« 洗面台から時々嫌な臭いが(11):最終汚水桝の問題との関係は? | メイン | 家の前のマンホールから時々悪臭が(3) »

2017年10月11日 (水)

洗面台から時々嫌な臭いが(12):定期点検での汚水桝のチェックは?

昨年(2016年)秋頃から気になっている洗面台などから時々嫌な臭いがする件。

これについて色々と検討していますが、敷地内の最終汚水桝の問題(インバート処理なし)が新たに出てきました。

最終汚水桝インバート処理がされていないために汚水がこの桝の底に溜まって、悪臭の原因となっている可能性があるというのです。

更に、トイレ、洗面所、台所などからの汚水を最終汚水桝に導く配管と桝側面との嵌合部(下図緑の箇所)にすきまがあって、土が露出し、ここから汚水が地中に侵入することも考えられます。

(右側の図は広島市HPより)

2

Photo_5

給排水管や排水桝は住宅メーカの定期診断(2年、5年、10年等)でチェックしている筈ですが、今まですべて「問題なし」でした。

その時、最終汚水桝の確認をしたかは定かではありませんが、チェックが不十分としか言いようがありません。

各部の汚水桝も本当に問題ないのか、気になってきました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/555969/34087160

洗面台から時々嫌な臭いが(12):定期点検での汚水桝のチェックは?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿