2021年1月 3日 (日)

長さ5000mを超えるトンネルを通れない車がある?

長さが5,000mを超えるトンネルは「長大トンネル」と呼ばれ、石油を運ぶタンクローリーなど、危険物積載車は原則通れなくなります。

規制の理由は道路法第46条第3項で「トンネルの構造を保全し、又は交通の危険を防止するため」とされています

このため、5,000mを意図的(?)にわずかに切るトンネルが何本かあるようです。

・中部横断自動車道 / 樽峠トンネル: 4,999m
・国道106号 / 新区界トンネル: 4,998m
・新名神高速道 / 箕面トンネル: 4,997m
 など

但し、災害時など、特別な状況下では一時的に通れるようになることがあるとのこと。

因みに、広島高速4号線の西風トンネルは下り線(中広ー>沼田)が3,876m(富士山の高さ+100m)、上り線が3,873mで、前記制限まではかなり余裕があります。

001ta

2021年1月 1日 (金)

新年早々の積雪10cm(広島市安佐南区)

前日の大晦日の日中も雪がぱらついていましたが、夕方から今朝にかけて断続的に雪が降って、今朝の積雪は10cm程度になっています。

新年早々の本格的な積雪で、近所を散策すると子供たちが作ったであろう雪ダルマがあちらこちらで見られました。

● 写真は雪化粧した庭のモミジ。

Img_8820a

年末で住宅メーカに連絡が付かずに困る(2)

近所の住宅新築工事現場で、昨年末(12/30)の強風により敷地境界に設置したシートが今にもどこかへ飛んで行きそうになっていた件、

漸く住宅メーカの営業担当者と連絡が取れました。

担当者は当初、

 「大雪となるとは聞いているが、風は心配ない」

と言っていましたが、九州などでは台風並みの暴風雨となっている所もあり、現にシートが大きく揺れて支柱も傾いている旨を話すと、

 「工事担当に連絡し、確認しに行かせます」

とのこと。

ネットで気象情報を確認すると、ここ広島市内には当時風雪注意報が発令されていました。

しかし、未だに何の連絡もありません。 勿論、現場を見に来た様子もありません。

幸い、その後は風も収まり、大事には至っていませんが、現在もシートを固定している支柱は大きく倒れていて、再度強風が吹けば、最悪支柱もろとも倒れて周囲の住宅に危害を及ぼす可能性もあります。

年末年始の休暇に入っていて、業者も対応が難しいとは思いますが、何らかのアクションがあってもよいと思いますが・・・。

● 強風前後のシートと支柱の様子:

Dsc_0940a

Dsc_0948a

 

ー> 年末で住宅メーカに連絡が付かずに困る(1)

2020年12月30日 (水)

年末寒波で広島でも雪が降っています

昼前から少しずつ降り出した雪が午後3時頃には本降りとなり、庭のナンテンの上にもご覧のように雪が積もっています。

上空に強い寒気が流れ込んで強い冬型の気圧配置になるため、中国地方で今日の夕方から年明けの元日にかけて山陰や山陽の山沿いで大雪となる恐れがあるそうです。

広島市内には現在、風雪注意報が発令されていて、陸上でも10mを超える強風が吹く予想になっています。

Dsc_0954b

年末で住宅メーカに連絡が付かずに困る

近所で住宅の新築工事が行われていますが、敷地境界に設置したシートが強風であおられて今にもどこかへ飛んで行きそうです。

日本付近は急速に冬型の気圧配置が強まっており、ここ広島でも今朝から時折突風が吹いています。

シートを固定している鉄柱も傾き、シートもろとも倒れて隣接する住宅に被害を与える恐れがあります。

工事をしている住宅メーカの当該営業所に連絡するも、年末年始の休みに入っていて、「休み明けに連絡してください」と言っています。

メーカ本社のフリーダイアルに電話しても、「今日の業務は終了しました」、「本日はお休みをしています」など、こちらも繋がりません。

メールでも連絡を入れましたが、未だに返事が来ません。

一般消費者相手の会社で、緊急の連絡ができないのは非常に困ります。

Dsc_0949a (本来は垂直に立っているべき支柱が傾き、今にも外れそう)

2020年12月28日 (月)

住宅の方位を知る:太陽の高度・方位を算出するアプリの利用/ 誤差は?

住宅の正面が真南からどの程度振れているかを知る方法として、先に「太陽の高度と方位角を算出するアプリ」を利用して住宅(あるいは宅地)の方位(下図の角 α)を求める方法をアップしました。

建物の影の角度を測定し、前記アプリと組み合わせて住宅の方位を算出するものです。

影の測定は物差しがあればできますが、必ず測定誤差が伴います。

この誤差が、算出される住宅の方位の値に及びす影響について考察しましたので紹介します。

ー> こちら(誤差の考察)

 

Juutakuhoui2_2

 

-> 住宅の方位を知る:太陽の高度・方位を算出するアプリの利用

2020年12月26日 (土)

住宅の方位を知る:太陽の高度・方位を算出するアプリの利用

住宅の正面が真南からどの程度振れているかを知る方法には色々あります。

例えば、Yahoo!地図やGoogle Mapで当該住宅付近を拡大表示すれば概略の方位を知ることができます。

また、方位磁石でも東西南北の方向が分かりますが、これは磁北を基準としたもので、真北を基準としたものにするには補正が必要です。

ここでは「太陽の高度と方位角を算出するアプリ」を利用して住宅(あるいは宅地)の方位を求める方法を紹介します。

手順は次のとおりです。

(1)太陽による影の傾きを測定する。

  建物の垂直部分、例えば窓サッシの縦枠の影の角度 θ を測定する。
  日射しが差し込む室内で容易に測定できる(下図 A,Bから計算)。

(2)太陽の高度と方位角を算出するアプリ

  上記測定を行った時刻に対する太陽の方位角 β を求める。
  本アプリにおける方位角は真北:0度、東:+90度、南:+180度としている。

(3)次式で住宅の方位 α を計算する。

   α = θ + β - 180

Juutakuhoui

(例)2020/12/22 9:06における影の測定とアプリ計算(広島市内)

  ・影の測定結果
    A = 386mm、 B=1000mm -> θ = atan(B/A) = 68.9°

  ・アプリでの計算結果
    9:06での方位角 β = 136.5°、 高度角 = 17.7°

  ・住宅(宅地)の方位角(真南に対する)
    α = 68.9 + 136.5 - 180 = 25.4°

  西に25度近く振れていることがわかります。

 

ー> 太陽の高度と方位角を算出するアプリ

2020年12月24日 (木)

浴室暖房乾燥機で浴室温度が余り上がらない(2)

昨年秋に買い替えた浴室暖房乾燥機(TOTO製)において、入浴前暖房であまり室温が上がらない問題、少し調べてみました。

仕様上は旧機(三菱電機製)と同様に定格出力(消費電力)は1.24kWで全く同じです。

しかし、温風の吹き出し口の大きさ・形状が両者で異なっており、これにより温度計への風の当たり方に違いが出て値に差が生じていた可能性があります。

温度計の位置を変えて室温を見ると、新機でも26℃近くまで上昇していることがわかりました。

また、浴室内の高さ方向には大きな温度勾配があるようです。 TOTOのカタログ値は浴室内の平均温度上昇と明記してあり、実際の浴室では場所によって大きく温度分布が変化します。

温風の吹き出し口は洗い場方向に風が向くようになっていますが、ルーバーの向きは固定で変えることはできません。 エアコンのようにスイングすれば少しは室温が均一化されるのでしょうが・・・。

新旧の外観図を示します(左:旧機、 右:新機)。

Bath_danbou2 (いずれもメーカの取説より)

ー> 浴室暖房乾燥機で浴室温度が余り上がらない

2020年12月22日 (火)

エアコンの「お知らせ」ボタンが効かない(2)

ダイニングで使用しているPanasonic製エアコンで「お知らせ」ボタンが効かなくなった問題、

電池(単3/2個)を入れ替えたら正常に機能するようになりました。

電池が少なくなっていたようです。

エアコンのオン・オフは問題なくできるのですが、「お知らせ」ボタンが効きませんでした。

「電気代」ボタンも同様に機能しませんでしたが、こちらも直りました。

 

そういえば、以前LEDシーリングライトでオン・オフはできるのに、時刻がリセットされてしまう現象が発生し、このときも電池を入れ替えてOKになりました。

各機能ごとに動作させるための電流値が異なるためでしょうか。

エアコン、シーリングライトいずれも取説にはこの辺の説明はなく、ユーザにはちょっとわかりにくいように思います。

 

ー> エアコンの「お知らせ」ボタンが効かない

ー> 最近のエアコンは外気温を表示する

ー> LEDシーリングライトで時刻がリセットされる

2020年12月21日 (月)

浴室暖房乾燥機で浴室温度が余り上がらない

昨年秋に買い替えた浴室暖房乾燥機ですが、

本格的な冬になり、入浴前30分ほど前から暖房するのですがあまり暖まりません。

メーカ(TOTO)カタログによれば、AC100Vの機種でも浴室温度8℃から15分程度で25℃近くまで上がると記載されています。

浴室の広さ、窓の大きさ、壁の断熱仕様などで多少の違いはあるでしょうが、30分程度の入浴前暖房運転で最初約15℃であったものが22℃程度にしかなりません。

実は、買い替え前の旧機(三菱電機製)は本体で乾燥・暖房を、換気は別に設置された換気扇で行うタイプでしたが、前記と同様の運転で25~26℃まで暖まりました。

新機に買い替え時、不要となった換気扇を撤去せずにそのままにしていますが、これにより暖気がここから外部へ逃げてしまうのでしょうか。

換気扇からの熱の流出は旧機も同じです。

何か別の原因があるのでしょうか。

換気扇には簡単なカバーはしているのですが、もう少し検討し、場合によってはメーカに相談してみる予定です。

(注)暖房時の消費電力は旧機、新機とも 1.24kW。

Bath_danbou(注) 図はTOTOカタログより抜粋

 

ー> 浴室暖房乾燥機が故障で買い替え

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart