2019年4月20日 (土)

太陽光発電:余剰電力買取期間満了後の住宅メーカの対応(2)

我が家の太陽光発電システムは2019年11月でFIT制度に基づく余剰電力買取期間満了になります。

それ以降の売電価格について、以前からHPなどで色々と調べていますが、昨日我が家の住宅メーカ(セキスイハイム)より連絡がありました。

以前問い合わせたときには住宅メーカとしての買取計画はないとのことでしたが、次の条件で買い取るとの内容でした。

・買取単価: 9円/kWh (但し、蓄電池搭載の場合は 12円/kWh)
  買取価格は2021年3月までの価格
・積水化学工業(株)が買い取る。


中国電力もFIT制度に基づく買取期間が終了後の買取りについて、HPに「その際の具体的な購入単価等の契約条件,手続き等について2019年4月を目途に改めてお知らせする」とありますが、まだ連絡はありません。

中国電力からの連絡を待って、今後の売電先を決めたいと考えています。

ー> 太陽光発電:余剰電力買取期間満了後の住宅メーカの対応(2019/2/8のBlog)

2019年4月17日 (水)

シャクナゲ(#3)が初めて咲きました

4年前の2015年4月29日に、広島市の花みどり公園で頂いた2本の小さなシャクナゲの苗木。

去年そのうちの1本(#2)が初めて咲きましたが、残りの1本(#3)も今年初めて花を咲かせました。

 ●シャクナゲ #2 と #3

Dsc_0192

Dsc_0193

2010年春に同じく花みどり公園で頂いたシャクナゲ(#1)は今年も沢山の花を付けています。

Dsc_0182

花みどり公園では今年も4/29に苗木の無料配布があるそうです。

2019年4月15日 (月)

熊本地震から3年になりました

2016年4月14日に発生した熊本地震から丸3年が経過しました。

熊本城では多くの建物に深刻な被害が発生、また阿蘇大橋は完全に崩壊しました。

被災地では今も懸命な復旧作業が続けられています。

実はこの震災発生の2年半前の2013年10月にこの地を訪れました。

銀杏城とも言われる熊本城内には大きなイチョウの樹が植えられていました。

011

017

南阿蘇村の阿蘇大橋の近くには日本の滝百選の1つ数鹿流ケ滝(かるがのたき)がありましたが、震災で無残な状態になりました。

大橋の近くには「あか牛を讃えて」と書かれた牛の像も設置されていました。

下の牛の像の写真には崩壊前の阿蘇大橋が見えます。

058

065a

2019年4月11日 (木)

第36回 日本伝統漆芸展に出かける(そごう広島店)

4/10、広島市内で開催中の日本伝統漆芸展を見に出かけました。

文部科学大臣賞を受賞した乾漆存清盛器「対決」をはじめとする入選作全91点が展示されています。

漆芸のむずかしいことは全く分かりませんが、純粋に目で見て楽しめます。

入場券にあしらわれているのは、乾漆存清盛器「対決」の一部で、2匹のトンボが描かれています。

Dsc_0185a

2019年4月 9日 (火)

岩尾の滝(柳井市大畠)に立ち寄る

先日(4/5)、周防大島からの帰路の途中、柳井市にある岩尾の滝に立ち寄りました。

その滝は国道437号から細い道を200mほど入った所にありました。

訪れる人影もなく、ゆったりとしたひと時を過ごしました。

Img_7831_2

Img_7833

Img_7832

Img_7836

因みに国道437号は、愛媛県松山市から周防大島(八代島)~ 大島大橋 ~ 柳井市 ~ 岩国市玖珂町へと至る道で、松山港から周防大島の伊保田港まではフェリー航路が国道に相当する、一寸変わった国道です。

2019年4月 8日 (月)

周防大島を訪れました

先日(4/4~5)周防大島(山口県)を訪れました。

昨年秋に貨物船が橋げたに衝突し、送水管が破断して島内のほぼ全域で起きた断水は年末までに解消され、大島大橋も総重量40トンを超えるもの以外は通行できるようになっています。

周防大島は正式には屋代島といい、この島と周辺の大小30の島々で周防大島町を構成しています。

その中の1つ、真宮島(しんぐうじま)は周防大島の道の駅「サザンセトとうわ」のすぐ近くにあり、干潮時の前後3時間だけ海の中道が現れて地続きとなって沖合約100mのところにある島まで徒歩で行くことができます。

4/4の16時前に真宮島まで歩いてみました。

県内のパワースポットの1つということなので何かいいことがあるかも・・・。

 ・写真左: 右側の島が真宮島、左側は我島
 ・写真右: 真宮島から周防大島を望む

Img_7827

Img_7828

2019年4月 7日 (日)

山口県上関町を訪れました(上盛山展望台)

上関町の長島にある上盛山(標高314m)の展望台に行ってきました。

麓の県道23号から山頂へ続く道は途中で道路工事が行われていて、一部砂利道を走行しなくてはなりませんが、山頂からの眺めは素晴らしいものでした。

熊毛半島(室津半島)と長島とを結ぶ上関大橋が見えます。

Img_7816

Img_7817

Img_7818

Img_7821

長島の南西端には中国電力が原発の建設を計画中ですが、2011年の東日本大震災以降、工事が中断されています。

2019年4月 6日 (土)

山口県平生町を訪れました(神花山古墳ほか)

先日(4/4)、平生(ひらお)町の阿多田交流館とその隣にある神花山(じんかやま)古墳を訪れました。

この地域は太平洋戦争中、旧海軍の軍事基地となり、人間魚雷(回天)の訓練も行われました。

阿多田交流館には関連資料や人間魚雷の実物大レプリカも置かれています。

Img_7799

Img_7798

交流館から南に300m程のところの神花山(標高41m)山頂にある前方後円墳は5世紀前半のもので、ほぼ全身の女性の人骨が発見されています。

Img_7803

Img_7812

Img_7808

Img_7811

2019年4月 3日 (水)

広島市内の同じ区内でも気温差が大きい

広島市は人口約120万人、面積約900km2で、中区、南区、西区、東区、安佐南区、安佐北区、佐伯区、安芸区の8区に分かれています。

面積が広く、同じ区内でも場所によって気温差が大きいようです。

NHKのWebサイト「あなたの天気・防災」の「市区町村等」のページには、ウェザーニューズ社の予報が掲載されていて、広島市については各区毎の今日から10日間の天気、最低・最高気温、降水量、風の予想を知ることができます。

中区と安佐南区の4/3 8:59時点の最低・最高気温(℃)の予想は下表のとおりで、安佐南区は中区に比べて最低気温は3~5度程度低く、最高気温は大差ないとなっています。

しかし、安佐南区の沼田地区にある我が家で実際に外気温を観測してみると、最低気温は中区に比べてせいぜい1~2度程度のマイナスで、最高気温は中区と同じか少し高めのことが多いように見受けられます。

ウェザーニュースの安佐南区の予報地点がどこか不明ですが、同じ安佐南区内でも場所によって気温が大きく変化するのでしょう。

我が家の場合はむしろ中区の予報に近いようです。

      最低気温     最高気温  
中区 安佐南区 差_____ 中区 安佐南区
4 3 4 1 -3 14 13 -1
  4 4 1 -3 19 18 -1
  5 -4  20  19  -1 
  10  -4  21  21 
  11  -4  22  22 
  11  -5  20  19  -1 
  -4  17  16  -1 
  10  -3  16  15  -1 
  11  -4  18  19  +1 
  12  -3  18  18 

[ 咲き出したシャクナゲ ](4/1 撮影)

Dsc_0179

ー> 広島市安佐南区の天気予報

2019年3月31日 (日)

水道メーターボックス内への雨水の侵入(3)

大雨の後などに水道メーター(量水器)ボックス内に雨水が溜まる問題。

住宅メーカや市の水道局にも問い合わせましたが、あまり神経質にならなくてもいいようなので安心しました。

念のため、メーターボックス内への水の浸入・水没に関して、他に考えられる原因がないかなど、ネット上で調べてみました。

それらを列挙すると、

・水道管からの水漏れ
・地下水の入り込み
・メーター近くを通る雨水配管からの水漏れ
  排水管の接続部は接着剤を付けないことも多く、その可能性も・・・
・ボックス底面の土質が粘土質などで、水が浸み込みにくい

また、メーターボックスの構造などについては、

・ボックス底板: あるもの、ないもの
・ボックス底面に水抜き穴があるものも・・・。
・ボックス材質: 鋳鉄製、プラスチック製
・ボックスの蓋と本体間のすき間の大小

等々あり、これらによってもボックス内への水の浸入・水没の状況に差が生じることが考えられます。

「雨水配管からの水漏れ」もあり得るというのはびっくりです。

Dsc_0168

ー> 水道メーターボックス内への雨水の侵入(1)
ー> 水道メーターボックス内への雨水の侵入(2)

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart