旅行・おでかけ Feed

2018年10月18日 (木)

瑠璃光寺五重塔を訪れる(山口市)

先日(10/13)、久しぶりに瑠璃光寺五重塔を訪れました。

この一帯は香山公園となっていて、様々な史跡が点在しています。

Img_7578

Img_7580

Img_7581

Img_7588

塔の近くには、1867年に薩摩の西郷、大久保、長州の木戸(桂)らが薩長連合の密議を行った枕流亭(ちんりゅうてい)が残っています。

Img_7587

Img_7586

また、珍しいサルスベリの木がありました。

幹の途中から松の木が生えています。裏に回れば謎が解けます。

Img_7590

Img_7591

2018年10月17日 (水)

SLやまぐち号の走る姿を間近で見る

先日(10/13)、JR山口線を走る「SLやまぐち号」を生で見ました。

途中の無人駅「大歳駅」で、新山口10:50発のSL(D51)の通過を待ちました。

11時頃に西の方向に姿を見せ、モクモクと煙を吐き出しながら大歳駅に接近・通過しました。

Img_7564

Img_7567

Img_7568

Img_7569

Img_7570

Img_7571

Img_7572

Img_7573

Img_7574

Img_7575

前日(10/12)訪れた宇部市のときわ公園にもD51が展示されていました。

Img_7556

Img_7555

2018年10月16日 (火)

宇部ときわ公園のバオバブ

10/12(金)、山口ゆめ花博を見学後に宇部市のときわ公園を訪れました。

以前 TVで見たバオバブ(Baobab)がここにもあると知って出かけてみました。

公園内の「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」のアフリカゾーンにありました。

このバオバブ(樹齢100年)はプラントハンターの西畠清順さん監修のもと、アフリカのセネガルから取り寄せて昨年4月に植栽されたものだそうです。

Img_7540

Img_7543

Img_7541

Img_7544

Img_7542

ミュージアム入り口には「ニュートンのリンゴの木」もありました。

Img_7534

Img_7535

広島市植物公園には今年の3月、国内最大のバオバブ(樹齢400年)がオーストラリアからやってきましたが、こちらも近々訪ねてみる予定です。

2018年10月15日 (月)

山口ゆめ花博の会場で「直して」?

先日(10/12)出かけた山口ゆめ花博会場での出来事。

マリーゴールドの花壇で咲き終えた花がらを摘んでいた係の人に、「これ頂いていいですか」と言って花がらを2個ほど貰いました。

そのまま持っていると、「直しておいて」と言われ、意味が分からずキョトンとしていましたが、「持っていると勝手に摘んだと勘違いされるのでしまっておいて・・・」と。

山口弁で「直す」とは、「片づける」、「しまっておく」の意だとわかりました。

(写真は会場内の花壇の1例でサルビアやユリなどが咲いている)

Img_7512

2018年10月14日 (日)

山口ゆめ花博に出掛ける

10/12(金)、山口市阿知須にある山口きらら博記念公園で開催中の花博に出かけました。

平日にもかかわらず大勢の人々が訪れていました。

大きく8つのゾーンに分かれていますが、今回は「花の谷ゾーン」を中心に見て回りました。

Img_7514

Img_7516

Img_7520

Img_7522

この花博は11月4日まで開催されています。

2018年9月 4日 (火)

大朝のテングシデ群落を訪ねる

先日(9/2)、広島県北広島町大朝のテングシデ群落を見てきました。

すぐ近くまで車で行かれます。

現地にある説明文などによれば、

・テングシデはイヌシデの1変種で、幹や枝がくねくねと曲がり、枝先が枝垂れるなど独特な形をしている。
・これは突然変異によって誕生したと考えられるが、それが代々受け継がれて群落を形成することは世界的にも珍しく、貴重なものである。
・これにより、平成12年9月6日に国の天然記念物に指定された(それまでは県の天然記念物)。
・大小100本余りが群生し、最大のものは目通り幹囲約4.5m、樹高約12m。

近くには、農産物直売所の「天狗の里交流館」もあります。

Img_7456

Img_7457

Img_7459

Img_7461

Img_7462

Img_7463

Img_7464

Img_7465

Img_7458a

Img_7460

 

テングシデ群落を見学後、浜田自動車道の大朝IC入口まで戻り、国道261号を1kmあまり北上して小倉山(おぐらやま)城跡に立ち寄りました。

ここは、15~16世紀頃、吉川氏が本拠とした城跡で、本丸跡まで駐車場から10分程度で行くことができます。

Img_7476

Img_7478

Img_7479

Img_7482

2014年に選抜高校野球に初出場した広島新庄高校は小倉山城跡のすぐ南側に位置していますが、この高校の設立には吉川氏が関係しているようです。

2018年9月 3日 (月)

全日本トライアル第5戦を観戦(三次市灰塚ダム)

昨日(9/2)、三次市吉舎町の灰塚ダムトライアルパークで行われた大会を1時間ほど観戦しました。

会場は灰塚ダム(ハイズカ湖)の南端部にあるトライアルパークで、多くのファンで賑わっていました。

トライアルは岩や崖などの障害物があるコースをいかにミスなくオートバイに乗ったまま走り抜けられるかを競うもので、減点方式で勝敗が決まります。

Img_7438

Img_7441

Img_7443

Img_7445

観戦後、トライアルパークに隣接する灰塚ダム知和ウェットランドに立ち寄りました。

2006年に竣工した灰塚ダムは三次市三良坂町・吉舎町、庄原市総領町にまたがっていますが、吉舎地区は洪水調整区域として荒廃が予想されたために、大規模な人工湿地として整備し、日本最大級の約70ヘクタールの人口湿地「知和ウェットランド」が完成しました。

野鳥の営巣や飛来が観察できたり、動植物にとって貴重な生息場所となっています。 今ではコウノトリもやって来るとか・・・。

Img_7449

Img_7450

 

ー> 全日本モトクロスを観戦
ー> 灰塚ダム(三次市三良坂町)を訪れる

2018年8月11日 (土)

国営備北丘陵公園のヒマワリ

先日(8/9)、庄原市にある国営備北丘陵公園に出かけました。

連日の猛暑続きですが、当日は暑さが少し和らぐとのこと、思い切って出かけてみました。

第2駐車場に近いピクニック広場には一面にヒマワリが咲き出しています。

ここのヒマワリは「サンリッチレモン」と呼ばれる品種で、花粉が出ないので花持ちが良いそうです。

Img_7384

Img_7381

アメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種であるタイタンビカスなども咲いています。

Img_7391

Img_7392

Img_7387

Img_7378

●(参考)庄原市の今年8月の最高気温の変化
 8/01: 34.5℃
 8/02: 35.7℃
 8/03: 35.6℃
 8/04: 35.4℃
 8/05: 36.3℃
 8/06: 35.5℃
 8/07: 33.7℃
 8/08: 32.0℃
 8/09: 29.2℃
 8/10: 31.9℃
 8/11: 33.2℃(13:00までの値)

2018年7月17日 (火)

富士山に登る(三次市吉舎町)

先日の7/13、君田のヒマワリ畑 -> 三良坂の灰塚ダムの次は吉舎町の富士山へ。

富士山と書いて読み方は「とみしやま」、登美志山とも書くようです。

備後小富士とも呼ばれる標高471.3mの山で、9合目まで車で行くことができます。

9合目にある「とみしの里」の駐車場に車を置いて歩くこと約10分で頂上に到着。

この日、三次市内は35度近い暑さでしたが、山頂展望台上からの眺めは360度開けていてすばらしいものでした。

Img_7329

Img_7333

Img_7335

Img_7332

Img_7336

Img_7330

2018年7月16日 (月)

灰塚ダム(三次市三良坂町)を訪れる

先日の7/13、君田町のヒマワリ畑を見た後、三次東ICから尾道道に入り三良坂ICで下車。

三良坂平和美術館、出雲大社備後分院に立ち寄って灰塚ダムまで移動。

Img_7315

Img_7316

灰塚ダムは江の川(ごうのかわ)水系の上下川に建設された重力式ダムで、ダムによってできた湖は「ハイズカ湖」と呼ばれています。

Img_7324

Img_7323

見学後、ダムの管理事務所に寄ってダムカードを頂きました。

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart