点(2):国土地理院からの回答

2018年6月 8日 (金)

月山富田城跡にある三角点(2)

先日(5/25)登った島根県安来市にある月山富田城跡は標高184mの月山の頂上にあり、山頂には三角点を示す標石、標示杭が設置されていました。

標示杭には「AG等三角点」と読める文字が刻印されていました。

先日 国土地理院に尋ねましたが、このとき「標示杭」というべきところを「標石」と書いたために、「ここは四等三角点で、標石にアルファベットを彫ることはなく、石の欠けなどでそう見えるかもしれません」との回答でした。

改めて「標示杭に・・・」と訂正して再質問したところ、次のような回答がありました。

・国土地理院が三角点を使用する測量を業者に委託した場合、標示杭は請負業者が仕様書に基づき調達して設置する。
・測量用材メーカにも問い合わせてみたが、写真のような杭は取り扱っていない。
・従って、「AG」マークについての詳細は不明。

Img_7093

Img_7076

Img_7077a

ー>月山富田城跡にある三角点(先日のBlog)
ー>月山富田城跡にある三角点(HP)

2018年5月30日 (水)

全日本モトクロスを観戦

先日(5/26)、広島県世羅町で行われた全日本モトクロス選手権(第4戦中国大会)を初めて観戦しました。

会場は「せら夢公園」の西約2km のところにある「グリーンパーク弘楽園」。

ルールも全く知りませんが、偶々あるところからチケットが入手できたので勉強のため、1時間弱見学しました。

未舗装の周回コースのあちこちに設けられたジャンプ台を飛び越える様は迫力満点でした。

Img_7160

Img_7156

2018年5月29日 (火)

月山富田城跡にある三角点

先日(5/25)、島根県安来市にある月山富田城跡(がっさんとだじょうせき)に登りました。

この山城は標高184mの月山の頂上にあり、山頂には三角点を示す標石が設置されていました。

通常は「三等三角点」、「四等三角点」などと記されていますが、ここの標石には「AG等三角点」と読める文字が刻印されています。

国土地理院に尋ねたところ、ここは四等三角点で、標石にアルファベットを彫ることはなく、石の欠けなどでそう見えるかもしれませんとの回答でした。

しかし、どう見てもアルファベットの「A」と「G」を組み合わせたような形です。 更に、「A」の左下に模様もあります(左下の拡大写真参照)。

Img_7093

Img_7076

Img_7077a

Img_7079

最後(右下)の写真はこの標石がある山頂です。

山頂付近は長さ約300mのほぼ平地になっていて、この西北端(写真中央の鳥居の向こう側)に三角点の標石がありました。

吾妻山に登る

5/26(土)、5年ぶりに広島/島根両県の県境にある吾妻山(標高 1238.8m)に登りました。

休暇村「吾妻山ロッジ」(庄原市)の駐車場から登山開始、1時間弱で山頂に到着です。

下りは尾根伝いに別ルートで・・・。 こちらも1時間程度です。

前回は紅葉の季節でしたが、今は新緑に覆われ、色とりどりの可憐な草花が楽しめます。

Img_7125

Img_7127

Img_7128

Img_7135

Img_7144

Img_7147

吾妻山下山後、庄原市立比和自然科学博物館に立ち寄りました。

中国地方が海だった頃に回遊していたクジラなどの化石ほか多数のものが展示されています。

Img_7153

Img_7154

2018年5月28日 (月)

松本清張の「砂の器記念碑」に立ち寄る(島根県奥出雲町)

先日(5/25)、月山富田城跡を訪れた後、国道432号を南下、道の駅「酒蔵奥出雲交流館」 近くの「砂の器記念碑」に立ち寄りました。

松本清張の推理小説「砂の器」にこの地の「亀嵩(かめだけ)」が登場することで、昭和58年(1983年)に設立されたとありました。

Img_7109

Img_7111

この記念碑は国道沿いの湯野神社(湯野社)参道入口にあり、神社の境内には杉の巨木とともに「モミの純林」があります。

「モミの純林」は環境省により特定植物群落に位置付けられています。 また、樹齢450年の大ケアキも見事な姿を見せてくれています。

Img_7113

Img_7115

Img_7118

Img_7116

2018年5月27日 (日)

月山富田城跡に登る(島根県安来市)

先日(5/25)、月山富田城跡(がっさんとだじょうせき)に登りました。

標高184m(下記注)の月山の頂上にあるこの山城は戦国時代に尼子氏が本拠を構え、国の史跡に指定されています。

麓の道の駅「広瀬・富田城」の駐車場に車を置いて登山開始、1時間足らずで山頂の本丸に到着しました。

山頂からは北に約7~8kmのところにある中海も望めます。

Img_7049

Img_7052

Img_7053

Img_7055

Img_7059

Img_7061

Img_7068

Img_7078

Img_7080

Img_7085

Img_7086

Img_7089

Img_7093

Img_7088

(注)月山の標高について
  ・184m(183.8m)、197mと2通りあるが、国土地理院によれば183.8mが正式標高。
  ・山頂は長さ約300mのほぼ平地になっている。
  ・地図上の山頂は平地の西北端にあり、ここに国土地理院の三角点の標石がある。
  ・ここから、本丸方向を見ると若干の盛り上がりがある。
  ・本丸近くの神社前の説明板には「197m」とある。

2018年5月 3日 (木)

打吹公園と青山剛昌ふるさと館を訪ねる

4/27、28の両日、大山、蒜山、倉吉、雲南方面を車で回りました。

初日は 広島 ~鳥取県日野町 ~ 新庄村 ~ 奥大山/サントリー天然水 ~ 岡山県真庭市蒜山(泊)。

2日目は 蒜山を出発して 倉吉市の打吹公園、 名探偵コナンの北栄町/青山剛昌ふるさと館に立ち寄り、安来市、雲南市を経由して広島への帰途につきました。

以下、2日目の風景です。

● 打吹公園(うつぶきこうえん、鳥取県倉吉市)

 標高204mの打吹山の麓にある公園で、「さくら名所百選」にも選ばれています。
 ちょうど、つつじが咲き誇っていました。

Img_6930

Img_6933

Img_6934

Img_6941

● 青山剛昌ふるさと館とコナン通り(鳥取県北栄町)

ふるさと館は「名探偵コナン」の原作者:青山剛昌さんの資料館です。
館の隣りの道の駅から南にJR由良駅(コナン駅)まで約1.4km続く通りがコナン通りで、各種のブロンズ像などが置かれていました。

Img_6942

Img_6958

Img_6946

Img_6947

Img_6948

Img_6954

Img_6959

Img_6960

Img_6962

Img_6965

Img_6967

Img_6968

コナン通りに面した砂地の畑には沢山の支柱を立てたところがありましたが、多分有名な「長いも(ねばりっこ)」でしょう。

Img_6961

Img_6970

● 雲南市木次、三刀屋(島根県)

斐伊川の支流:三刀屋川沿いの有名な緑色の桜「御衣黄(ぎょいこう)」は残念ながら花が散ってしまっていました。

原爆の救護活動や「長崎の鐘」などの著書で知られる永井隆博士の記念館にも立ち寄りました。

Img_6979

Img_6980

Img_6976

Img_6978

2018年5月 1日 (火)

蒜山周辺の風景(鳥取県、岡山県)

4/27、28の両日、大山、蒜山、倉吉、雲南方面を車で回りました。

初日は広島を出て、鳥取県日野町 ~ 新庄村 ~ 奥大山/サントリー天然水 ~ 岡山県真庭市蒜山へ。

以下、旅の途中の風景です。

●日野町/ 金持神社(かもちじんじゃ)

 以前訪れた時よりきれいになっていました。

Img_6877

Img_6879

 ●新庄村

 道の駅が「がいせんざくら新庄宿」に改名されていました(旧名称:メルヘンの里 新庄)。
 4月4日のリニューアルオープンに合わせて、村民から公募したそうです。
 写真は道の駅、新庄川沿いのシバザクラ、がいせん桜、五段滝。

Img_6880

Img_6881

Img_6885

Img_6890

●奥大山/ サントリー天然水 -> こちらにあり

●鬼女台(きめんだい、 標高 869m)

 大山と烏ケ山(からすがせん)、蒜山3座を望むことができます。

Img_6914

Img_6917

●蒜山高原

 ・ジョイフルパークのオオサンショウウオ: ちょうど池の掃除中でした。
 ・蒜山ワイナリー: 山葡萄からワインを製造している。
 ・蒜山タンチョウの里: 2羽を飼育中。

Img_6920

Img_6925

Img_6927

Img_6926

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart