« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

巨大ひまわり 2世(その5)

最も背の高いひまわり(右側)の頭花が開き始めました。 高さはおよそ 3.3m。

001

全体写真:
004

その他のひまわり:
 きれいに螺旋状に並んだ種が確認できます。
003 005

2013年6月27日 (木)

巨大ひまわり 2世(その4)

最も背の高いひまわり(右側)より一足先に隣のひまわり(左側、6/25に2.7mであったもの)が開花。
007

同時に、少し離れた場所のひまわり(下の写真)も開花しました。
しかし、上の花(オレンジ色)とは色が少し異なり、こちらは黄色です。 どうしてでしょうか、不思議です。
008 009


2013年6月25日 (火)

巨大ひまわり 2世(その3)

先日(6/22)高さ 2.9mだったひまわり、今日測ったら ついに3mを越えて、約3.1mになりました。

もう少しで花が咲きそうです。

001

少し角度を変えて、上部を写したもの。 右が3.1mのもの、左は現在約2.7mで、こちらの方が早く咲き出しそうです。

005

他にも2.5mを超えるひまわりがあります。

004

2013年6月22日 (土)

巨大ひまわり 2世(その2)

5日ほど前(6/17)に高さ 2.7mだったひまわり、今日測ったら 約2.9mになりました。

まだまだ背が伸びそうです。

花が終わった手前の低いひまわり、頭花を拡大すると螺旋状の種が確認できます(中心から左回りの螺旋が21本など)。

002 001

2013年6月18日 (火)

巨大ひまわり 2世

10日ほど前に高さ 2m程度だったひまわり、現在 約2.7mになりました。

まだまだ背が伸びそうです。

花が終わった手前の低いひまわり(高さ 1.5m)は、昨年秋に鉢に蒔いたものを冬の間、室内で育てて春になって庭に植えたもの。

002

-> 昨年の巨大ひまわり

2013年6月13日 (木)

電柱が傾いている

我が家の前の電柱(高さ約13m)が明らかに傾いています。

下の写真は室内から撮ったものですが、アルミサッシの縦枠に対して右に傾いているのがわかります (概算すると約2~3度)。

上部左側に重量級のトランス(変圧器)が載っていますが、この重量を加味してわざと右に傾けているのでしょうか。

ネットで調べてみると、最初まっすぐに建てても電線を架けるとどちらかに引っ張られて傾くことはよくあることとか、あまり心配する必要はないようですが・・・。

003 001 

2013年6月 6日 (木)

ひまわりが咲きました

早くもひまわりが開花しました。

実はこのひまわり、昨年秋に鉢に蒔いたものを冬の間、室内で育てたもの。

高さ50cmほどに育ちましたが茎がひょろっとしていて花は期待していませんでしたが、今年4月になって庭に植えたところ、背も150cmになり、茎も少し太くなって今朝開花しました。

 001

春蒔きのものは現在2mほどになり、日に日に成長しています。

 002

2013年6月 4日 (火)

「たんぽぽ」 は ライオンの歯

今日6月4日は虫歯予防デーです。

昨夜 民放のTVドラマを見ていたら、たんぽぽは英語でダンデライオン(dandelion)で、これはライオンの歯という意味だと。

たんぽぽの歯のギザギザがライオンの歯(牙)に似ていることから、フランス語ではライオンの歯を意味するダン=ド=リオン(dent-de-lion)と言い、それに由来しているそうです。

dent はデンタルクリニック(dental clinic、歯科医院)などでもお馴染で、「歯」です。

因みに、たんぽぽを漢字で書くと蒲公英で、これは漢方で開花前に採って乾燥させたものを「蒲公英(ホコウエイ)」と呼ぶことから来ているようです。

2013年6月 1日 (土)

Blog記事内の画像の拡大 (3): スクロールバー表示

エディオングループのISPであるエディオンネットの「エンジョイ!ブログ」を使用していますが、Blog記事内の縦長画像をクリックして拡大画像を表示したときに画像の下部が一部切れてしまうことがあります。

この問題を解決するには 「エンジョイ!ブログ」で自動生成される拡大画面表示用のHTML内のJavascript で、画面上部のタイトルバー、アドレスバー や下部のタスクバーの高さ等を考慮してwindowのサイズを決定するように改良して頂くのが最善ですが、ここでは Blog記事をHTML編集モードにして一部変更する方法を紹介します。

Blog記事をHTML編集モードで表示すると、次のようになります(画像の部分)。

<a onclick="window.open(this.href, '_blank', 'width=600,height=800,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false"
href="http://k-ichikawa.blog.enjoy.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2013/05/30/119_2.jpg"><img width="200" height="266" title="119_2" alt="119_2"
src="http://k-ichikawa.blog.enjoy.jp/blog/images/2013/05/30/119_2.jpg" border="0" /></a>

ここで、scrollbars=no を scrollbars=yes に変更して保存すると、拡大表示画面でスクロールバーが表示され、これをドラッグすると切れた(隠れた)部分を表示できます。

従来の画像 (scrollbars=no
 119_4

編集した画像 (scrollbars=yes
 119_5

(参考) window.open() の主なパラメータの意味は下記のとおり。

 this.href : href 属性で指定されたURLを表示
 _blank : 新規ウィンドウ
 width : ウィンドウの幅
 height : ウィンドウの高さ
 scrollbars : スクロールバーの有無
 resizable : ウィンドウサイズのリサイズ可否
 toolbar : ツールバーの有無
 location : アドレスバーの有無
 menubar : メニューバーの有無
 status : ステイタスバーの有無