旅行・おでかけ Feed

2020年11月24日 (火)

古保利薬師の紅葉 2020

先日(11/18)、広島県北広島町にある古保利薬師(こおりやくし)に立ち寄りました。

香淀の大イチョウ、常清滝を見た後、一般道を車で1時間ほどで到着です。

寺は平安時代に弘法大師により開基されたと伝えられています。

当日は境内のモミジなどが紅葉真っ盛りでした。

Img_8805

Img_8809

Img_8810

Img_8808

2020年11月21日 (土)

常清滝 2020

広島県三次市作木の常清滝(じょうせいたき)を見に出かけました。

香淀の大イチョウを見た後、江の川沿いに国道375号を5km程北上し、右折して2~3kmで常清滝の駐車場へ、ここから整備された遊歩道を徒歩で500m程歩くと滝の下に到着です。

この滝は日本の名滝100選にも選ばれていて、高さ126m。 因みに、華厳滝:97m、那智滝:133m です。

Img_8794

Img_8795

Img_8798Img_8804


駐車場の近くには、「常清滝形成期旧河床礫層」(三次市の天然記念物:g4a9161)が残っています。

これは、約10万年前の常清川の川底の岩石が上流部の固い岩盤に守られて残っているものです。

常清川は江の川の支流である作木川の支流です(常清川~作木川~江の川~日本海へ)。

Img_8799

 

ー> 香淀の大イチョウを見に行きました

ー> 常清滝(じょうせいだき)に立ち寄る(2017年6月)

2020年11月20日 (金)

香淀の大イチョウを見に行きました

広島県三次市作木の香淀(こうよど)大イチョウを見に出かけました。

中国道の高田インターから一般道を約15km北上すると、江の川(ごうのかわ)に差し掛かり、これを渡って2~3km走ると到着です。

香淀迦具(かぐ)神社の境内にあるこのイチョウ、樹齢600年、樹高約32m、最大枝張32m、胸高幹囲7.28mで、県内第3位の大木です。

また、ラッパ状の珍しい葉をつけることでも知られていて、多くの人が訪れていました。

ただ、駐車場がないので、道路脇に車を止めるしかありません。

Img_8773

Img_8783


ここから歩いて2~3分のところに、小さな滝「宮が滝」があります。

Img_8775

2020年11月11日 (水)

井仁の棚田に立ち寄る

先日(11/5)、石ケ谷峡を散策後、筒賀の大イチョウ ~ 龍頭峡 を見た後、井仁(いに)の棚田(広島県安芸太田町)まで足を延ばしました。

生憎、稲の収穫も終わり、棚田には何もありませんでしたが、その分、段々畑の様子がしっかりと確認できました。

この棚田は1999年に広島県内では唯一「日本の棚田百選」に選ばれました。

Img_8762

Img_8763

2020年11月 9日 (月)

龍頭峡を散策

先日、広島県安芸太田町にある龍頭峡を散策しました。

筒賀の大イチョウからすぐのところにあります。

龍頭峡は三谷川の上流にある名峡で、日本秘境百選にも選ばれています。

国道186号から2kmほど入った所にある森林館の駐車場から、徒歩で二段の滝、奥の滝まで足を延ばしました(往復 約4km)。

Img_8745

Img_8746

二段の滝(写真左)は落差40mで、下からの眺めは格別です。

奥の滝(写真右)は落差20m。

水量がもう少し多ければ、どちらももっと迫力のある景色が楽しめたかもしれません。

Img_8757

Img_8753

三谷川は筒賀川に合流し、更には太田川に合流して広島湾に注いでいます。

2020年11月 8日 (日)

筒賀の大イチョウ 2020

先日、石ケ谷峡を散策後、広島県安芸太田町の大歳神社の境内にある「筒賀の大イチョウ」に立ち寄りました。

樹齢1,100年を超すと言われるこのイチョウ、高さ48m、周囲8.2mの巨樹で広島県の天然記念物にも指定されています。

当日は多くの人たちで賑わっていました。

11月いっぱいは楽しめそうです。

Img_8734

Img_8743

Img_8736

Img_8739

 

ー> 金言寺の大イチョウを訪ねる(島根県奥出雲町)

2020年11月 7日 (土)

石ケ谷峡を散策

広島市佐伯区湯来町にある石ケ谷峡(いしがたにきょう)を散策しました。

広島市内にあるにも関わらず、今まで一度も訪れたことがありませんでした。

石ケ谷川沿いに7kmも続くこの渓谷は新緑・紅葉の季節が特に美しく、多くの人たちで賑わいます。

当日は入り口近くの丸子山憩いの森の駐車場に車を置いて、渓谷沿いの道をゆっくり上流に向かって進みました。

至る所に岩や小滝があり、遊歩道もきれいに整備されていて、紅葉し始めた木々を眺めながらの散策は気持ちの良いものです。

Img_8691

Img_8701

Img_8705

Img_8714

Img_8720

Img_8721

45分ほど歩いた地点で引き返しましたが、帰路、翌日に開催予定のイベント「湯来の秋を感じる~湯来で名勝歩き~」の準備とやらで近くの湯来西公民館の方が来られていました。

Img_8728

Img_8730

石ケ谷川は水内川(みのちがわ)に、水内川は太田川に合流して広島湾に注いでいます。

2020年10月29日 (木)

土師ダム(広島県安芸高田市)に立ち寄る

先日、土師(はじ)ダムに立ち寄りました。

江の川(ごうのかわ)の上流部に建設されたダムです。

現在、一部施設の建て替え工事中で平日はダムの上を走る天端道路は通行止めになっています。

Img_8670a

ダム湖畔に整備された「のどごえ公園」内で弁当を広げ、その後付近を散策しました。

ここにも十月桜でしょうか、花がまばらながら咲いていました。

Img_8672a

Img_8675a



2020年10月28日 (水)

新しい道の駅「三矢の里 あきたかた」に立ち寄る

2020年6月に広島県安芸高田市に新たにできた道の駅「三矢の里 あきたかた」。

国道54号線沿いにあるこの道の駅は、この地の戦国武将 毛利元就の訓え「三矢の訓え」に因み、名づけられました。

建物は3本の矢を模した尖った三角形の屋根を有し、産直市 ”VEGE PARK”も併設されていて、新鮮な野菜を少し買って帰りました。

「三矢の訓(え)」は「さんしのおしえ」あるいは「みつやのおしえ」と読みますが、道の駅は「みつやのさと」です。

Img_8662a

Img_8664a

 

ー> 三本の矢は一本の矢の何倍強いか ~三矢の訓とサンフレッチェ広島~
ー> 三本の矢は一本の矢の何倍強いか ~三矢の訓~(再考)

2020年10月22日 (木)

花みどり公園へ出かける(広島市安佐北区)

広島市安佐北区安佐町久地の花みどり公園に行ってきました。

ここは、広島市農林水産振興センターが管理する公園で、春のシャクナゲで有名です。

今の時期は木々の紅葉には少し早いですが、たまには緑で囲まれた園内をゆっくり散策するのもいいものです。

駐車場の片隅には十月桜が咲いていました。

Dsc_0817

Dsc_0815

 

花みどり公園の近くにある西正寺、水口神社にも立ち寄りました。

西正寺(さいしょうじ)は県道38号沿いにある浄土真宗本願寺のお寺。

Dsc_0803

Dsc_0804

水口神社は県道38号から200m程脇道に入った所にあり、向かって左手に雄のイチョウ、右手に雌のイチョウが植えられていて、少し黄色く色付き始めていました。

Dsc_0813

Dsc_0812_2




 

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart