太陽光発電 Feed

2019年5月19日 (日)

牛窓を訪れる(岡山県瀬戸内市)

先日(5/15)、日本のエーゲ海と称される牛窓地区を訪れました。

兵庫県赤穂市から瀬戸内の島々を左手に見ながら国道250号を西進。

岡山県備前市に入り、しばらくして岡山ブルーラインに合流、一本松IC付近の道の駅「一本松展望園」で昼食を摂り南下。

先ず、牛窓オリーブ園に立ち寄りました。

オリーブ園の南方には小豆島などの瀬戸内の島々が広がっています。

北側には、昔の塩田跡地を利用して大量の太陽光発電パネルが並べられていました(出力 230MW)。

Img_7955

Img_7959

Img_7966

Img_7969

オリーブの木には蕾がぎっしりと付いていて、今にも白い花が咲き出しそうでした。

Img_7971

Img_7971a

次に、本蓮寺へ。

1347年創建のこの寺は海辺に映える三重塔でも有名です。

Img_7972

Img_7975

2019年4月26日 (金)

太陽光発電:余剰電力買取期間満了後の中国電力の買取単価 7.15円/kWh

FIT制度に基づく買取期間終了後の買取りについて、中国電力は以前からHPに「その際の具体的な購入単価等の契約条件,手続き等について2019年4月を目途に改めてお知らせする」とありましたが、4/23にHP上で下記発表がありました。

 ・2019年度買取価格: 7.15円/kWh
 ・買取価格は年度(4月~翌3月)ごとに見直し

他の大手電力会社や新電力に比べて決して高いとは言えない値です。

9月を目途に、「お得に感じてもらえるようなサービスについても発表する」ようですが、住宅メーカ(セキスイハイム)では9円/kWhとするとの連絡もあり、どちらにすべきか迷っています。

 

ー> 中国電力のHP
ー> 太陽光発電:余剰電力買取期間満了後の住宅メーカの対応(2)

2019年4月20日 (土)

太陽光発電:余剰電力買取期間満了後の住宅メーカの対応(2)

我が家の太陽光発電システムは2019年11月でFIT制度に基づく余剰電力買取期間満了になります。

それ以降の売電価格について、以前からHPなどで色々と調べていますが、昨日我が家の住宅メーカ(セキスイハイム)より連絡がありました。

以前問い合わせたときには住宅メーカとしての買取計画はないとのことでしたが、次の条件で買い取るとの内容でした。

・買取単価: 9円/kWh (但し、蓄電池搭載の場合は 12円/kWh)
  買取価格は2021年3月までの価格
・積水化学工業(株)が買い取る。


中国電力もFIT制度に基づく買取期間が終了後の買取りについて、HPに「その際の具体的な購入単価等の契約条件,手続き等について2019年4月を目途に改めてお知らせする」とありますが、まだ連絡はありません。

中国電力からの連絡を待って、今後の売電先を決めたいと考えています。

ー> 太陽光発電:余剰電力買取期間満了後の住宅メーカの対応(2019/2/8のBlog)

2019年2月 8日 (金)

太陽光発電:余剰電力買取期間満了後の住宅メーカの対応

我が家の太陽光発電システムは2019年11月で余剰電力買取期間満了になります。

それ以降の売電価格がどうなるか、HPなどで色々と調べています。

●中国電力

 ・FIT制度に基づく買取期間が終了した再エネ電気について,買取りを行う。
 ・その際の具体的な購入単価等の契約条件,手続き等については2019年4月を目途に改めてお知らせする。

●住宅メーカの対応: 積水ハウス

 ・契約終了した住宅オーナから余剰電力を購入することを計画している。

●住宅メーカの対応: セキスイハイム(<- 我が家はこれ)

 ・メーカとしての買取り計画はない。
 ・災害時の備えを兼ねて、蓄電池を薦めている。

 

一般的な売電価格については、8円 ~ 11円程度となるとの推測があるようです。

いずれにしても、中国電力からの連絡を待って対応を決める予定です。

2018年11月13日 (火)

太陽光発電の余剰電力買取期間10年満了が近づく

我家の太陽光発電システムは2001年に設置、2011年に設備更新を実施して現在に至っています。

2009年11月に始まった余剰電力買取制度により、我家でも来年(2019年)の11月で期間満了になります。

それ以降の売電価格がどうなるか、色々なサイトで取り上げられていますが、中国電力のHPには下記のように記されています。

「買取期間満了後の単価は,当社が新たに設定するものとし,買取単価の適用期間満了前にあらかじめお知らせします」

売電単価が大幅に下がることは間違いなさそうですが、それに対する対策としては(ネットでの情報等を参考にすると)、

(1)引き続き、現在の電力会社に売電する。
   ・既に設置費用は回収していると思われるので、あまり欲張らない。

(2)売電先を新電力に変更する。
   ・近くに利用できるところがあるか。

(3)蓄電池を導入し、余った発電電力を貯めて夜間に使用する。
   ・蓄電池の設置費用は結構高額。

(4)自家消費する。
   ・生活スタイルを変更する。
   ・エコキュートは昼間運転する(余った発電電力で)。

などが考えられそうです。

今後の1年間でじっくり検討したいと思います。

Isolar0

2018年11月 6日 (火)

気象庁データベースにおける全天日射量の月平均値がおかしい(2)

太陽光発電システムの発電量予測は最寄りの気象台などでの日射量データを元に行うことができます。

 気象庁の「過去の気象データ検索」で、広島の11月の全天日射量の月平均値(MJ/m2)に食い違いがありました。

 月平均値は「指定された年」または「観測開始から現在まで」について表示でき、当然両者の同一年の値は同じになる筈ですが、2018年11月06日朝の時点で「広島」の今年の11月のデータ(1日~5日)を見ると異なっていました。

 ●「指定された年」    : 14.0 <- こちらが正しい!
 ●「観測開始から現在まで」: 13.6 <- これは1日~4日までの値

この問題、実は今年の3月にも発生し、気象庁に連絡したところ、「原因究明を進めているが、改修までにしばらくかかる」との回答がありました。

まだ改修されていないようです。


ー> 気象庁データベースにおける全天日射量の月平均値がおかしい(2018/3/28のBlog)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(9)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yの待ち受け画像のDownload(DL)の件。

前日失敗した待ち受け画像のDL、今朝確認するとうまくいっていました。

DLに失敗すると、翌日まで待たなければならないので非常に不便です。 任意の時点でDLできるように改良できないか、Sharpに要望を出しました。

2018年11月 5日 (月)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(8)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yの待ち受け画像のDownload(DL)の件。

8月初旬の定期通信障害改修後、待ち受け画像のDLも先月まで問題なくできるようになっていましたが、昨夜2枚の画像をDLしようとしましたところ失敗に終わりました。

画像サイズは 4,128 x 2,336 のワイドで、3.87MBと3.35MBのデータです。

DLに失敗すると、翌日まで待たなければならないので非常に不便です。 任意の時点でDLできるようになればいいのですが・・・。

●その内の1枚:(三景園)

Dsc_0021

2018年9月 1日 (土)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(7)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yの待ち受け画像のDownload(DL)テストの続報です。

8/30の夜、前回(8/27)よりやや容量の大きな下記画像4枚(各画像サイズは4MB以下)のDLを実行し、うまくDLできたことを確認しました。

・3.73MB+3.75MB+3.91MB+3.97MB = 15.36MB

8月初旬に定期通信障害が改修された後、待ち受け画像のDLも問題なくできるようになったようです。

2018年8月28日 (火)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(6)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yの待ち受け画像のDownload(DL)がうまくいかない現象が以前多発していました。

仕様上は4MB以下/枚 X 4枚までOKの筈ですが、4MB以下の画像1枚でもDLに失敗することが多々ありました。

ところが、2018年7月末に発生したWEBモニタリングサービスの定期通信障害が復旧後に「待ち受け画面」についてテストすると、
・2018/8/22: 画像2枚(2.36MB+3.02MB = 5.38MB)
・2018/8/23: 画像4枚(2.36MB+3.02MB+3.30MB+3.81MB = 12.49MB)

ともにDLに成功しました(2018/8/24のBlog)。

昨夜(8/27)、下記画像4枚のDLを指定しましたが、今朝確認するとこれもうまくDLできていました。
・3.27MB+3.49MB+3.70MB+3.75MB = 14.21MB

メーカは待ち受け画像のDL不具合と前記定期通信障害は別の原因だと言っていますが、定期通信障害復旧後に画像のDLがうまくいっていることから、定期通信障害の不具合が待ち受け画像のDL失敗に関連していたものと推察されます。

待ち受け画像のDLについては折を見てもう少しテストを続けてみます。

 

ー> 太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(5)
ー> 太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(4)
ー> 電力モニタの待ち受け画面に関する仕様の実際(JH-RWL7Y)

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart