太陽光発電 Feed

2017年2月 5日 (日)

積雪と雪止めと太陽光発電

1月13日夜から降り始めた広島市の雪、1/17朝も我家の屋根には大量の雪が残っていました。

屋根上の太陽光発電パネルもほとんど雪に覆われていて、わずかしか発電していません。

屋根の下方には通常は雪止め付きの瓦やカラーベストがありますが、パネルを設置した箇所にはパネル下端にアングル材の雪止めが取り付けられています。

このために雪がここに塊となって溜まり、パネルへの日差しを遮っています。

毎回、積雪後はご近所さんに比べて我家の屋根には遅くまで雪が残っています。

 写真上: 屋根の雪止め
 写真下左: 今朝の状況、 写真下右: ご近所さんの屋根

Roof0

Img_5599a_2

Img_5600

(注)当初、1/17にUpした記事、一部修正して再Up。

2017年1月16日 (月)

連日の積雪2(広島市)

雪はピークを越えましたが、今日も断続的に降っています。

昨日(1/15)は朝約20cmだった積雪が昼前には30cm近くに達し、その後はうっすらと差す日差しで少し溶け出しました。

今朝の広島市の最低気温は―0.6℃、明け方からの降雪で木々の上にもまた雪が積もり、車庫の屋根には20cmほどの雪が残ったままです。

太陽光発電のパネルも雪ですっぽり覆われていて、昨日の発電量は0、今日も全く発電していません。

庭にヒヨドリの姿がありました(ハボタンの枝に留まっている)。

Img_5591

Img_5593

ー> 太陽光発電:毎日の発電実績

2016年10月26日 (水)

再発:太陽光発電の宅内モニタがPCから見られない!・・・再質問に対するSharp回答(7)で納得

10/20の当方からの質問に対して、10/24にSharpから回答がありました。

これで、9/14に発生した不具合に対する一連の疑問点がすべて解消されました。

質問1:
 モニタのトップ画面に表示される発電量(発電電力、kW)は5秒毎に更新される。  1時間毎の履歴に表示される発電量(発電電力量、kWh/h)も5秒毎に更新されるように見えるが、そのような仕様になっているのか。

 前回回答(10/13)でもモニタで「リアルに表示している発電量はパワコン内で計測している瞬時の出力電力」とあったが、1H毎の発電量もリアルに変化する値を表示しているのではないのか。

回答:
 そのとおり。
 パワコンやCTセンサーで計測している発電量や消費量の値を表示している。
 モニタ側では、表示のため一時的にその値を保持している。

質問2:
 Sharpの説明によれば、この10時台の値はモニタのメモリに「履歴データ」として記録されてはおらず、どこか一時的な記憶エリアに置かれているということになるのか。 9時台までの表示データは「モニタの履歴」に記録されているデータか。  モニタの「1H毎の履歴」で表示される最後の時間帯に対する値だけが所謂「履歴データ」としては記録されていないということになると、ユーザにとって 非常に分かりにくいが・・・。

回答:
 9時台までの履歴データはモニタに記録されている。
 10時台はパワコンやCTセンサーで計測している発電量や消費量の値を表示している。

質問3:
 「モニタの履歴に記録される時毎の値はモニタ側で1時間に1回計算を行い、 表示データとしてモニタのメモリーに記録される」ということであれば、なぜモニタの履歴データ表示が前記のように時々刻々変化するのか。

回答:
 質問1の回答に同じ。

質問4:
 モニタの履歴データ表示は前記のように時々刻々変化するが、モニタリセットを行うと履歴データはどうなるか。現在に時間帯のデータもそのまま残るか。

回答:
 モニタが履歴として記録している発電量(時毎、日毎、月毎等)のデータはリセットを行っても消去されない。
 リアルに表示してる値はリセット後に消去されるが、パワコンやCTセンサーにある値をすぐに読みとって再表示される。

質問5:
 「パワコンで計算している00分での積算発電量」とはシステム設置時から毎正時(0分)までの積算値か。

回答:
 (これに対する回答はないが・・・。多分Yesであろう。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

総括的な回答として、

・リアルに変化している発電量(kWh)はパワコン内にある電力計で計測した積算発電量から計算を行い、モニタへ表示している。

・例にある10時台の発電量であれば、現時点のパワコン電力計の積算発電量値から10時00分にモニタへ記録したパワコン電力計の積算発電量値との差を発電量のデータとして暫定的に表示している。

・消費量についてもCTセンサー内で計測している電力量を基に表示している。 

・モニタに記録する発電量は最後に行った計算値を基に、各々の機器にある計測値から00分の時点で1時間毎に計算を行い、履歴データとして記録している。

・そのため、計算前のデータはモニタに記録されていない。

とありました。

本件、これで疑問点が(ほぼ)すべて解消されました。

最初から今回のような回答をして頂ければよかったのですが・・・。

色々と細かな質問・疑問に対して、その都度対応して頂いたSharpのソーラーモニタリングサイトの担当者に感謝します。

2016年10月20日 (木)

再発:太陽光発電の宅内モニタがPCから見られない!・・・再質問に対するSharp回答(6)と疑問点

モニタ内で1H毎の履歴表示データとして計算を行うタイミングに関する10/13の当方からの質問に対して、10/18にSharpから回答がありましたが、何か嚙み合っていません。

Sharp回答:
 5秒毎に更新される発電量(W)はパワコンの計測値をモニタで表示しているもので、 その値をモニタ内部へ記録しているものではない。
 モニタの履歴に記録される時毎の1時間当たりの発電電力量(Wh)はパワコンで計算している00分での積算発電量も基に、モニタ側で(1時間に1回)計算を行い、 モニタのメモリーに記録を行っている。
 従って、00分から次に計算される1時間より前にモニタを取り外した場合、最後の時毎データから取り外しまでの積算発電量は確認することができない。

しかし、例えば 2016/10/19 10:30時点のモニタの1H毎の履歴ー>発電/消費量(当日)を見ると、
 時台   発電量(kWh) 消費量(kWh) 自家消費量(kWh)
   08      0.6             0.2             0.2
   09      1.3             0.1             0.1
   10      1.0             0.1             0.1

10:40時点の10時台の値は
   10      1.3             0.1             0.1

のようにモニタの履歴表示は変化します。 売電/買電量も同様です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下の点について、Sharpに再度問い合わせたいと思います。

質問1:
 モニタのトップ画面に表示される発電量(発電電力、kW)は5秒毎に更新される。
 1時間毎の履歴に表示される発電量(発電電力量、kWh/h)も5秒毎に更新されるように見えるが、そのような仕様になっているのか。

 前回回答(10/13)でもモニタで「リアルに表示している発電量はパワコン内で計測している瞬時の出力電力」とあったが、1H毎の発電量もリアルに変化する値を表示しているのではないのか。

質問2:
 Sharpの説明によれば、この10時台の値はモニタのメモリに「履歴データ」として記録されてはおらず、どこか一時的な記憶エリアに置かれているということになるのか。 9時台までの表示データは「モニタの履歴」に記録されているデータか。
 モニタの「1H毎の履歴」で表示される最後の時間帯に対する値だけが所謂「履歴データ」としては記録されていないということになると、ユーザにとって 非常に分かりにくいが・・・。

質問3:
 「モニタの履歴に記録される時毎の値はモニタ側で1時間に1回計算を行い、 表示データとしてモニタのメモリーに記録される」ということであれば、なぜモニタの履歴データ表示が前記のように時々刻々変化するのか。

質問4:
 モニタの履歴データ表示は前記のように時々刻々変化するが、モニタリセットを行うと履歴データはどうなるか。現在に時間帯のデータもそのまま残るか。

質問5:
 「パワコンで計算している00分での積算発電量」とはシステム設置時から毎正時(0分)までの積算値か。

上記各項目に対して、わかりやすい説明がお願いしたいのですが・・・。

2016年10月18日 (火)

Sharp太陽光発電:Webモニタリングサービスにおける履歴データのグラフ表示不具合に対する回答

Webモニタリングサービスにおいては発電量や消費量、売電/買電量などの履歴データを表形式およびグラフ形式で表示することができます。

「月間」グラフ表示では指定された月の1日毎の発電量をグラフ形式で表示しますが、値の小数点以下が無視されて整数部のみしかグラフに反映されない不具合、約5年前(2011/6/28)にもSharpに指摘しましたが今回ようやく回答がありました。

●今回(2016/10/18)のSharp回答:
 小数点以下の値は切り捨てして表示する設計となっている。
 5年前の回答は誤り。

●5年前(2011/10/7)のSharp回答:
 履歴データのグラフ表示は小数点部分も含めた表示となっている。
 月間発電量のグラフ表示の場合には縦軸の最小値と最大値の幅が大きい為、
 小数点部分の差異をグラフで確認するのが難しい状態になっていると思われる。

これが設計仕様なのか、それともバグなのか、こちらでは何とも判断のしようがありませんので、これ以上どうにもなりません。

5年前と現在とでは担当者が異なるのでしょうが、何とも情けない・・・。

(注)今回の回答の中で、2011/11/17に『小数点部分を切り捨てた値での表示』となっていたとの回答をしたとのことであるが、
   残念ながら当方の手元には残っていない(届いていない?、誤って削除した?)。

2016年10月14日 (金)

Sharp太陽光発電:Webモニタリングサービスにおける履歴データのグラフ表示不具合

Webモニタリングサービスにおいては発電量や消費量、売電/買電量などの履歴データを表形式およびグラフ形式で表示することができます。

「月間」グラフ表示では指定された月の1日毎の発電量をグラフ形式で表示しますが、値の小数点以下が無視されて整数部のみしかグラフに反映されません。

例えば、2016年10月の1日毎の発電量は下記のとおりです。
【 上が数値データ、下がオートスケールと最大値指定の2種類のグラフ 】

201610c

201610a

201610b

どちらのグラフも小数点以下が切り捨てられていることがわかります。

一方、宅内の電力モニタでは小数点以下も含めた値が表示されます。
【 2016年9月と10月の発電量<棒グラフ> 】 (注)折れ線は消費電力量

201609m

201610m

左上のグラフで9/19の発電量=6.1kWh、9/20の発電量=6.4kWhに明らかな差が見られます( 9/16にモニタ不具合による交換を行ったため、それ以前のデータは残っていない)。

9月のWebモニタリングサービスにおける発電量グラフを下に示します。
19日と20日のグラフの高さが全く同じになっています(6kWhに対応する高さ)。

201609a

実はこの問題、約5年前の2011/6/28 および 8/22にSharpに連絡しましたが、その年の10/7になって漸く次のような回答がありました。

 履歴データのグラフ表示は小数点部分も含めた表示となっている。
 月間発電量のグラフ表示の場合には縦軸の最小値と最大値の幅が大きい為、
 小数点部分の差異をグラフで確認するのが難しい状態になっていると思われる

この回答を受け、詳細データを付けて再検討をお願いしましたが返答なく、その後、色々と他の問題もあって、深く追及することなく、そのままになっていました。

しかし、Sharpからの上記回答は明らかに誤りです。

Sharpに再検討と表示改善を依頼したいと思います。

(注)履歴グラフ表示での最大値指定機能は5年前はなかった。何年かして追加された。

2016年10月13日 (木)

再発:太陽光発電の宅内モニタがPCから見られない!・・・再質問に対するSharp回答(5)と疑問点

10/8の当方からの質問に対するSharpからの回答(10/13)要旨は次の通りでした。

モニタのリセットに関する疑問は今回の回答で完全に解消されました。

モニタ内で表示データとして計算を行うタイミングについては当方の質問・説明の仕方が不十分なのか、なかなかかみ合いません。

1.モニタのリセットに関するSharp回答

 ・モニタの電源はパワコン内で作る直流電源をモニタ接続ケーブルを通じて供給。
 ・太陽光発電している時は、発電した電気からモニタ電源を作成し、
  発電が停止している時は、商用電源からモニタ電源を作成して供給する。
 ・従って、発電中に分電盤Offー>Onを行ってもパワコンからモニタへ電源供給が続くことから、モニタのリセットは行われない。
 ・発電停止時に分電盤Offー>Onを行えば、モニタへの電源供給が全て停止するのでリセットされる。

2.モニタ内で表示データとして計算を行うタイミングに関するSharp回答

 当方からモニタの「履歴」、「今日の実績」の表示を見ていると、1時間に何回も値が更新される。 5sec毎に表示データは更新されるのでは???と質問したのに対して、

 ・リアルに表示している発電量はパワコン内で計測している瞬時の出力電力である。
 ・電力モニタへその値を個々に記録する仕組みではない。
 ・積算電力はモニタ内部で1時間ごとに計算し、その値を表示データとしてモニタに記録する。

積算電力はモニタ内部で1時間ごとに計算し、その値を表示データとしてモニタに記録する」との回答ですが、当方からの質問が少し舌足らずだったのかもしれません。

次のような意図で質問したのですが・・・。
・モニタの履歴 ->1時間毎の履歴 ->発電量/消費量 で表示されるグラフおよび数値データを見ていると1時間に何回も値が更新される。
・今日の実績のグラフ(1時間毎の発電量/消費量)も同様に1時間に何回も値が更新される。
・モニタのトップページの更新タイミング(5秒毎)に連動してこれら1時間毎の積算値も更新されるのでは?
・従って、15:30にモニタを外したとすれば15:00~15:30の間の発電量などが残っていてもよさそう。

モニタにリアルに表示される発電量はパワコン内で計測している瞬時出力電力であって、積算電力はモニタ内部で1時間ごとに計算し、その値を表示データとしてモニタに記録する」との回答ですが、上記のように時々刻々積算は行われ、表示データ(グラフ、数値とも)も変化します。

2016年10月11日 (火)

Sharp太陽光発電の不具合対応におけるメーカ回答の変遷

先月9/14以降に発生した太陽光発電システムのカラー電力モニタ(JH-RWZ1)の不具合:
(1)宅内モニタがPCから見られない。
(2)モニタのボタン操作に対する反応が遅い。

これに関してSharpと数回にわたりTelまたはmailでやり取りしていますが、担当者により、また時間の経過とともに説明内容が少しずつ変化していきました。

Sharpからの回答について、その経過を整理してみました。

【モニタ交換時のデータ移行の可否について】(旧モニタ -> 新モニタ)

1.修理時の担当者A(9/16)
  モニタ交換すると今までの履歴データは消える。
  新モニタへのデータ移行不可。

2.その後の広島サービスセンタからのTel(担当者B、9/28)
  通常は新モニタへデータ移行できる。
  但し、モニタの状況によっては移行できない場合がある。
  今回がどうであったかは不明。

3.モニタリングサービス部門からのmail(担当者C、10/3)
  我が家で使用している旧モニタはデータ移行できない。
  最近の機種はユーザからの要望もあり、データ移行できる設計になっている。

4.モニタリングサービス部門(担当者C、10/6)
  修理当日、専用ツールを持参すればデータ移行できた可能性が高い。

【モニタリングサービスで「マイページ」に表示されるデータの在り処について】

1.モニタリングサービス部門からのmail(担当者C、9/23)
  9/21の当方からの質問に対して、
  マイページに表示されるデータはSharpセンター内に保存しているデータである。

2.広島サービスセンタからのTel(担当者B、9/28)
  マイページに表示されるデータは
   モニタ内部 ー> 通信回線上 -> センタのサーバ内
  と変遷しました。

  当方からの「サーバ内のデータでは?」との再三の確認に対して上記のように変化。
  最終的にサーバ内という当然の結果に落ち着きましたが・・・。

なお、7月中旬にはWebモニタリングサービスそのものが全く使用できないトラブルが発生し、解決まで1か月近くかかりました。 原因はWindowsシステムのセキュリティ強化にSharpのシステムが対応できていなかったようです。

Sharpの太陽光発電システムを設置して5年経過しましたが、最近トラブルが発生するようになりました。 本体の問題は現時点までありませんが、周辺システムに色々と問題が生じています。

今回のモニタ交換も保証期間内のため、無償での交換でしたが、今までの5年間の履歴データはモニタ内部からは完全に消えてしまいました。

2016年10月 8日 (土)

再発:太陽光発電の宅内モニタがPCから見られない!・・・再質問に対するSharp回答(4)と疑問点

10/4の当方からの質問に対するSharpからの回答(10/6)要旨は次の通りでした。

かなり納得できる状態に達しましたが、若干疑問点が残っています。 Sharpに対する要望事項とともにまとめてみました。

質問1:本当に旧モニタからのデータ移行ができない状態であったのか。
回答:
 持ち帰った旧モニタは表示が出たり出なかったりする症状を確認。
 モニタ内部の電子部品の故障と判断した。
疑問点:
 なし。了解。

質問2:データ移行できない位の重症であったなら、なぜ即モニタ交換しなかったのか。
回答:
 担当したサービス員の安易な判断によるもの。
疑問点:
 なし。了解。

質問2a:9/14に分電盤Offー>Onでなぜモニタがリセットできなかったか。
回答:
 「発電停止時間帯での分電盤のOFF>ON」又は「モニタ接続ケーブルコネクタの抜き差し」にてリセットが行われる。
疑問点:
 9/14は確かに発電時間帯に分電盤Off->Onした。
 パワコン、モニタとも太陽光関連の分電盤に接続されていると思っていたが、モニタは別回路ということか(電圧が異なるので当然か)。
 発電中でもモニタが接続されている分電盤回路をOff->Onすればリセットできるか。
 発電停止時間帯なら太陽光分電盤Off->Onでなぜリセットできるのか。
 パワコン、分電盤、モニタ等の電源接続図を示して分かりやすく説明して頂くとありがたい。

質問3:「9/16の14時台のデータは旧モニタに残っており、後日マイページに反映させる」とのことであるが、ということは、他の履歴データ(15時台)も残っていて、新モニタに移行できたのでは?
回答:
 15時台にモニタ交換作業を行っているので、取り外しまでの時間帯は発電が行われていたと思われる。
 その発電データを旧モニタから確認出来ないのは、モニタ内で表示データとして計算を行うのが1時間に1回となっており、計算前のデータについては確認できない構造になっている。
 疑問点:
 モニタ内で表示データとして計算を行うのが1時間に1回とあるが、どういうことか。
 モニタの「履歴」、「今日の実績」の表示を見ていると、1時間に何回も値が更新される。
 5sec毎に表示データは更新されるのでは???。
(注)14時台のデータがマイページへ反映されていることは確認できた。

質問4:新旧のデータを結合してほぼ完全なデータにすることは技術的に不可能なのか
 ・・・既に了解済み・・・

質問5:10年保証制度の説明には「モニタ交換時には過去の履歴データは消える」とはなかったと思うが?
機器の保証期間(10年)を過ぎると、モニタリングサービスも終了してしまう。その後はどうなるか。
 回答:
 保証期間後のモニタリングサービス提供については有料サービス化して継続行うかなど、検討中であるが結論に至っていない。
 末永く太陽光発電システムをご利用いただけるよう、サービスの充実に取り組む。
疑問点:
 なし。了解。

質問6-1:14時台のデータが0になっている。
回答:
 新品のモニタは接続以前のデータが「空」の状態(値「0」ではない)にて、送信データは交換終了後から蓄えた発電データのみとなる。
 最後の1時間分のサーバーのデータに「空」のデータがかぶっても、本来ならサーバーに存在しているデータは変更ない。
 今回、14時台のデータが「0」になったのは、何らかの理由でモニタ側に「0」値のデータが生成されたと考えられるが、原因究明に至らず。
疑問点:
 原因不明とのことであるが、今回はやむなくこれで了解。

質問6-2:モニタ内部で行う計算の時間とは具体的に何時何分なのか。計算とはどんな計算なのか。
回答:
 計算は1時間毎に行う設計。
 「直前のデータ」とは、最後に計算が行われた時間からから1時間以内のデータ。具体的な計算方法のお答えについてはご容赦いただきたい。
疑問点:
 ー>質問3の疑問点に同じ。

ーーーーーーーーー

以上がSharpからの回答とそれに対する疑問点です。

修理時の作業内容の報告書があまりにも簡素(今回は「誤操作、モニタ交換しました」のみ)で、詳細が全く記されておらず、5/11の最初の不具合発生時にもモニタのリセット方法の説明は口頭だけでした。

もう少し不具合の原因、作業内容、今後の対処方法など紙面による詳しい報告があれば、お互いの誤解も減少するものと思われます。

勿論、当方の知識不足も大いにあるとは思いますが・・・。

2016年10月 4日 (火)

再発:太陽光発電の宅内モニタがPCから見られない!・・・再質問に対するSharp回答(3)と疑問点

9/29の当方からの質問に対するSharpからの回答(10/3)要旨は次の通りでした。

残念ながら、色々と疑問点は残ったままです。

9/16の修理時に適格な説明をしながら作業して頂ければ、またその後のやり取りで厳密かつユーザに分かりやすい説明をして頂ければここまで長引くことはなかったように感じます。今後のSharpの対応を注視したいと思います。

質問1:本当に旧モニタからのデータ移行ができない状態であったのか。
回答:
 使用のモニタ(JHRWZ1)はデータ移行作業を考慮した設計ではない。
 しかし、
不具合のモニタからデータが取り出せる状態であれば、専用の移行ツールで必ずしも移行作業ができないことはない。
疑問点:
 9/28のSharp広島サービスセンタからのTelでは、機器の状態によってデータ移行できる場合とできない場合ありとのこと。
 旧モニタからデータが取り出せる状態であったか否かが不明。


質問2:データ移行できない位の重症であったなら、なぜ即モニタ交換しなかったのか。
回答:
 
一旦モニタのリセットによりモニタの動作が復帰したことで、継続使用の選択肢もあると考えた。
疑問点:
 原因不明なのに、リセットして動作復帰しただけでなぜOKと考えたか。
 また、9/14に分電盤Offー>Onでなぜモニタがリセットできなかったか説明なし。


質問3:「9/16の14時台のデータは旧モニタに残っており、後日マイページに反映させる」とのことであるが、ということは、他の履歴データ(15時台)も残っていて、新モニタに移行できたのでは?
回答:
 14時台の発電データは、旧モニタに残っていた画面数値を書き写した。
 15時~16時の時間帯は、モニタ交換作業により発電が停止していた。
疑問点:
 交換作業開始は15:30頃の筈、15:00~15:30のデータが残っていてもよい筈。
 当初15時作業開始予定であったが、14:53頃遅れるとのTelあり、15:20頃着。
 状況確認、調整後、そのまま使用/交換するかの問いー>交換。
 当日15時台の広島気象台の全天日射量及び前後の発電実績から15時から30分間の発電量は0.5kWh程度と推定される。
 

質問4:新旧のデータを結合してほぼ完全なデータにすることは技術的に不可能なのか
回答:
 技術的には可能だが、多大な時間を費やす作業のため難しい。
疑問点:
 特になし。難しいことは理解できる。


質問5:モニタの交換はよくあることなのか(不具合による/その他による)
回答:
 家電製品と同様に、モニタの故障もあるが、
 モニタリングサービスでセンタにデータが残るので、新モニタへのデータ移行は通常行わない。
 
モニタリングサービスを受けていないユーザから、発電データが無くなると困るとの声もあり、現在販売している電力モニタではユーザ宅でデータ移行ができる設計となっている。
疑問点:
 10年保証制度の説明には「モニタ交換時には過去の履歴データは消える」とはなかったと思うが?
 機器の保証期間(10年)を過ぎると、モニタリングサービスも終了してしまう。
 その後はどうなるか。

なお、センタ内の14時台のデータが0となる件については、

質問0:14時台のデータが0になっている。
回答:
 
作業に手違いが無いとは断定できておらず、原因究明に至らず。
疑問点(当方見解):(9/25に連絡済であるが・・・)
 交換作業が15:30~15:50頃行われており、15:50に「最新データの送信」を行えば、14時台のデータは上書きされ、新モニタ内の値(当然0)がセンタに保存される ->当然の結果と思われるが・・・。

また、10/3回答の冒頭部分に

「旧モニタの交換作業直前の発電データについては、モニタ内部で行う計算の時間より前にシステムから取り外していることで、データは残っていない」

とありましたが、
・直前の発電データとはいつからいつまでのデータか。
・モニタ内部で行う計算の時間とは具体的に何時何分なのか。
  計算とはどんな計算なのか。
  計算は時々刻々(5secまたは10sec毎に?)行われるのではないのか。

をSharpに確認したいと思います。

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart