太陽光発電 Feed

2018年6月 3日 (日)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(3)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yの待ち受け画像のDownloadがうまくいかない件、先日4枚の画像のピクセル数を元画像の約1/6の縦横621x466に縮小してトライしましたが転送失敗でした。

そこで、昨夕そのうちの2枚だけにして再トライしたところ、今朝モニタに2枚の画像が届いていました。

 ●4枚登録: 161+108+187+188 = 644kB -> NG
 ●2枚登録: 187+188          = 375kB -> OK

メーカの言によれば 4枚でもうまく転送できなければいけないのに・・・・。

<< 今回登録した画像(いずれも 621x466): 吾妻山の風景>>

Img_7125w

Img_7127w

 

ー>太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面
ー>太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(2)

2018年6月 2日 (土)

太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(2)

Sharp太陽光発電システムにおける電力モニタ JH-RWL7Yなどでは、約5分間モニタを操作しないと待ち受け画像を表示する機能があります。

待ち受け画像は予めモニタ内に2枚準備されていますが、ユーザのパソコン(PC)内の画像を待ち受け画像として登録することもできます(JH-RWL7Yでは最大4枚)。

PC内の画像を待ち受け画像として登録する流れは概略下図のとおりですが、夜間のDownloadに失敗するととが多々あります。

<< 待ち受け画像登録の概略の流れ >>

Waitimg 

電力モニタおよびWebモニタリングサービスの取説などによれば、
・登録された画像は夜間(22時~4時)のモニタリング定期通信で電力モニタに転送される。
  タイムアウトなどで転送できないときは翌日リトライする。
・画像は最大4枚まで登録できる。
・登録できる画像サイズは最大4MB/枚。

となっています。

ところが、
・3~4MB/枚の画像4枚を登録したところ、4日連続で転送失敗。
・3~4MB/枚の画像1枚を登録したときでも転送できないことがある。

メーカ(Sharp)の担当者と色々やり取りしていますが、担当者曰く、
・待ち受け画像は1MB以下のサイズを想定した設計になっている。
・大きな画像はサイズを小さくして登録を。

そこで、4枚の画像のピクセル数を縦横1/6程度に縮小して登録(合計で650kB程度)、これでもうまく転送できませんでした。

その後、メーカからは
・登録された画像はDownload時にモニタの画面サイズに合わせている。

との回答あり、そうであれば登録画像サイズは1MBでも2MBでも関係ないことになります。

メーカの説明が二転三転して、なかなか収束しません。

取説などに記されたスペックで確実にDownloadできるようにして頂ければいいのですが・・・。

 

ー>太陽光発電システムの電力モニタの待ち受け画面(2018/3/10の記事)

2018年5月 8日 (火)

気象庁データベースにおける全天日射量の月平均値(気象庁からの回答)

太陽光発電システムの発電量予測は最寄りの気象台などでの日射量データを元に行うことができます。

 気象庁の「過去の気象データ検索」で、広島の3月の全天日射量の月平均値に食い違いがあり、気象庁に問い合わせをしていましたが、1か月以上経過した本日、漸く回答がありました。

改修には時間がかかるとのこと。  

回答の詳細は下記。

ー> 気象庁データベースにおける月毎の全天日射量の値(気象庁からの回答、5/08)

NHKや新聞社など、各種機関に色々と問い合わせてもなかなか回答がない中、忘れたころの回答ではありますがちょっと感心しています。

ー> 気象庁データベースにおける全天日射量の月平均値がおかしい(2018/3/18)

2018年4月12日 (木)

太陽光発電システムの電力モニタの機種を変更することに(9)

2011年に設置したSharpの太陽光発電システムで、電力モニタ(JH-RWZ1)に度々不具合が発生し、最新機種のJH-RWL7Yに変更することになった件。

先日(3/24)モニタの交換を実施。

1時間毎の発電実績データの異常値(65.5kWh/H)の問題は一応片付きましたが、未だに下記問題がペンディングになっています。

(1)宅内モニタでのグラフ表示速度が極端に遅い(10~15秒もかかる)。
(2)待ち受け画像のモニタへのダウンロードに失敗することが多い。
    失敗すると、翌日リトライする仕様になっているとか・・・。
(3)待ち受け画像表示で空白画像が表示されることあり。
(4)モニタの「今日の実績」ボタンが効かないことが多い(仕様が不明)。

メーカには時々連絡を入れているのですが、なかなか進展しません。

2018年3月31日 (土)

太陽光発電システムの電力モニタの機種を変更することに(8)

2011年に設置したSharpの太陽光発電システムで、電力モニタ(JH-RWZ1)に度々不具合が発生し、最新機種のJH-RWL7Yに変更することになった件。

先日(3/24)モニタの交換を実施しましたが、1時間毎の発電実績データで16時台の値が異常値(65.5kWh/H)になってしまいました。

モニタを壁から外してPCと接続し、PC内で発電データを修正してモニタに戻します。

しかし、しばらくするとまた発電データが65.5となってしまいます。

昨日(3/30)、メーカのサービス員の方が来られて再挑戦。

前回(3/24)の作業時間である16時台、17時台のデータを「無」(0ではない)にすれば異常値は出ないとのこと、やむを得ず了承しました。

2時間分のデータが抜けた珍しいグラフになりました。

●3/24の1時間毎の発電実績グラフ

65500wh

●3/30の1時間毎の発電実績グラフ

65500wh_2

 

上記修正はモニタ本体のデータのみで、Webモニタリングセンタ内のデータは今後修正するとのことです。

最新モニタ JH-RWL7Yに関してはその他多くの問題点・疑問点が残っていますが、メーカからの回答がなかなか来ません。

ー> 太陽光発電システムの電力モニタの機種を変更することに(6)

2018年3月28日 (水)

気象庁データベースにおける全天日射量の月平均値がおかしい

太陽光発電システムの発電量予測は最寄りの気象台などでの日射量データを元に行うことができます。

 気象庁の「過去の気象データ検索」で、広島の3月の全天日射量の月平均値に食い違いがありました。

 月平均値は「指定された年」または「観測開始から現在まで」について表示でき、当然両者の同一年の値は同じになる筈ですが、2018年3月28日朝の時点で「広島」の今年の1~3月のデータを見ると明らかに異なっていました。

「観測開始から現在まで」の3月の値が正しく更新されていないようです(14.7が正しい)。
 念のため、気象庁に連絡したところ、しばらくしてデータが修正されました。

●「指定された年」    : 8.7, 12.1, 14.7
●「観測開始から現在まで」: 8.7, 12.1, 14.3 -> 8.7, 12.1, 14.7

この問題、実は先日(3/21)にも発生し、このときは修正されるまでに数時間かかりました。

気象庁からは全く回答がありませんので、システムの不具合なのか、それとも別の原因で更新が遅れたのかは不明ですが・・・。

ー> 気象庁データベースにおける日毎の全天日射量の値(3/21)

2018年3月26日 (月)

太陽光発電システムの電力モニタの機種を変更することに(7)

2011年に設置したSharpの太陽光発電システムで、電力モニタ(JH-RWZ1)に度々不具合が発生し、最新機種のJH-RWL7Yに変更することになった件。

先日(3/24)モニタの交換を実施しましたが、2~3問題点が残りました。

ここではグラフの表示速度の問題について記します。

モニタ本体のテキスト及びグラフ表示速度は問題ないのですが、宅内モニタ(PC上でモニタの各種データを表示する機能)でのグラフ表示速度が異常に遅く、10~15秒程度かかってしまいます。

詳細は ー>新電力モニタ(JH-RWL7Y)のグラフ表示速度

太陽光発電システムの電力モニタの機種を変更することに(6)

2011年に設置したSharpの太陽光発電システムで、電力モニタ(JH-RWZ1)に度々不具合が発生し、最新機種のJH-RWL7Yに変更することになった件。

先日(3/24)モニタの交換を実施しましたが、2~3問題点が残りました。

ここでは、1時間毎の発電実績データの不具合(65.5kWh/H)について記します。

モニタを壁から外してPCと接続し、PC内で発電データを修正してモニタに戻します。

しかし、しばらくするとまた発電データが65.5となってしまいました。

メーカ作業員の方は「パワコンの方からのデータで上書きされる・・・」というようなことを言われていましたが・・・。

作業員の方もどうしていいのかわからず、後日また伺いますとのこと。

65500wh

(注)65.5kWh = 65500Whであり、65500 -> 65535 = 2の16乗 -1 である。
   Webモニタリングセンタからダウンロードされた値を見ると、65534となっている。

2018年3月24日 (土)

太陽光発電システムの電力モニタの機種を変更することに(5)

2011年に設置したSharpの太陽光発電システムで、電力モニタ(JH-RWZ1)に度々不具合が発生し、最新機種のJH-RWL7Yに変更することになった件。

先月(2月)末に5回目の問題発生直後にメーカに連絡、今月初めの電力モニタの機種変更の方針決定までは速かったのですが、その後はメーカの準備が整わないとかで待ち状態でした。

そのような状況下、3/18(日)に現有電力モニタの不具合が再発、当方から再々プッシュしたところ、漸く本日午前(3/24 10:45~12:15)改修工事の運びとなりました。

旧モニタから新モニタへのデータ移行はモニタ機種が異なることから、PCを介してデータフォーマット変換が必要で、以前行った同型機への取替えに比べて約1時間多くかかりました。

但し、午前中の作業で下記の問題点、ペンディング事項あり。
(1)Webモニタリングセンタとの接続未完
(2)今日の発電実績で10時台=0、11時台=65.5kWhで異常
(3)取説なし・・・予備があり、別途持参すると
(4)モニタ取付け不良・・・ガタツキ&傾きあり
    ガタツキについてはモニタ取付け板のねじ止め追加で解決。
(5)宅内モニタでの表示が極めて遅い(指示してから表示まで約10秒かかる)
   ・今日の実績表示
   ・これまでの実績/ 日間、月間、年間表示
  (注)「現在の状況」、「発電ランキング」は即表示される。

夕方(16:50~17:30)下記実施しました。
(1)Webモニタリングセンタとの接続 完了
(2)今日の発電実績で10時台=3.5、11時台=3.9kWhに修正(前日と同じ値に)
    消費電力、売買電力もそれに応じて修正。
    但し、今度は16時台の値がおかしくなった。
(3)取説・・・別途持参
(4)モニタ取付け不良・・・傾きあり
    このままでOKとした。
(5)宅内モニタでの表示が極めて遅い(指示してから表示まで約10秒かかる)
    グラフ表示に時間がかかる?

上記(2)、(5)についてはメーカにて検討方、お願いしました。

 

● 新旧の電力モニタの外観とトップ画面

  左:旧モニタ(JH-RWZ1)、    右:新モニタ(JH-RWL7Y)

Monz1

Monl7y

ー> 電力モニタの機種変更(主な仕様比較)

2018年3月21日 (水)

気象庁の気象データ(日射量)で間違いが

太陽光発電システムの発電量を、最寄りの広島地方気象台の日射量データを元にチェックしています。

日々の日射量の値は気象庁の「過去の気象データ検索」で取得することができますが、データの信頼性を高めるためにその月の1日~前日までの1日平均の日射量もチェックしています。

各月の1日当たりの平均日射量は、データベースの次の2か所:
 (1)指定された年
 (2)観測開始から現在まで

に記載されていますが、両者で今月(2018年3月)のデータに違いがあることがわかりました。

念のため、気象庁に連絡したところ、しばらくして(数時間後)データが修正されました。

 

詳細は
 ー> 太陽光発電: 気象庁データベースにおける日毎の全天日射量の値
 ー> 気象データ: 広島の全天日射量の月平均値

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart