2018年6月 9日 (土)

月山富田城跡にある三角点(3)

先日(5/25)登った島根県安来市にある月山富田城跡は標高184mの月山の頂上にあり、山頂には三角点を示す標石、標示杭が設置されていました。

標示杭には「AG等三角点」と読める文字が刻印されていました。

先日 国土地理院に尋ねましたが、「AG」マークについてはわかりませんとの回答でした。

そこで、地元の安来市観光協会/観光交流プラザに尋ねてみました。

しかし、
・歴史資料館他関係先に確認しましたが、判明しませんでした。
・今後、情報があればご連絡させていただきます。

とのことで、ここでも「AG」の意味が判明しませんでした。

(注)安来市立歴史資料館は月山登山口にあります。

Img_7076

Img_7048

ー> 月山富田城跡にある三角点(2):国土地理院からの回答

2018年6月 8日 (金)

月山富田城跡にある三角点(2)

先日(5/25)登った島根県安来市にある月山富田城跡は標高184mの月山の頂上にあり、山頂には三角点を示す標石、標示杭が設置されていました。

標示杭には「AG等三角点」と読める文字が刻印されていました。

先日 国土地理院に尋ねましたが、このとき「標示杭」というべきところを「標石」と書いたために、「ここは四等三角点で、標石にアルファベットを彫ることはなく、石の欠けなどでそう見えるかもしれません」との回答でした。

改めて「標示杭に・・・」と訂正して再質問したところ、次のような回答がありました。

・国土地理院が三角点を使用する測量を業者に委託した場合、標示杭は請負業者が仕様書に基づき調達して設置する。
・測量用材メーカにも問い合わせてみたが、写真のような杭は取り扱っていない。
・従って、「AG」マークについての詳細は不明。

Img_7093

Img_7076

Img_7077a

ー>月山富田城跡にある三角点(先日のBlog)
ー>月山富田城跡にある三角点(HP)

2018年6月 7日 (木)

アプローチタイルの盛り上がりの改修が進まず

道路 ~ 門扉 ~ 玄関へと続くアプローチ中央のタイルに数年前から盛り上がりが発生した件、5月中旬(5/14)改修に向けての最終確認を業者とともに実施、6月初めにも改修することとなっていましたが、現在足踏み状態です。

今までは、当初施工した住宅メーカ(セキスイハイム)グループのリフォーム会社(セキスイファミエス)と色々やり取りしてきましたが、満足のいく回答が得られないことが多く、数多くの疑問点が残ったままです。

そこで、改修前にこれらの疑問点について当初施工した住宅メーカに直接尋ねてみることにしました。

5/23と24の両日、質問事項等をまとめて送付しましたが、本日(6/7)になっても全く連絡がありません(途中催促の連絡も入れましたが)。

中国地方も梅雨入りし、今のままでは通行に支障をきたすので1日も早く改修してほしい旨、リフォーム会社に連絡しましたが、住宅メーカからの見解が示されなければ工事はできないと・・・。

明日(6/8)何らかの回答をもらうこととしました。

 

ー>アプローチタイルの盛り上がり、亀裂、空洞化の改修に向けて
ー>アプローチタイルの盛り上がりについて施工会社に直接質問

2018年6月 6日 (水)

ゼラニウムが冬の寒さで枯れた?根元から新芽?

今年の冬は2月8日に-4.3℃の最低気温(広島市)を観測、最近の30年では1990年、2011年の-4.6℃に次ぐ記録でした。

軒下の壁際に植えてあるゼラニウムも例年通りのビニールカバーによる防寒対策をしていましたが、地上部が完全に枯れて、春になっても新芽が伸びてきません。

ところが昨日、根元をよく見ると小さな芽が出ています。

葉の形はゼラニウムに似ています。

もしかして・・・。

ゼラニウムは種からも育てられるようなので、ひょっとして種がこぼれて発芽したか、それとも元々の株から新芽が出てきたか、しばらく見守ってみたいと思います。

Img_7181

Img_7177

2018年6月 3日 (日)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(3)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yの待ち受け画像のDownloadがうまくいかない件、先日4枚の画像のピクセル数を元画像の約1/6の縦横621x466に縮小してトライしましたが転送失敗でした。

そこで、昨夕そのうちの2枚だけにして再トライしたところ、今朝モニタに2枚の画像が届いていました。

 ●4枚登録: 161+108+187+188 = 644kB -> NG
 ●2枚登録: 187+188          = 375kB -> OK

メーカの言によれば 4枚でもうまく転送できなければいけないのに・・・・。

<< 今回登録した画像(いずれも 621x466): 吾妻山の風景>>

Img_7125w

Img_7127w

 

ー>太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面
ー>太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(2)

2018年6月 2日 (土)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(2)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yなどでは、約5分間モニタを操作しないと待ち受け画像を表示する機能があります。

待ち受け画像は予めモニタ内に2枚準備されていますが、ユーザのパソコン(PC)内の画像を待ち受け画像として登録することもできます(JH-RWL7Yでは最大4枚)。

PC内の画像を待ち受け画像として登録する流れは概略下図のとおりですが、夜間のDownloadに失敗するととが多々あります。

<< 待ち受け画像登録の概略の流れ >>

Waitimg 

電力モニタおよびWebモニタリングサービスの取説などによれば、
・登録された画像は夜間(22時~4時)のモニタリング定期通信で電力モニタに転送される。
  タイムアウトなどで転送できないときは翌日リトライする。
・画像は最大4枚まで登録できる。
・登録できる画像サイズは最大4MB/枚。

となっています。

ところが、
・3~4MB/枚の画像4枚を登録したところ、4日連続で転送失敗。
・3~4MB/枚の画像1枚を登録したときでも転送できないことがある。

メーカ(Sharp)の担当者と色々やり取りしていますが、担当者曰く、
・待ち受け画像は1MB以下のサイズを想定した設計になっている。
・大きな画像はサイズを小さくして登録を。

そこで、4枚の画像のピクセル数を縦横1/6程度に縮小して登録(合計で650kB程度)、これでもうまく転送できませんでした。

その後、メーカからは
・登録された画像はDownload時にモニタの画面サイズに合わせている。

との回答あり、そうであれば登録画像サイズは1MBでも2MBでも関係ないことになります。

メーカの説明が二転三転して、なかなか収束しません。

取説などに記されたスペックで確実にDownloadできるようにして頂ければいいのですが・・・。

 

ー>太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(2018/3/10の記事)

2018年6月 1日 (金)

国土地理院のHPに接続できない

5/29(火)から、国土地理院のHP に接続できないトラブルが発生しました。

丁度 Windowsのアップデートをした直後であったため、それが関係しているかもしれないとプロバイダに連絡すると、どうも国土地理院側の問題のようだとのこと。

本日(6/1)同HPにアクセスしたところ、うまく接続できました。

サーバの一部を構成するディスクの故障とのこと、順次復旧作業を進めているようです。

実は、国土地理院には月山富田城跡の三角点について再問い合わせをしてところでもあり、早く完全復旧してほしいものです。

2018年5月30日 (水)

全日本モトクロスを観戦

先日(5/26)、広島県世羅町で行われた全日本モトクロス選手権(第4戦中国大会)を初めて観戦しました。

会場は「せら夢公園」の西約2km のところにある「グリーンパーク弘楽園」。

ルールも全く知りませんが、偶々あるところからチケットが入手できたので勉強のため、1時間弱見学しました。

未舗装の周回コースのあちこちに設けられたジャンプ台を飛び越える様は迫力満点でした。

Img_7160

Img_7156

2018年5月29日 (火)

月山富田城跡にある三角点

先日(5/25)、島根県安来市にある月山富田城跡(がっさんとだじょうせき)に登りました。

この山城は標高184mの月山の頂上にあり、山頂には三角点を示す標石が設置されていました。

通常は「三等三角点」、「四等三角点」などと記されていますが、ここの標石には「AG等三角点」と読める文字が刻印されています。

国土地理院に尋ねたところ、ここは四等三角点で、標石にアルファベットを彫ることはなく、石の欠けなどでそう見えるかもしれませんとの回答でした。

しかし、どう見てもアルファベットの「A」と「G」を組み合わせたような形です。 更に、「A」の左下に模様もあります(左下の拡大写真参照)。

Img_7093

Img_7076

Img_7077a

Img_7079

最後(右下)の写真はこの標石がある山頂です。

山頂付近は長さ約300mのほぼ平地になっていて、この西北端(写真中央の鳥居の向こう側)に三角点の標石がありました。

吾妻山に登る

5/26(土)、5年ぶりに広島/島根両県の県境にある吾妻山(標高 1238.8m)に登りました。

休暇村「吾妻山ロッジ」(庄原市)の駐車場から登山開始、1時間弱で山頂に到着です。

下りは尾根伝いに別ルートで・・・。 こちらも1時間程度です。

前回は紅葉の季節でしたが、今は新緑に覆われ、色とりどりの可憐な草花が楽しめます。

Img_7125

Img_7127

Img_7128

Img_7135

Img_7144

Img_7147

吾妻山下山後、庄原市立比和自然科学博物館に立ち寄りました。

中国地方が海だった頃に回遊していたクジラなどの化石ほか多数のものが展示されています。

Img_7153

Img_7154

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart