テレビ・映画 Feed

2020年6月16日 (火)

テレビ画面の右半分が暗い(6): 液晶パネル交換後の変化

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

先日、パネル(LCD)交換を行い、きれいに映るようになりました。

しかし、以前の表示と異なる点があります。

録画再生時に「画面表示」ボタンを押した時、ご覧のように画面右下の再生タイムバーに、以前にはなかった「チャプターマーク(白いマーク)」が表示されるようになりました。

メーカに尋ねてみましたが、結局どうしてこうなったかわかりませんでした。

ソフトのバージョンは自動的に最新版にアップデートされる設定になっていて、問題ないということでした。

当方の勘違いだったのでしょうか。

Img_8609a

ところで、ソフトの更新には次の2つの方法があります。

・放送電波で送信されるソフトを自動ダウンロードする(我家はこの方式)。
・東芝サーバーからダウンロードする。

前者の現在のバージョンは「T32-01A3-611-16-5740」、後者は「T32-01A3-618-16-5740
」ということでした。

放送電波で送信されたソフトは少し古いということでしょうか。

 

ー> テレビ画面の右半分が暗い

2020年6月12日 (金)

テレビ画面の右半分が暗い(5): 液晶パネル交換完了

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

先日(6/3)、メーカに見てもらったところ、液晶パネルのバックライト(全面直下LED)の不具合とのこと。

昨日(6/11)パネル(LCD)交換を行い、きれいに映るようになりました。

パネルに付いた基板毎交換するものと思っていましたが、パネル背面のユニットやケーブルなどの部品をすべて外し、新しいパネルにこれらの部品をまた1つ1つずつ取り付けて元の位置に組み上げて終了です。

● 交換作業の様子(一部)と交換後の画面

Img_8600

Img_8601

Img_8602

Img_8603

結局、不具合を販売店/メーカに連絡(5/21)してから改修まで20日余りかかりました。

 

ー> テレビ画面の右半分が暗い

2020年6月 4日 (木)

テレビ画面の右半分が暗い(4)

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

昨日(6/3)、メーカに見てもらったところ、液晶パネルのバックライト(全面直下LED)の不具合とのこと。

後日、液晶パネル毎交換することになりました。

コロナの影響で、現在パネルの手持ちがなく、入荷は6/12~15頃になるようです。

その後、交換工事の予定。

不具合を販売店/メーカに連絡(5/21)してから改修まで1か月近くかかることになります。

Img_8489

2020年6月 1日 (月)

映画「どら平太」と「みろくの里(福山市)」

先日、「どら平太」をBSプレミアムで観ました。

山本周五郎の「町奉行日記」をもとに映画化された作品で、役所広司さんが町奉行を演じる痛快娯楽時代劇ですが、ロケ協力地のひとつに「みろくの里」がありました。

広島県福山市にも「みろくの里」がありますが、ひょっとしてここかも・・・。

調べてみると、「みろくの里」は総合レジャー施設ですが、映画の撮影現場としても有名で、園内には「みろくの里セット村」(一般公開はされていない)があって、「どら平太」の撮影にも使用されたとあります。

まだ訪れたことがありませんが、いつか立ち寄ってみたいと思います。

有名な「鞆の浦」の北西約6~7kmところにあります。

2020年5月29日 (金)

テレビ画面の右半分が暗い(3)

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

今年の5月になって初めて発生し、その後、頻繁に見られるようになりました。

・5月初旬(日にち失念): 画面右半部が暗い
・5月初旬(日にち失念): 画面中央部(縦方向)が暗い
・5/20 夜: 画面右半部が暗い -> 翌5/21に販売店/メーカに連絡 ->6/3来訪予定
・5/27 夜: 画面右半部が暗い
・5/28 朝: 画面右半部が暗い
・5/28 夜: 画面右半部が暗い

5/29朝は正常でした。

最近、我が家の東芝製品のトラブルが立て続けに起きています。

エコキュートは4/30に点検、後日ヒートポンプを交換することになりましたが未だに連絡がありません。

Img_8496 (5/28 夜の状況)

 

ー> エコキュートのヒートポンプユニット交換へ

2020年5月28日 (木)

テレビ画面の右半分が暗い(2)

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

5月初旬と5/20に続いて、昨夜(5/27)と今朝も同じような現象が発生しました。

メーカには5/21、販売店を経由して連絡しましたが、コロナの影響で6/3まで待ってほしいとのこと。

液晶パネル、基板、ケーブル、バックライトの故障などが考えられるようですが・・・。

Img_8492

Img_8493

Img_8494

Img_8495

 

ー> テレビ画面の右半分が暗い(1)

2020年5月21日 (木)

テレビ画面の右半分が暗い

昨夜、液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象が発生しました。

5年前に購入したこのテレビ、5月初旬にも同じような現象が2回発生しています。

一度目は今回と同じく画面右側が、二回目は画面中ほどが暗くなりました。

地デジもBSも関係ありません。どちらも同じです。

Img_8489

Img_8490

テレビの電源をOffし、再度Onにすると正常に戻ります。

Img_8491

液晶パネルの不具合なのでしょうか。 それとも他の原因でしょうか。

販売店に連絡し、見てもらうことにします。

2020年4月18日 (土)

朝ドラ「エール」と雲南市/永井隆記念館

現在放送中のNHK朝ドラ「エール」。

生涯で5,000曲にも及ぶ作曲をした古関裕而とその妻をモデルにした作品ですが、古関の代表作の1つに「長崎の鐘」があります。

 ♪ こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ ・・・

医学博士であり、随筆家でもある永井隆の随筆「長崎の鐘」をモチーフに、作詞:サトウハチロー、作曲:古関裕而、うた:藤山一郎で1949年発売、大ヒットを記録し、翌1950年には映画化もされています。

島根県松江市で生まれた永井博士は生まれてすぐ、同じ県内の雲南市三刀屋町に引っ越し、ここで少年時代を過ごしています。

三刀屋町にある永井隆記念館には、博士の生涯に渡る写真や遺品が多数展示されています。

2年前の2018年4月、ここを訪れたときの写真です。

正面玄関ドア右上に「古関裕而記念館」(福島市)のポスターも確認できます。

Img_6976

Img_6978

Img_6977a

長崎市にも永井隆記念館があり、両館は姉妹館となっています。

2019年12月30日 (月)

5年振りの琵琶湖

先日(12/24、25)、琵琶湖の西岸を電車で通りました(湖西線)。

間近で琵琶湖を眺めるのは5年振りです。

湖周辺には2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公 光秀ゆかりの地が点在しています。

また、加藤登紀子さんが歌う「琵琶湖周航の歌」(1917年)の歌詞:

 ・・・ 今日は今津か 長浜か ・・・

に登場する今津町は現在は合併して高島市になっていますが、湖西線の「近江今津駅」として、その名を残しています。

長浜は今津の対岸(琵琶湖の東側)にあり、歌詞にも出てくる「竹生島(ちくぶじま)」は両者のちょうど中間の位置に浮かぶ小さな島です。

Dsc_0474a(車窓から眺める琵琶湖、2019/12)


琵琶湖周航の歌


2019年12月24日 (火)

「男はつらいよ お帰り 寅さん」の試写会に出かける

12/27公開予定の首記映画の試写会に、昨日(12/23)出かけました。

会場は広島市安佐南区のTOHOシネマズ緑井。

山田洋治監督のお馴染みのシリーズ50作目の作品です。

第1作が昭和44年(1969年)ということですので、それから丁度50年目の第50作ということになります。

さくら役の倍賞千恵子さん、その夫役の前田吟さん、息子:満男役の吉岡秀隆さん、満男の高校時代の交際相手の泉役の後藤久美子さんなどが現在の姿で出演されていて、過去の映像とともに寅さん(渥美清さん)との関りが鮮やかに再現されています。

上映時間 約2時間です。

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart