テレビ・映画 Feed

2016年6月19日 (日)

NHKドラマ「舞え!KAGURA姫」撮影にエキストラ参加

昨日(6/18)、安芸高田市の神楽門前湯治村「神楽ドーム」で行われたロケに観客役としてエキストラ参加しました(12:30~17:00)。

11:30の受付け開始予定に対して10:30過ぎには現地到着。 30度近くの炎天下の中、受付の列に並びましたが、参加者が倒れるのはないかと心配していると、スタッフの方が気をきかせてくれて11時には受付け開始・ドーム内への入場が始まりました。

ドラマの主な出演者:葵わかなさん、大塚寧々さん、角替和枝さん、加藤諒さん、中村梅丸さん、中村ゆいかさんらの演技も見られ、楽しい時間を過ごしました。

それにしても、助監督さんの精力的な動きには圧倒されました。観客全員が大きな声援を送っていました。

Img_5078

Img_5082

放送予定は11月30日22時からBSプレミアムで。

2016年4月20日 (水)

TVの録画・再生でエラーが多発(5)

東芝製TV+USBハードディスクで録画や再生がうまくいかない件、本日メーカのサービス担当(広島サービスステーション)の方が交換品を持って我が家に・・・。

ディスク交換しましたが、今まで保存していたものはすべて無駄になりました。

来られた方自身は、当方から事前に販売店に連絡しておいた不具合内容の詳細を見て、ディスク本体の問題であると判断されていたようです。

また、ディスク交換はよくあり、ケーブルの不具合は多くないとも話されていました。

当方から販売店への最初の連絡内容に基づく販売店、メーカの(窓口の)判断・対応:
 ・TVをリセットしてみる
 ・それでもNGなら、USBケーブルの問題と考えられる(交換)。

がいささか形式的でお粗末であったような気がします。

2016年4月16日 (土)

TVの録画・再生でエラーが多発(4)

東芝製TV+USBハードディスクで録画や再生がうまくいかない件、本日メーカのサービス担当者が我が家に・・・。

診断の結果、ハードディスク本体に問題があり、交換することに・・・。

販売店の見解からUSBケーブル交換で済むと思っていましたが、ディスク交換が必要で、従って今まで保存していたものはすべてパーに!

しかも交換用ディスクも用意しておらず、約1週間後になるとのこと。 もう少しユーザの立場に立った迅速な対応ができないのでしょうか、残念です。

2016年4月15日 (金)

TVの録画・再生でエラーが多発(3)

東芝製TV+USBハードディスクで録画や再生がうまくいかない現象について、昨日販売店からの指示に従ってTVをリセットし、以前(4月12日)録画した番組を再生しました。

1時間10分の番組でしたが、50分程度経過したところで突然以下のメッセージが出て終了してしまいました。

 「操作できません」
 「USBハードディスクが取り外されました」

 (注)一瞬のことでしたので、メッセージの文言は正確ではありません。 間違っているかもしれません。

頭出し後、問題個所の少し前まで早送り(チャプタースキップ)で進めて、そこから再度再生すると、問題なく最後まで見られました。

USBケーブルはTVとハードディスクにしっかりと接続されていて、緩みはないようです。

何が悪いのでしょうか。 ケーブルに問題があるのでしょうか。

2016年4月14日 (木)

TVの録画・再生でエラーが多発(2)

東芝製TV+USBハードディスクで録画や再生がうまくいかない現象について、昨日販売店に問い合わせたところ、早速その日の夕方下記のような回答がありました。

次に手順でTVをリセットする。
 (1)TVの電源スイッチを切る。
 (2)電源コンセントを抜く。
 (3)5分以上経過後、コンセントを差し込み、電源ONにする。

これでも直らない場合はTVとUSBハードディスクを接続するケーブルに問題がある可能性がある。

改まってTVの取説を見てみると、「TVが操作できなくなったとき ー TVをリセットする」手順として以下の2つの方法が載っていました。

1.電源プラグを抜いてリセットする。
  電源プラグを抜いて、1分以上待ち、再度差し込んで電源を入れる。

2.本体の電源ボタンを長押ししてリセットする。
  電源ボタンを4秒以上押し続け、電源表示ランプが点滅したらボタンから手を離す。
  しばらくすると電源「入」になり、 
  画面に「リセット機能により、再起動しました」が表示される。

前記販売店からの回答内容と微妙に違っています。

念のため、取説の第2項に従ってTVをリセットし、その後販売店からの指示に従って再度リセットして様子を見ることとしました。

2016年4月13日 (水)

TVの録画・再生でエラーが多発

昨年9月に購入した東芝製TV+USBハードディスクで録画や再生がうまくいかない現象が最近多発して閉口しています。

 ● TV  : REGZA 49J10X
 ● USBハードディスク: CANVIO DISK HD-EF-20TK(2TB)

【不具合その1:2016/4/12】

 ・「予約録画中止しました」、録画機器が見つかりません。
 ・19:30~20:45の番組に対して、最初の53秒しか録画されていない。
 ・その後の2番組(21:00~21:55、22:00~23:10)は正常に録画されている。
 ・また直前の19:00~19:30の番組も定常に録画されていた。
 ・上記全4番組ともその日の朝、一括予約した。

【不具合その2:2016/4/10】

 ・前日の2時間番組をCM飛ばしで再生中、約1時間30分経過時に突然終了。
   「USBハードディスクが接続されていません」
 ・最初から再生しなおすと最後まで再生できた。 電源は入れたまま。
 ・前日の録画時は以前録画した別番組をCM飛ばしで再生中。
   この再生終了時刻は上記不具合発生時の録画時刻にほぼ一致する。

【不具合その3:2016/4/2】

 ・直前に録画したEテレの30分番組を再生中、23分ほど経過後突然終了。
   「USBハードディスクが接続されていません」
 ・最初から再生しなおすと最後まで再生できた。

【不具合その4:2016/3/28】

 ・BSの1時間55分番組を再生中、50分で終了。
 ・上記録画開始後50分ほどでTVを付けている。

【不具合その5:2016/3】(同現象が2~3回発生)

 ・再生時、突然音が出なくなった。
 ・画像もぎこちない動き。
 ・TV,USB双方の電源プラグを抜き差しして回復。
   問題個所も正常に再生された。

2015年11月18日 (水)

テレビ画面が歪んでいる?(5): S社からの回答

液晶テレビ画面の歪みの問題、約1か月前(10/22)にメーカのS社に問い合わせをしましたが、漸く本日回答がありました。

「液晶パネルの平面度、そりの許容値(規格値)につきましては特に規定が無く、ご案内できる具体的な情報がない」

とのこと、T社と同じ回答でした。

JEITA(電子情報技術産業協会)の規格: ED-2521B「液晶表示パネル及びその構成材料の測定方法」には、

 5.12 ガラス基板の平面度測定方法
 5.13 ガラス基板のそり測定方法

が規定されているのに、それらの規格値(許容値)に関しては規定がないというのは不思議な感じがします。 表に出したくないのでしょうか。

2015年11月 2日 (月)

テレビ画面が歪んでいる?(4)

液晶テレビ画面の歪みの問題、先日(10/19)メーカ(T社)から

 「画面の歪みに対する規格は特にありません」

との回答を受け、10/20に参考までに別のメーカ(S社)に問い合わせをしました。

10/22、S社お客様相談センターから第1報があり、

 「ご案内できる情報の有無も含めて現在確認中。
  確認でき次第、改めてご連絡をさせていただく」

とのこと。

しかし、それから10日経ちましたが音沙汰なしです。

「確認でき次第、改めて連絡する」との言を信じて、もう少し待ってみることとします・・・・・。

2015年10月20日 (火)

テレビ画面が歪んでいる?(3)

液晶テレビ画面の歪みの問題、昨日メーカから(販売店経由で)回答あり。

 「画面の歪みに対する規格は特にありません

とのこと。

本当かな?という気もしないではありませんが・・・。

ネットで色々調べていると、JEITA(電子情報技術産業協会)の規格: ED-2521B「液晶表示パネル及びその構成材料の測定方法」には、

 5.12 ガラス基板の平面度測定方法
 5.13 ガラス基板のそり測定方法

が規定されていました。 但し、規格値(許容値)に関しては記載されていないようです。

別の規格があるのでしょうか。

2015年10月19日 (月)

テレビ画面が歪んでいる?(2)

49型液晶テレビの画面の歪みの問題。

画面上部中央付近が若干(数mm)凹んでいるようだと先日記しました。

しかしよく考えると、画面に映り込んだ家具のラインの状況はこれと合致していません。

中央が凹んで凹面鏡のような状態になると、像は外側に拡がって見える筈ですが実際には内側に寄って見えます。

直線定規を再度当ててみると、凹みはそれ程大きくはありません(精々1~2mm)。 左右だけでなく、上下方向、斜め方向もほぼ真っ直ぐです。

画面が単純に傾いているだけなら、映り込む像における家具のラインの湾曲は説明できません。

画面が完全な平面でないことは明らかですが、一体どうなっているのか、どの程度の凸凹があるのか益々謎が深まります。

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart