2018年6月23日 (土)

アプローチタイルの盛り上がり改修が漸く完了

道路 ~ 門扉 ~ 玄関へと続くアプローチ中央のタイルに数年前から盛り上がりが発生した件、6月21日、22日に改修工事を実施、漸く完了しました。

不具合個所(中央の盛り上がり部とその他2か所の浮き部)のタイルを剥がし、整地・鉄筋配置・コンクリート打設・タイル張り・・・。

丁度梅雨の晴れ間となった両日、初日にタイル剥がしからコンクリート打設まで、翌日タイル張りを実施して久しぶりに安心して歩けるアプローチに戻りました。

●初日の工事の様子

Img_7244

Img_7248

Img_7251

Img_7253

Img_7256

Img_7257

●2日目の工事の様子(タイル張りと目地埋め)

Img_7263

Img_7265

Img_7267

Img_7269

●改修前後の比較(中央の盛り上がり部)

Img_7239

Img_7267_2

事前に取り決めた改修箇所(タイル張替え箇所)と少しズレたところを張り替えるなど、若干の問題がありましたが、上記以外の細かい不具合部分の手直しもやっていただき、これでよしとしました。

 

ー> アプローチタイルの盛り上がり:今までの経緯と対策
ー> アプローチタイルの盛り上がり、亀裂、空洞化の改修に向けて

2018年6月22日 (金)

レンジフード交換: 常時換気機能

建築基準法の改正(2003年7月1日施工)により、住宅には24時間常時換気が必要になっています。

最近交換した台所のレンジフードにも「常時換気機能」が付いているので利用しています。

Img_7237

Img_7237a

・消費電力: 5W
・換気風量: 130m3/h
・騒音  : 22dB

 

ー> レンジフード交換: ブーツ型からフラット型へ

2018年6月21日 (木)

そうめん南瓜の実が少しずつ大きく(2)

先日の14日に雌花が開花・受粉させたそうめん南瓜。

それから3日後(6/17)に長さ8cmほどに。

そして今日(6/21)見ると20cm位になっていました。

驚くほどの成長速度です。

● 6/17 ーー-> 6/21

Img_7226

Img_7249

次々と雌花が咲きそうです。

2018年6月20日 (水)

レンジフード交換: ブーツ型からフラット型へ

20年近く使用しているブーツ型のレンジフード(MITSUBISHI製)。

日頃のフィルタの掃除が大変なこととファンの汚れがひどくなってきたため、思い切って新型(Panasonic製)のものに交換しました。

フラット型で、整流板タイプとも呼ばれるものです。

色も黒からシルバーになって、台所が明るくなりました。

●新旧のレンジフード

Img_7228

Img_7238

●交換工事中の様子(撤去~据付:約4時間の工事)

Img_7230

Img_7232

Img_7233

Img_7234

Img_7235

Img_7236

2018年6月18日 (月)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(4)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yの待ち受け画像のDownloadがうまくいかない現象が多発しています。

そこで、「待ち受け画面」に関する問題点についてまとめてみました。

メーカには不具合の修正を何度となく依頼していますが、全く進展がありません。

 -> 電力モニタの待ち受け画面に関する仕様の実際(JH-RWL7Y)

2018年6月17日 (日)

そうめん南瓜の実が少しずつ大きく

先日の14日に雌花が開花・受粉させたそうめん南瓜。

それから3日後の今朝(6/17)、長さ8cmほどに成長しています。

このまま順調に生育してくれれば・・・・・。

Img_7226  

ー>そうめん南瓜が開花(2018/6/14)

2018年6月16日 (土)

ウッドワン美術館 と もみのき森林公園(廿日市市)に出かける

昨日(6/15)、廿日市市にあるウッドワン美術館ともみのき森林公園に出かけました。

ウッドワン美術館では吉村芳生(よしお)・吉村大星(たいせい)親子による特別企画展「365日 エンピツ画」が開催されていました(~7/1)。

鉛筆や 色鉛筆で写真をマス目ごとに克明に写し取る驚異的な手技によって生み出された数々の作品が展示されていて、圧巻です。

Img_7201

Img_7204

この後、ここから6~7kmのところにある「もみのき森林公園」に立ち寄り、園内を散策しました。

標高約900m超のこの公園にはその名の通り多くのもみの木が至る所に群生しています。

Img_7209

Img_7211

Img_7214

Img_7213

帰路、国道186号を南下、県道30号に入って1km程のところに有名な「重なり岩」がありました。

花崗岩が2つ重なり合った珍しい岩で、この地では有数のパワースポットだそうです。

Img_7221

Img_7220

Img_7219

Img_7218

2018年6月14日 (木)

そうめん南瓜が開花

昨年、知り合いから頂いた素麺南瓜(ソウメンカボチャ)の雌花が咲きました。

食べた後、種を保存して今年の春に種まきしたものが今ご覧の通り大きく成長しました。

素麺南瓜は素麺瓜(ソウメンウリ)、金糸瓜(キンシウリ)などとも呼ばれ、茹でると果肉の部分がそうめん状になります。

うまく成長して収穫できればいいのですが・・・。

Img_7196

Img_7197

2018年6月11日 (月)

和室の障子の滑りを改善

和室の障子の敷居のテープが劣化し、割れや剥がれが発生していました。

特に日光が当たる外側の敷居の劣化が激しく、思い切って戸すべりテープ(敷居すべりテープ)を貼り替えました。

念のため、シリコンスプレーも吹きかけておきました。

Img_7182

2018年6月10日 (日)

アプローチタイルの盛り上がり改修に向け動き出す

道路 ~ 門扉 ~ 玄関へと続くアプローチ中央のタイルに数年前から盛り上がりが発生した件、6月初めにも改修することとなっていましたが、住宅メーカへの質問に対する回答待ちの状態が続いていました。

昨日(6/9)漸く回答があり、色々と細かい点で当方見解との相違、疑問点がありましたが、これで一応了解する旨を先方に伝え、改修工事に向けて再び動き出すこととなりました。

以下、メーカへの質問事項と回答、当方見解・疑問点を列挙してみました。

1.タイルの盛り上がりは他ユーザでは1件も発生していないとのことであるが、
  ・本当か、御社の顧客で似たような例はないのか。
  ・我家でのみ発生したとすれば、大変貴重な事例となるが・・・。
 [回答]
  ・当時の施工に不備・不良があったとの認識はしてない。
  ・目地の亀裂は様々な周囲、自然状況により発生する可能性がある。
 [当方見解等]
  ・2年前から過去に例がないとの回答->今回、半月の検討で「過去に発生事例あり」に変化。
  ・今までの回答は何だったのか・・・(調査範囲は?)。 

2.盛り上がりの原因は何か、またそのメカニズムは?
  ・温度あるいは水分による膨張以外に考えられる項目はあるか。
  ・施工時の残留応力が時間とともに徐々に解放される可能性は?
 [回答]
  ・地震、道路振動等で長手方向に動き、圧迫の可能性があり。
  ・現場状況や周辺環境等の諸条件により原因は様々なので当社で評細なデータはない。

 [当方見解等]
  ・地震は考えられるが、道路振動は我が家ではない可能性小 ∵前面道路の交通量は非常に少ない。
  ・定量的な検討なし。
  ・温度変化、湿度変化に対する言及なし。
  ・当方検討結果に対するコメントなし。
  ・2018/4/13以降の急激な盛り上がりに対する説明なし。

3.アプローチタイル下はバサモルで、コンクリートが打設されていない。
  ・当時の一般的な工法、御社標準ではコンクリート打設なしか。
   2016年の外構業者による調査時に「タイル下のコンクリートの鉄筋の膨張かも」との発言あり、
   コンクリート打設が当時も一般的だった可能性が・・・。
  ・現在はどうか(一般的工法、御社の標準工法)。
  ・バサモル上にタイルを置いただけの構造では水平方向は伸縮自由でいつ盛り上がってもおかしくない?
 [回答]
  ・当時、環境状況工期・工賃等を考慮し多くはバサモルタル仕上げをしていた。
  ・現在は強固にする方法の下地コンクリート打設に。(現在はこれを標準採用)

 [当方見解等]
  ・施工時に、工法による工賃、寿命などに対する説明があればよかったが・・・。

4.タイル、目地材の材質・温度特性・湿度特性を教えてほしい。
 [回答]
  ・目地材については通常のモルタル。セメントと砂を1:3で混合。
  ・温度、湿度特性のデータについては持ち合わせていない。

 [当方見解等]
  ・特性データがないのは信じられない。
  ・タイルに対する記述なし。

5.当初の施工ミスの可能性はないか。
  ・施工1年半後に当該部で亀裂発生している。
 [回答]
  ・当時の施工に不備・不良があったとの認識はしていない。
  ・目地の亀裂は様々な周囲、自然状況により発生する可能性がある。

 [当方見解等]
  ・亀裂部と今回の盛り上がりの関連について一言言及してほしかった。

6.上記補修直後にしばらくして再発したが補修ミスか。
 [回答]
  ・補修後13年の発現なので補修ミスとの認識はない。
 [当方見解等]
  ・補修後13年の発現ではなく、亀裂は補修後1~2年で再発している。

7.今回改修しても再発の可能性があるのでは?
  ・今回は不具合部のタイルを剥がし、その部分にはコンクリート打設とのことであるが・・。
 [回答]
  ・当時のバサモルタル下地より強度を上げる為、今回の補修範囲はコンクリート下地にする。
  ・それにより盛り上がりの再発の可能性は低くなるが、目地及び周囲既存部に発生しないとは言い切れない。

 [当方見解等]
  ・特になし

8.庭の樹木の根のタイル下への侵入に対する対策について
  ・今回はないようだが、通常は何か対策するのか。
  ・対策なしで、根の侵入でタイルの盛り上がりが発生した場合はユーザ責任か。
 [回答]
  ・樹木の種類によって根の張り方は様々。施工時に根の張り方向や地表からの深さ具合をみて枯れない程度で根切りをする場合あり。
  ・アプローチ及び樹木の管理は所有者の方でお願いする。

 [当方見解等]
  ・特になし

9.外構関係の保証期間は2年とのことであるが、
  ・今回の場合は通行時にケガをする可能性がある。
  ・リコール(無償修理)の対象にはならないのか。
 [回答]
  ・住宅の外構工事そのものがリコール対象ではない。
 [当方見解等]
  ・特になし

また、上記9項目に加えて下記追加質問(要望)しました。

10.タイルの盛り上がりは単なる経年変化ではなく、何らかの特別な要因があるものと考える。
  ・単なる経年劣化であれば、他のユーザでも同様の現象が発生していてもおかしくないが、そのような例はないとのこと。
  ・我が家に特有な条件が1つあるいは2つ以上重なってこのような現象が起こっているものと考えられる。
   例えば、当初の施工ミス(不適切な工法・材料の使用、作業員のスキル不足など)、特殊な土壌等々。
  ・御社の外構専門家に状況を実際にご覧いただき、何が真の原因なのか究明してほしい。
 [回答]
  ・事前に経験豊富な施工担当者で確認済ゆえ、新たに調査をする事は考えていない。
 [当方見解等]
  ・2016年、2018年に事前確認した担当者が原因不明とのことだったので、セカンドオピニオンを求めたかったのだが・・。

 

ー>アプローチタイルの盛り上がり、亀裂、空洞化の改修に向けて
ー>アプローチタイルの盛り上がりについて施工会社に直接質問

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart