マイホーム Feed

2019年1月15日 (火)

アプローチタイルに亀裂がまた発生(2)

門から玄関に続くアプローチのタイルに最近また亀裂が発生した件、前回と同じ部分と思っていましたが、よく見ると少し異なっていました。

前回改修部分(タイル張替え部分)と非改修部分(古いタイル部分)の境界線上、即ち張替え部分の外周の一部に亀裂が発生しています。

今回の亀裂発生部: 雨上がり、亀裂に沿って濃い線が・・・(2019/1/13)

Img_7737

前回部位との関係
  赤い線 : 上下2本の赤線の間が昨年の改修範囲(タイル張替え部)
  青い線 : 昨年改修前の亀裂と盛り上がりの発生部(この線の上下各数列を張替え)
  緑の線 : 今回の亀裂発生部

7745a

この亀裂が原因で、またタイルの盛り上がりに発展することが心配です。

 

ー> アプローチタイルに亀裂がまた発生(2019/1/13)

ー> アプローチタイルの盛り上がり改修が漸く完了(2018/6/23)

2019年1月13日 (日)

アプローチタイルに亀裂がまた発生

門から玄関に続くアプローチのタイルは、施工直後から雨上がりなどに一部の乾きが遅く、よく見るとタイルの目地に沿って線模様(亀裂)ができていました。

この部分を中心にタイルの盛り上がりが徐々に進行し、昨年6月に当該部分のタイル張替えを実施しました。

ところが、最近の寒さの影響か、また全く同じ部分に亀裂が発生していることがわかりました。

張替えは亀裂発生部分を含む前後各数列について行ないましたが、今回の亀裂が前回亀裂と同一部位というのは気になります。 何故なのでしょうか。

この亀裂が原因で、またタイルの盛り上がりに発展することが心配されます。

早速、施工業者に問い合わせすることにします。

●今回の亀裂部分(全体写真と部分拡大写真)
 長い亀裂部分(7タイル分)の上側4列、下側5列は昨年張替えた。

Img_7737

Img_7738

Img_7739

Img_7740

●2018/6 改修直前(左)、改修直後(右)の写真

Img_7239

Img_7267

 

ー> アプローチタイルの盛り上がり:今までの経緯と対策
ー> アプローチタイルの盛り上がり改修が漸く完了(2018/6)

エコキュート: 浴槽の残り湯で配管の凍結防止

寒い冬場はエコキュートの配管が凍結し破損する恐れがあります。

配管の凍結防止には色々な方法がありますが、浴槽の残り湯を自動循環させる方法もその1つです。

我が家の東芝製エコキュートにもその機能が付いており、外気温が下がると貯湯ユニット内のポンプによって浴槽内に残ったお湯を循環させて、浴槽と貯湯ユニット間の配管の凍結を防いでくれるようです。

恥ずかしながら、最近までこのことを知りませんでした。

最近発生したエコキュートの不具合を機に、取説を読み返しています。

2019年1月12日 (土)

電気設備の据付工事説明書は必ず受け取ろう!

最近、エコキュートに不具合が発生し、メーカに改修してもらいました。

改修後、取説を改めて見てみると、「工事説明書は販売店または工事店から必ず受け取って保存してください」と書いてありますが、受け取っていません。。

これがあれば、工事が正しく工事説明書(施工説明書)とおりに行われているかの参考になります。

エアコンの設置時は後日請求して取り寄せました。

また、レンジフード交換工事の時は施工時に工事業者に直接言って、受け取りました。

こちらから言わないと渡してもらえないようです(現在取引のある業者では)。

エコキュートでは電気配線の問題も浮かび上がり、販売店に工事説明書を送付してもらうよう依頼しました。

 

ー> エアコンの据付工事説明書は必ず受け取ろう!
ー> エコキュートで「ふろ自動」湯はりができない

2019年1月11日 (金)

エコキュートで「ふろ自動」湯はりができない!(5)

1/6夜に発生した、エコキュート(東芝製)で「ふろ自動」キーが点灯せず、自動湯はりができない他の問題。

1/11、メーカのサービス担当者が来訪、調査実施(14時~15時40分)。

2015年9月に発生した問題と合わせて、近くにあるドアホンなどからのノイズによる機器の誤動作の可能性が考えられるとして、エコキュートのタンク制御基板を交換しました。

これで様子を見て、万一再発時には電気配線の見直しも必要になるかもしれません。これに関しては販売店と相談してくださいとのこと。

・信号線を新規のものに交換
・信号線を0.3mm2から0.5mm2に変更
・信号線をシールド付きに変更
・信号線と電源線の分離

等々。

エコキュートで「ふろ自動」湯はりができない!(4)

1/6夜に発生した、エコキュート(東芝製)で「ふろ自動」キーが点灯せず、自動湯はりができない問題。

設置時の標準取付工事の内、電気配線について販売店(Edion)との間で意見の相違が発生しています。

販売店のサービス部門

 電気配線は標準工事外(既存配線流用)

当方見解

 当然標準工事に入っている筈。 これがなければ動かない基本的な工事である。

 

そこで、販売店のHP, 以前販売店から入手した資料を調べると、

販売店のHP(標準取付工事料金のページ):

 <設備・電気関連工事>本体据付はもちろん配管・電源配線工事が含まれる。

販売店のPR資料(標準取付工事の資料、但しエコキュート+IHクッキングヒーター):

 下記のように、電源配線25mまで、リモコン配線10mまで工事内容に含まれる。

003

この問題、実は今回のエコキュートのリモコン内部の設定値変化に対して、販売店のサービス部門が

・電気配線は旧設備<電気温水器>のものを流用しており、これが悪影響を及ぼしている可能性がある。

・電気配線は標準取付工事に含まれず、これを新規にやり替えるのは有償である。

・但し、配線替えで現象が改善されるか定かではない。

との見解を示してきたので、色々調べてみました。

2019年1月10日 (木)

エコキュートで「ふろ自動」湯はりができない!(3)

1/6夜に発生した、エコキュート(東芝製)で「ふろ自動」キーが点灯せず、自動湯はりができない問題。

1/8の17時前にメーカのサービス担当者が来訪、台所モニタ、浴室モニタ、エコキュート本体をチェックし、台所モニタの設定が変化していることが判明。

「湯はり禁止設定」が「する」になっており、これを「しない」に変更して自動湯はりができるようになりました。

周辺にあるドアホン等の機器のノイズによる誤動作が考えられるとのことでした。

その晩は「ふろ自動」で湯はりをして入浴。

ところがその後、他の設定も変化していることがわかりました。

以前(2015年9月)にもリモコンの設定内容が突然変わったことがあり、メーカからは「本体PC基板および台所リモコンの故障の可能性あり、今後再発したら原因を調査する。」との回答がありましたが、様子を見ることとしました(詳細下記)。

今回発生した不具合は復旧しましたが、機器の操作履歴などから原因を調べることはしていないようです。

現象発生(1/5夜?)から1週間を経過すると内部履歴が消えてしまい、折角の原因究明のチャンスを失う可能性があります。 メーカには至急再調査をお願いしました。

001

002

 

2019年1月 9日 (水)

エコキュートで「ふろ自動」湯はりができない!(2)

1/6夜、エコキュート(東芝製)で「ふろ自動」キーが点灯せず、自動湯はりができない事態が発生。

翌1/7朝一番(10時過ぎ)に、販売店経由 メーカに修理依頼しましたが、その日はメーカからは何の連絡もありませんでした。

1/8の10時過ぎに漸くメーカから連絡あり、午後から伺うと・・・。

17時前にメーカのサービス担当者が来訪、台所モニタ、浴室モニタ、エコキュート本体をチェックし、台所モニタの設定が変化していることが判明しました。

「湯はり禁止設定」が「する」になっており、これを「しない」に変更して解決、「ふろ自動」キーが点灯するようになりました。

担当者の話では、近くにドアホン等の機器があり、そのノイズによる誤動作が考えられるとのことでした。

その晩は「ふろ自動」で湯はりをして入浴。

ところが、ここでまたおかしなことに気付きました。

・「湯はりを開始します」、「湯はりを終了しました」などのガイダンスが消えた(台所リモコン)。
・リモコンの点灯時間が短くなった(10分のはずが5分程度に)。

リモコンの設定内容を確認すると、

・台所リモコンのガイダンスは「全てあり」が「警告のみ」に変わっていた。
・点灯時間も5分になっていた(設置直後に5分から10分に変更していたが)。
・他の設定については未確認。

以前(2015年9月)にもリモコンの設定内容が突然変わったことがありました。

・沸き上げ設定が「おまかせ」から「おおめ」に変化。
「学習沸増し禁止中」のメッセージが表示される。

このときは、販売店からは「うっかり画面に触れて設定が変わってしまったのでしょう」との回答が、またメーカからは「本体PC基板および台所リモコンの故障の可能性あり」との回答がありましたが、様子を見ることとしました。

現象発生から1週間以上経過してからの担当者来訪で機器内部の操作履歴が残っておらず、原因が特定できませんでした。 これも周囲の電子機器のノイズの影響かもしれません。

台所モニタのすぐ近くには、ドアホンのモニタ以外にも太陽光発電のモニタや床暖房のコントローラなどがあります。

これらの機器がエコキュートのモニタに影響を与えるとしたら、今後も色々と問題が発生することがあるかもしれません。

 

ー> エコキュートの設定が突然変わった・・・学習沸増し禁止中のメッセージも(2015年9月)

2019年1月 7日 (月)

エコキュートで「ふろ自動」湯はりができない!

1/6夜、エコキュート(東芝製)で「ふろ自動」キーが点灯せず、自動湯はりができない事態が発生しました。

取説の「故障かな?」のところには、

「ふろ自動」キーが操作できないとき
 ●残湯量表示は点灯していますか?
  ⇒ 残湯量表示がない場合は、「ふろ自動」キーは消灯したままとなり、操作できません。
   お湯が沸くまでお待ちください。

とありますが、残湯量表示はされており、また蛇口やシャワーからはお湯が出ます。

販売店の営業時間を過ぎていたため、この日はシャワーからのお湯で湯はりしました。

翌日朝一番(10時過ぎ)に、販売店経由 メーカに修理依頼しましたが、年末年始の休み明けで込み合っているようで(販売店の話)、夕方になってもメーカからは何の連絡もありません。

* 通常は「沸かす」と「おはなし」の間に「ふろ自動」が表示される。

Img_7736 

ー> 電気温水器からエコキュートへ
ー> エコキュートの設定が突然変わった・・・学習沸増し禁止中のメッセージも

2018年11月26日 (月)

100均の温度計で浴室の室温をチェック(3):11/26は「いい風呂の日」

11月26日は「いい風呂の日」。

入浴中に死亡する人は年間に約5000人ほど、特に冬は急激な温度差によるヒートショックが原因となるようです。

消費者庁では入浴前に脱衣所や浴室を暖め、お湯の温度は41度以下に設定した上で10分以上つからないように呼び掛けています。

それでは浴室の温度はどの程度が最適なのでしょうか、ネットで集めた情報を列挙してみました。

●リンナイの浴室暖房乾燥機のHP
 浴室の室温が15℃以下の場合のみ湯はりにあわせて寒い浴室を入浴前に暖めておくことができ、ヒートショックの予防に効果的。

●TOTOの浴室換気暖房乾燥機「三乾王」のHP
 15分で8℃ ->25℃まで昇温(100V) 。

●九州芸術工科大の論文(実験結果)
 入浴前後の平均皮膚温から求めた至適温度範囲は24.3℃ ~26.5℃
 血圧からみた許容温度範囲は、20℃~30℃ 程度。
 被験者の温度許容範囲は22.0℃ ~29.9℃
 ->以上の結果より実験で得られた至適温度は25.4℃ ±1.1℃ 、 許容範囲は22℃ ~30℃

●産経新聞記事(2014年1月24日)
 冬場の安全な入浴:脱衣所や浴室は18℃以上、湯の温度は41℃以下が目安

●その他の情報
 脱衣室・浴室は事前に20℃以上に温めておく。
 リビングと脱衣室の温度差は5℃以上あると血圧の急上昇の危険が高まる。
 リビングが25℃であるなら、脱衣室の温度は20℃より高くしておくことが重要。

以上の情報等から、
居間、脱衣所、浴室の温度差をできるだけ小さくしてヒートショック防止。
・浴室は少なくとも20℃以上、できれば25℃前後が望ましい。

我が家でも先日から浴室内に温度計を置いて、温度の変化をチェックしています。

ー> 100均の温度計で浴室の室温をチェック
ー> 100均の温度計で浴室の室温をチェック(2)

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart