2020年10月19日 (月)

胡麻の栽培(2): 少し収獲

今年 初めて挑戦しているプランターでの胡麻(ゴマ)の栽培。

9月初めには花が咲き、実を付け出しました。

最近、茎の下の方の鞘の先端が順に割れてきたのでその部分をハサミで切り取って収穫しました。

この程度では食べるだけありませんが、確かに今まで見ていた胡麻です。

ネットで調べると、茎の下の方の鞘が2~3果弾けたら、全体を刈り取って収穫するとありました。 その後、乾燥させて種を取り出すようです。

Dsc_0797

Dsc_0798

             (右側の写真の左2本が胡麻、右の赤い実は唐辛子)
 

ー> 胡麻の栽培

2020年10月18日 (日)

マップコード と カーナビ(3): マップコードの構成

マップコード(MAPCODE)はデンソーが開発した技術で、日本全国のあらゆる場所を、6〜12桁の数字で表現します。

マップコードは次の4つの部分で構成されています。

(1)ゾーン番号
  全国を1162個に分割(緯度、経度とも900秒=15分=1/4°毎に)
  各ゾーンの1辺は約20~27km(ゾーン毎に異なる)
  ゾーン番号は0~4桁(リーディング0は省略)

2)ブロック番号
  各ゾーンを 30x30 = 900に分割(緯度、経度とも30秒=0.5分毎に)
  各ブロックの1辺は約750m(ブロック毎に異なる)
  ブロック番号は3桁(リーディング0が必要、省略不可)

3)ユニット番号
  各ブロックを 30x30 = 900に分割(緯度、経度とも1秒毎に)
  各ユニットの1辺は約25m(ユニット毎に異なる)
  ユニット番号は3桁(リーディング0が必要、省略不可)

(4)高分解拡張部(Sコア)
  各ユニットを 9x9 = 81に分割(緯度、経度とも1/9秒毎に)
  各ゾーンの1辺は約3m
  2桁で各桁は0~8

Mapcode

(Drive!NIPPON より)

ブロック番号以下は桁数固定ですが、ゾーン番号は0~4桁で頭の0(リーディング0)は省略します。

ゾーン番号0は東京都中心部で、ここではゾーン番号なしの6桁(+拡張部2桁)となります。

(例)東京スカイツリー のマップコード: 742 770*50

マップコードは緯度と経度を特定の計算方法により数字コードと相互変換しており、緯度経度に比べて半分以下の桁数の数字のみで地点を特定することができるようになっています。

しかし、残念ながらその計算方法は非公開です。

2020年10月17日 (土)

重さ6kg弱のトウガンの収穫 2020

今年もトウガン(冬瓜)を育てています。

8月末に開花・受粉した一番果が大きくなり、今日収穫しました。

直径16cm、長さ35cmで重さは5.6kg。

昨年収穫したものは直径18cm、長さ37cmで重さは6.4kgでしたので、やや小ぶりですが立派なものです。

昨年と同じ場所に植えつけましたが、心配した連絡障害も見られず、まずまずの結果です。

残り3個が成長中です。

Dsc_0790

Dsc_0792a

(左側写真に写っている大小2個の内、大きい方を収穫)

 -> 重さ6kg余りのトウガンの収穫 2019

2020年10月16日 (金)

マップコード と カーナビ(2): 目的地の設定例

マップコード(MAPCODE)によるカーナビの目的地設定の例です。

現在使用中のKENWOODのカーナビでは、

 ・HOME画面 -> 目的地検索を選択
 ・検索方法選択画面 -> マップコードを選択
 ・マップコードを入力
   広島県廿日市市の「もみのき森林公園」の場合: 363216230 と入力

でOKです。

 (下の写真は以前訪れた もみのき森林公園内の風景)

Img_7209

Img_7214


 

(参考)「もみのき森林公園」のデータ

・詳細コード: 363 216 230*51
・住所: 広島県廿日市市吉和1593−75
・緯度: 北緯 34.480196780258765°
・経度: 東経 132.17809081077576°
・標高: 約900m

2020年10月15日 (木)

マップコード と カーナビ

マップコード(MAPCODE)は1997年にデンソーが開発した技術で、地図上の位置を簡単に特定できるコードナンバーのことです。

・日本全国のあらゆる場所を、6〜12桁の数字で表すことができる。
・精度は約30m四方。さらに2桁の高分解能コードを追加することで、約3m四方で場所を特定できる。
・カーナビの目的地設定で利用することができる(マップコード対応機種に限る)。

例えば、広島平和記念公園内の原爆ドームのMAPCODEなどは下記のとおり。

 ・MAPCODE: 22 219 082*50
 ・住所: 〒730-0051 広島県広島市中区大手町1丁目10
 ・緯度: 北緯 34.39547795988884°
 ・経度: 東経 132.45360300105403°

●MAPCODEの構成(Drive!NIPPON より)

Mapcode

デンソーはトヨタグループの自動車部品メーカで、QRコードも同社開発の技術です。

2020年10月14日 (水)

広島県緑化センターへ出かける

久し振りに緑化センター(広島市東区)に行ってきました。

1980年開園のこの施設は、2015年に「ひろしま遊学の森 広島県緑化センター・広島県立広島緑化植物公園」と、名前を新たにしました。

標高は公園正面入口で約100mですが、ここから樹々の間を3kmほど進んだ地点にあるレストハウスでは約400mと、かなり高くなっています。

園内の「さくら通り」にある十月桜のてっぺんに少し花が咲いていました。

10月24日から11月15日まではもみじ祭り2020が開催され、園内のあちらこちらで紅葉が楽しめます。

Img_8655

Img_8657

Img_8659

Img_8660

 

(注)ひろしま遊学の森とは

 2015年(平成27年)に、広島県緑化センターと広島市森林公園の統一愛称について公募を実施し、選考委員会で「ひろしま遊学の森」に決定されました。

 県と市は両施設の一体的な運営に取組んでいます。

2020年10月12日 (月)

KENWOODカーナビの現在地図画面の色がワイパー起動で変化(4)

車に初めて取り付けたカーナビ(KENWOOD製)で、雨天時にワイパーを起動させると画面が暗くなる現象。

車及びカーナビの取説をよく読んでみると、なるべくしてなっていることがわかりました。

この車はワイパーを起動させると、ライトAuto時は自動的にライトを点灯する仕様になっており、一方、カーナビの初期状態はライトがONになっていると夜間だと判断して夜用の暗い画面になる設定になっています。

従って、当たり前の現象だった訳です。

ただ、車の販売店には点検に出す前に状況は連絡しておいたのですが、そのような指摘は全くなく、しかも実際の点検では現象が確認できなかったと言っていました。 不思議です。

以上の点について、販売店には伝えていますが未だ回答がありません。

また、販売店からは車の各種設定画面で、「オートライト感度調整」値を変更することで改善できるとの説明も受けましたが、これも意味がないのは明白です。

 

昼間はワイパー使用の有無に関わらず常に昼画面にするには、ディマー設定をライトではなく時刻に連動するようにしておけばいいのですが、トンネル内走行時などでも明るい画面(昼画面)のままになってしまうなど、若干問題があります。

勿論、ライトAutoでなく、その都度ライトをON/OFFすればいいのですが・・・。

001t

2020年10月11日 (日)

要領と領袖と首領

「要領がいい」とは、「物事の要点を掴み、うまく処理する」ことですが、「要」や「領」とは一体どういう意味でしょうか。

「要」は身体の腰、「領」は首筋、うなじのことで、衣服の部分を指す言葉でもあるようです。

「要」と「領」、いずれも身体と衣服の大事な部分であることから、「要領」が物事の重要な点という意味につながると・・・。

ところで、領袖(りょうしゅう)、首領(しゅりょう)という言葉もあります。

これらの「領」も首筋という、人目に立つ身体の部分であることから、人を率いてその長となる人物を領袖、首領というようになりました。

領袖の「袖」も目立つ部分であり、また首領は同じような意味の漢字を続けています。

2020年10月10日 (土)

可部の寺山公園へ出かける

先日、広島市安佐北区可部東にある寺山公園に出かけました。

標高102mの寺山の北東部を切り開いて造成した公園で、根の谷川沿いにあった県立可部高校も河川の拡張工事に伴い、2008年にこの地に移転しています。

公園の向こう側に見えるのが可部高校、その奥には2014年(平成26年)8月豪雨による土砂災害に見舞われた可部東5丁目の街並みが広がっていて、いくつかの砂防ダムが確認できます(右側の写真)。

Img_8652a

Img_8647a

寺山山頂からは可部地区を流れる太田川を見下ろすことができます。

Img_8649a

Img_8651a


また、山頂には被爆アオギリ2世が何本か植樹されていました。

これは広島平和記念公園内の被爆アオギリの種子から育てたもので、このようなアオギリ2世は全国至る所に送られ、育てられています。

2000年に広島市が公募した「広島の歌」グランプリに選ばれた「アオギリの歌」は、2020年3月までNHK広島のキャスターを務めていた森光七彩さん(当時小3、現在WSP所属タレント)が作詞作曲したものです。

 ♪ ♪ ♪ 電車にゆられ 平和公園 やっと会えたね アオギリさん ・・・♪ ♪ ♪

樹木の周りを覆っているネットは野鹿などによる食害防止用のようです。 当日も山頂付近の散策路で鹿らしき姿を目撃しました。

Img_8650a

2020年10月 9日 (金)

KENWOODカーナビの現在地図画面の色がワイパー起動で変化(3)

車に初めて取り付けたカーナビ(KENWOOD製)で、雨天時にワイパーを起動させると画面が暗くなる現象が発生しました。

車の販売店で見てもらったところ、ライトがAutoになっているため、雨天時などで周囲が暗くなってライト(スモール)が点灯すると、それに連動する形で画面が夜画面になるとのこと。

車の各種設定画面で、「オートライト感度調整」値を変更することで改善できるとの説明を受けました。

ところが、車の取説をよく見ると、ライトAuto時は、

「歩行者事故が多く発生している夕暮れ時や、雨天でのワイパー使用時にも ランプを自動点灯します」

とありました。

ワイパーOnにすると、自動的にランプ(昼間はスモール)が点灯するようになっているのです。

従って、カーナビの設定「地図色昼夜切替」が、

 ・ディマー設定がイルミ連動: 車のライトスイッチに連動して切替(初期値)
   ライト消灯時: 昼色
   ライト点灯時: 夜色

であれば、雨天時にワイパーを使用すると、ランプが点灯し、その結果ナビ画面が「夜画面」になるのは当たり前だったようです。

昼間はワイパーの使用有無に関わらず、常に昼画面にするには、設定を
 ・ディマー設定が時刻連動
   日の出時は夜色から昼色に地図色が徐々に変わる
   日の入時は昼色から夜色に地図色が徐々に変わる

にすればよいことがわかりました。 

 

ー> KENWOODカーナビの現在地図画面の色がワイパー起動で変化
ー> KENWOODカーナビの現在地図画面の色がワイパー起動で変化(2)

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart