2020年6月 4日 (木)

テレビ画面の右半分が暗い(4)

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

昨日(6/3)、メーカに見てもらったところ、液晶パネルのバックライト(全面直下LED)の不具合とのこと。

後日、液晶パネル毎交換することになりました。

コロナの影響で、現在パネルの手持ちがなく、入荷は6/12~15頃になるようです。

その後、交換工事の予定。

不具合を販売店/メーカに連絡(5/21)してから改修まで1か月近くかかることになります。

Img_8489

2020年6月 3日 (水)

建物の分別解体が守られていない

建物の床面積が80㎡を越える建物に対しては、解体工事を行う際に建設リサイクル法(2002年施行)によって「分別解体」が義務付けられています。

事前に市町村に分別解体等の計画書というものを届け出る必要がありますが、通常は業者が代行してくれるようです。

具体的な解体作業の順序は大略以下の通りです。

1. 足場の設置・養生シートの設置
2. 建具・残置物および畳の撤去
3. 石膏ボードや断熱材を撤去
4. 瓦の撤去
5. 重機を搬入
6. 重機で解体しながら廃材を手作業で分別
7. 養生シート・足場の撤去
8. 基礎コンクリートを解体
9. コンクリートを撤去 
10. 整地

最近、近所で古くなった住宅の解体工事が始まりましたが、屋根に瓦が載った状態で重機で家屋を壊し始めました。

木材の破断音に瓦が落下・分解する音が加わり、ものすごい音です。 養生シート(防音シート)があっても、あまり効果がありません。

急遽、業者に連絡し、残りの部分については、先ず瓦を取り外し、それから重機で家屋を解体するように申し入れました。

解体業者の言い分は、

(1)真面目に分別解体をしていたら商売にならない。
(2)他の多くの業者も同じようにしている。
(3)市に提出する計画書には瓦を先に取り外すと書いてあるが・・・。

とのことでしたが、当方の申し入れを聞き入れてくれて、残りの箇所はまず瓦を外してから解体するとのこと。

 

市役所の担当部署(建築課)はどう考えているのでしょうか。

Img_8527a (瓦が載ったまま重機で解体中)

2020年6月 1日 (月)

映画「どら平太」と「みろくの里(福山市)」

先日、「どら平太」をBSプレミアムで観ました。

山本周五郎の「町奉行日記」をもとに映画化された作品で、役所広司さんが町奉行を演じる痛快娯楽時代劇ですが、ロケ協力地のひとつに「みろくの里」がありました。

広島県福山市にも「みろくの里」がありますが、ひょっとしてここかも・・・。

調べてみると、「みろくの里」は総合レジャー施設ですが、映画の撮影現場としても有名で、園内には「みろくの里セット村」(一般公開はされていない)があって、「どら平太」の撮影にも使用されたとあります。

まだ訪れたことがありませんが、いつか立ち寄ってみたいと思います。

有名な「鞆の浦」の北西約6~7kmところにあります。

2020年5月30日 (土)

ロウバイの実は食べられません

今年も沢山の実を付けた庭のロウバイ。

漢字では「蝋梅」と書きますが、梅の仲間ではなく、実は食べられません。

毒があるので注意が必要です。

花の少ない時期に花を楽しみ、その後にできる実を眺めて、それでよしとしましょう。

実を長く付けることはロウバイにとって、かなりの負担になり弱ってしまうので、早めに取ってしまった方が良いようです。

Img_8500

2020年5月29日 (金)

テレビ画面の右半分が暗い(3)

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

今年の5月になって初めて発生し、その後、頻繁に見られるようになりました。

・5月初旬(日にち失念): 画面右半部が暗い
・5月初旬(日にち失念): 画面中央部(縦方向)が暗い
・5/20 夜: 画面右半部が暗い -> 翌5/21に販売店/メーカに連絡 ->6/3来訪予定
・5/27 夜: 画面右半部が暗い
・5/28 朝: 画面右半部が暗い
・5/28 夜: 画面右半部が暗い

5/29朝は正常でした。

最近、我が家の東芝製品のトラブルが立て続けに起きています。

エコキュートは4/30に点検、後日ヒートポンプを交換することになりましたが未だに連絡がありません。

Img_8496 (5/28 夜の状況)

 

ー> エコキュートのヒートポンプユニット交換へ

2020年5月28日 (木)

テレビ画面の右半分が暗い(2)

5年前に購入した液晶テレビ(東芝製)の右半分が暗くなる現象。

5月初旬と5/20に続いて、昨夜(5/27)と今朝も同じような現象が発生しました。

メーカには5/21、販売店を経由して連絡しましたが、コロナの影響で6/3まで待ってほしいとのこと。

液晶パネル、基板、ケーブル、バックライトの故障などが考えられるようですが・・・。

Img_8492

Img_8493

Img_8494

Img_8495

 

ー> テレビ画面の右半分が暗い(1)

2020年5月27日 (水)

鳩時計から出てくるものはカッコー

壁掛け時計の一種である鳩時計。

ドイツが発祥だそうですが、中から出てくる鳥は実は鳩ではなく、カッコーです。

鳩時計と呼ぶのは日本だけ、外国ではカッコー時計:cuckoo clock と呼ばれています。

Cuckoo_clock (画像はWikipediaより)

2020年5月24日 (日)

勝手口ドアの窓枠がずれる(3): 一部再塗装

今年3月に実施した外壁と屋根の再塗装工事の際に破損し、上方にずれたと思われる勝手口ドアの窓枠(型材)について、窓枠そのものの改修は過日(5/22)実施しました。

ずれた窓枠を本来の位置に戻した後の上部の未塗装部、及び窓枠の下方への引き戻し時の塗装の剥がれ部の仕上塗装を実施(5/23)、これで全作業を終了しました。

Dsc_0627

Dsc_0628

今回の外壁及び屋根の再塗装工事においては、塗装そのものについては十分満足できるものでしたが、それに付随する各種作業(テラス張替え、足場設置時の勝手口ドアの破損、洗浄時の基礎とステップ間のシーリング破損など)で一部問題が発生しました。

問題が発生した作業はいずれも塗装業者とは異なる業者で、全体を管理監督するリフォームメーカの気配り・連携が少し足らなかったように思います。

 

ー> 勝手口ドアの窓枠がずれる(2):改修

2020年5月23日 (土)

アプローチタイルに亀裂がまた発生(5)

門から玄関に続くアプローチのタイルに以前亀裂が発生し、2年ほど前に当該部分のタイルを張替えましたが、昨年初め頃から前回改修部分(タイル張替え部分)と非改修部分(古いタイル部分)の境界線上、即ち張替え部分の外周の一部などに亀裂が発生し、雨上がり後にその部分の乾きが遅く、線状の模様ができます。

業者には何度も連絡し、しばらく様子を見ていましたが、先日また現状を確認してもらいました。

業者曰く: この部分を補修しても、また同様の問題が発生する可能性が高い!

どうでもやりたくないようです。

今までメールでやり取りしてきましたが、当方からの連絡の一部(状況写真添付のメール)も記憶にないと・・・。

保証期間が終了する前に一度修理してもらいたかったのですが、あきらめました。

状況がこれ以上悪化しないことを祈るのみです。

Dsc_0606(2020/5/17朝の状況)

 

ー> アプローチタイルに亀裂がまた発生(4)

2020年5月22日 (金)

勝手口ドアの窓枠がずれる(2):改修

今年3月に実施した外壁と屋根の再塗装工事の際に破損し、上方にずれたと思われる勝手口ドアの窓枠(型材)について、

窓枠そのものの改修を本日(5/22)実施しました。

● 窓枠改修前

Dsc_0618

Dsc_0619

● 窓枠改修後

Dsc_0621

Dsc_0622

先の塗装工事では高圧洗浄過程で、玄関タイルと外壁間のシーリング材や掃き出し窓前のステップ上面と基礎間の接合部を埋めているシーリング材もボロボロになりましたが、これらの補修も併せて実施しました。

Dsc_0625

Dsc_0626

勝手口ドア上方の未塗装部分の下塗り(白色)も今回実施しましたが、この部分の中塗り・上塗りや、窓枠を下方に引き戻す際の塗装の剥がれ部の再塗装は明日(5/23)行う予定です。

Dsc_0623

Dsc_0624

(注)ドア窓枠のずれの原因
  当方は、塗装工事における足場設置時に部材が当たってずれたと考えているが、
  業者はこれを認めようとしない。

  工事直前の写真があればいいのだが、見当たらない・・・。
  工事の1か月半前の写真ではずれていないことを確認済み。

 

ー> 勝手口ドアの窓枠がずれる

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart