« 太陽光発電パネルの設置位置はよく考えて | メイン | 勝手口ドアハンドルのがたつき »

2015年1月16日 (金)

雨樋の上部継ぎ手部がまたも外れる

約6年前に雨樋の上部継ぎ手部(2F屋根からの雨水を集め、地上に導く垂直管と接続するエルボ型の継ぎ手部)が外れ、ハウスメーカに修理して頂きました。

ところが今回全く同じ個所がまた外れてしまいました。 家の周囲にはこれ以外に数か所同じような箇所があるのに・・・。 何ともお粗末としか言いようがありません。

 

002a_2

 垂直管(竪樋)は壁面に埋め込んだクリップ金具(タッチバンド?)で数か所挟んで固定しているだけで、この部分が緩む(滑る)と下方に落下するようです。 垂直管を下で支える物が全くないのが不思議ですが、他のメーカではどうなっているのでしょう。

今回は垂直管にビスをねじ込み、落下しようとしてもクリップ金具に引っかかって止まるように処置しました。

尚、工事費は「本来は有料ですが、特別に今回は無料とします」ということで終了しました。

昨年は電気温水器が壊れて交換しましたが、13年も経つと、あちらこちらで不具合が出てきます。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/555969/33127135

雨樋の上部継ぎ手部がまたも外れるを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart