旅行・おでかけ Feed

2017年10月21日 (土)

今高野山 龍華寺を訪れる

先日(10/13)、世羅町の今高野山 龍華寺(いまこうやさん りゅうげじ)に立ち寄りました。

鎌倉時代に紀州高野山領大田荘の政所寺院として栄えた今高野山の龍華寺。

世羅町甲山の市街地の南側の山麓にあり、三原の佛通寺同様、ここも紅葉の名所として知られています。

Img_6476

Img_6478

Img_6480

Img_6482

Img_6483

Img_6484

2017年10月20日 (金)

久井の岩海(くいのがんかい、三原市)を訪れる

先日(10/13)、三原市内にある佛通寺、昇雲の滝、吉田山甌穴群を見た後、国の天然記念物にも指定されている久井の岩海に立ち寄りました。

NHK BS の「にっぽん縦断こころ旅」で2017年4月に紹介されたところです。

基盤の岩石(花崗閃緑岩)に霜の作用で剥離してできた割れ目に空気や水が入り、その作用により周辺が風化して岩塊ができました。

地底部を流れる水流音を聴ける場所(水音峡)もありました。

周囲の木々の下の通路にはあちこち栗が落ちていて、思わぬ贈り物を頂きました。

Img_6464

Img_6465

Img_6475

Img_6466

Img_6469

Img_6470

Img_6474

Img_6472

2017年10月19日 (木)

佛通寺を訪れる

先日(10/13)、初めて三原市の佛通寺を訪れました。

臨済宗佛通寺派の本山で、広島県内屈指の紅葉の名所としても有名です。

少し早目のお出かけで、一部の木々の先端が少し赤くなりかけた程度でしたが、静かな佇まいに心を奪われました。

Img_6436

Img_6437

Img_6441

Img_6442

Img_6447

Img_6445

この後、同じ三原市内にある昇雲の滝、吉田山甌穴群に立ち寄りました。

昇雲の滝は沼田(ぬた)川の支流である仏通寺川にかかる高さ約80mの滝です。

甌穴群(おうけつぐん)の大小様々なくぼみは、数千万年前に川の流れの中で小石が回転し、長い時をかけて岩盤から削られてできたもの。 すぐ近くに無料駐車場がありました。

Img_6457

Img_6460

Img_6462

Img_6463

2017年10月18日 (水)

かぐや姫美術館(竹原市)に立ち寄りました

先日(10/13)、竹原市忠海にあるかぐや姫美術館に立ち寄りました。

JR呉線 忠海駅から西に300m程のところにある本立寺内にある小さな美術館です(入場無料)。

竹取物語にちなんだ作品が幻想的ムードの中、展示されています。

また、園山春二氏(下記注)のおとぎ話の板絵や招福アートも見ることができます。
 (注)1944年生まれ。 同じ読みの 園山俊二氏(1935-1993)とは別の方。

国道185号線から北に1本入り込んだ狭い道路沿いにあったので、ちょっと探すのに苦労しました。

Img_6432

Img_6431

Img_6428

Img_6430

Img_6426

Img_6427

2017年10月16日 (月)

野呂山の氷池を訪れる

10/12、倉橋島から「グリーンピアせとうち」に向かう途中、野呂山(標高:839m)に立ち寄りました。

山頂付近のビジターセンターすぐ傍にある氷池(こおりいけ)。

この池ではかつて、冬の寒さを利用して天然氷の製造をしていたそうです。

池一面にスイレンやジュンサイが生えていて、花も咲いていました。丁度、霧も出ていて幻想的な景色でした。

Img_6409

Img_6410

Img_6415

Img_6416

湖畔にはメタセコイアに似たラクウショウ(落羽松)が植えられていますが、この木は下の写真のように呼吸根を地上に出しています。

Img_6412

Img_6414

Img_6413

2017年10月15日 (日)

倉橋島の火山に登りました

10/12(木)、呉市の倉橋島にある火山(標高 408m)に登りました。

宇和木峠から歩いて登る予定でしたが(ここからだと片道50分程)、天気が下り坂でいつ雨が降り出すかもしれない状況。

そこで、車で頂上に続く林道を進み、上の駐車場まで。

ここから約10分歩いて頂上に到着しました。

曇り空でしたが、頂上からの景色は素晴らしいものでした。

何かの訓練でしょうか、丁度上空をヘリが3機飛んでいました。

 ・写真: 駐車場、途中の景色、頂上、頂上からの景色

Img_6379

Img_6376

Img_6380

Img_6388

Img_6389

Img_6390

Img_6395

Img_6385

下山後、桂浜(かつらがはま)の温泉館で昼食をとり、近くの桂浜神社や白砂青松の景勝地である海岸を散策しました。

その後、呉市安浦のグリーンピアせとうちで一泊。

2017年9月22日 (金)

余部駅と余目駅(あまるべえき と あまるめえき)

兵庫県の香美町(かみちょう)にあるJR山陰本線の余部駅(正しくは餘部駅)は「余部橋梁」で有名で、昨年の春に訪れたことがあります。

Img_4998

Img_4995

ところで、先日TVドラマを見ていて、山形県に余目駅というのがあるのを知りました。

羽越本線と陸羽西線の接続駅で、酒田市の東隣の庄内町にある駅です。

「あまるべ」と「あまるめ」、よく似た名前です。

ー> 新しい余部鉄橋

2017年8月11日 (金)

島根県立しまね海洋館アクアスに出かける

先日(8/8)久しぶり(7年ぶり)にアクアスに出かけました。

広島市内からは 広島道~中国道~浜田道を利用すると約1時間半で到着。

島根県浜田市と江津市にまたがる島根県立石見海浜公園にあるこの水族館は中四国最大級です。

現在、シロイルカパフォーマンスプールが工事中(2018/3月末までの予定)ですが、その分、料金が通常の約2割引きとお得になっています。

また、島根県外の人は「しまねカード」を忘れずに!(これを提示すると同行者全員の入館料が1割引きに)

最近、広島市内にはマリホ水族館がオープンしました。 いつか機会があればこちらにも行ってみたいと思います。

Img_6304

Img_6307

Img_6310

Img_6314

2017年7月10日 (月)

郡山城跡(安芸高田市)を訪れる

先日(7/7)、安芸高田市で行われたNHKラジオ「真打ち競演」の公開収録に参加しました。

開演前の時間を利用して、戦国武将毛利氏の居城「郡山城」跡を訪れました。

安芸高田市民文化センター近くのゆめタウンに車を置き、歴史民俗博物館横の道を山に向かって登ります。

●毛利元就公像

Img_6242

●清神社(すがじんじゃ):J1サンフレッチェ広島の必勝祈願所としても有名

Img_6244

Img_6243

Img_6247

Img_6249

●常栄寺跡(毛利隆元墓所):常栄寺は隆元の死後に山口市に移転

Img_6251

Img_6250

●洞春寺跡

Img_6253

●毛利元就墓所

Img_6252

Img_6255

●百万一心碑

Img_6254

Img_6257a

●郡山古墳

Img_6258

●郡山城 二の丸/本丸跡(標高390m)

Img_6259

Img_6260

Img_6261

Img_6262

 

●展望台に掲げられた毛利の家紋 (注)右下写真は麓からの眺め

Img_6264

Img_6268

●郡山公園(興禅寺跡)

Img_6266

Img_6267

●出発点に戻る

約2時間半かかりました。

当日は時折雨が降る生憎の天気でしたが、上記散策中は雨も降らず、まずまずのコンディションでした。

この後、夕食を摂って、公開収録の会場:安芸高田市民文化センター(クリスタルアージョ)に向かいました。

出演者は下記6組で、約2時間(18:00~20:15)の楽しいひと時を過ごしました。

 [漫才]宮田陽・昇
 [漫談]ケーシー高峰
 [落語]入船亭扇辰

 [漫才]東京太・ゆめ子
 [三味線漫談]柳家紫文
 [落語]瀧川鯉昇

ラジオでの放送は8/5(土)、9/2(土)10:05~10:55の2回に分けてあるそうです。

2017年7月 9日 (日)

三島食品のふりかけ資料館 楠苑に立ち寄る

先日(7/7)、安芸高田市で行われたNHKラジオ「真打ち競演」の公開収録に参加しましたが、家から会場までのほぼ中間地点にある北広島町の「八王子よみがえりの水」とふりかけで有名な三島食品の資料館「楠苑(くすのきえん)」に立ち寄りました。

三島食品は広島市のメーカですが、創業者の三島哲男氏が北広島町有田出身で、1991年(H3年)ここにふりかけ資料館「楠苑」を完成させたということです。

館内には三島食品だけでなく、国内の多くのふりかけメーカの製品が展示されていて大いに楽しめます。

資料館の前の畑にはふりかけ”ゆかり”の原料である赤しそが栽培されていました。

赤しその収穫は茶摘み機と同じように機械で頂部を刈り取るそうです。

Img_6241

Img_6238

Img_6239

Img_6240