2019年11月18日 (月)

トウガンの収穫・保存・酢の物

今年は全部で4個のトウガン(冬瓜)を収穫しました(2株で)。

1番果は10月初旬に収穫、重さは6.4kgもありました。

2番果は10月下旬に収穫、4.0kgでした。

一昨日、残りの2個を収穫(4.9kg、3.7kg)、これで今年は終了です。

問題は保存方法です。

ネットで色々と調べると、丸ごと保存では2~3か月(1~2か月、数か月という情報もあるが)は大丈夫とあります。

ただ、1個1個が大きいので1度に使いきれません。 3等分してラップに包み、冷蔵庫に保存しています。 これで1~2週間は行けそうです。

普段は煮物にして食べていますが、先日、酢の物にしてみました。

薄切りにして、酢と塩などで味付けしただけですが、さっぱりとして結構おいしかったです。

● 写真は先月初旬に収穫した1番果

Img_8089

 

ー> 重さ6kg余りのトウガンの収穫 2019

2019年11月17日 (日)

柴犬の聖地:島根県益田市美都に立ち寄る

先日(11/10~11)の津和野~山口~萩~益田を巡る旅の帰路、益田市から国道191号を東へ。

途中、道の駅「サンエイト美都(みと)」に立ち寄りました。

ここには過去何度も訪れていますが、たまたま今回パンフレット「ここは柴犬の聖地 石号の里」を見つけました。

石号はこの地の猟師であった下山さんの猟犬で、現在の柴犬の大半がこの石号と四国産のコロ号の子孫だということです。

 ・写真左: 石号の看板(益田市美都町特産観光協会のHPより)
 ・写真右: 道の駅 サンエイト美都(2011年に訪れたときのもの)

Ishigou

059

2019年11月16日 (土)

スクモ塚古墳に立ち寄る ~古代ハス(大賀ハス)~

先日(11/11)島根県益田市のスクモ(須久茂)塚古墳に立ち寄りました。

円墳、前方後円墳など色々の説があるようですが、島根県下でも最大級の古墳だそうです。

古墳に隣接した池には、2001年に荒神谷(こうじんだに)遺跡(出雲市)から株分けされた古代ハスが植えられています。

Img_8223

Img_8218

Img_8221

Img_8216

荒神谷の古代ハスは、1951年に千葉市内にある東大検見川(けみがわ)厚生農場内の遺跡で発掘された約2000年前のハスの実から発芽・育成された株から根分けされたハスの1つです。

この古代ハスは、発掘調査に当たった植物学者でハスの権威でもある大賀一郎に因んで、大賀ハスとも呼ばれています。

この大賀ハスは中国地方では、三瓶小豆原埋没林公園(島根県大田市)や土井ケ浜遺跡(下関市)などでも見ることができます。

ー> 三瓶小豆原埋没林公園を訪れる(島根県大田市)

ー> 土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム~(下関市)

2019年11月15日 (金)

久しぶりに萩市内を訪ねる

先日(11/11)山口市内から国道262号(通称 維新街道)を北上し、山口県萩市を訪れました。

時折雨の降るあいにくの天気でしたが、久しぶりの萩市内を足早に見て回りました。

・松陰記念館(道の駅 萩往還に隣接)
  高杉晋作、吉田松陰、久坂玄瑞の銅像

Img_8192

・松陰神社、松下村塾
  松下村塾の看板は実際には「松下邨塾」と書かれている。
  「邨」は「村」の異字体。

Img_8194

Img_8196

・萩しーまーと
  ここでは海産物を求めた。

・笠山展望台、萩ガラス工房、明神池
  笠山は標高112mの小火山。
   
山頂展望台からは周囲の島々が見渡せるが、これらは笠山と同じ「阿武火山群」に属す。
  ガラス工房では職人さんの作業を見学後、醤油さしを買い求めた。

Img_8205_2

Img_8210_3

Img_8215



2019年11月14日 (木)

太陽光発電: Webモニタリングサービスにおける通信障害が未だ解消せず(3)

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいて、9月末頃からデータがうまくダウンロードできないなど定期自動通信障害が頻発している件、

1か月半以上経過した今日(11/14)現在、未だに解決されていません。

我が家の定期通信時刻は、1:30、7:30、13:30、19:30 の4回/日ですが、今朝8時過ぎにダウンロードしたデータには0時台のデータまでしかありません。

7:30の定期通信に失敗したようです。

Sharpでは昨日(11/13)も12:00~14:00の2時間、「WEBモニタリングサイトの緊急メンテナンス」を実施していますが、詳しい内容が公表されておらず、定期自動通信障害との関連は不明です。

リンゴ園に立ち寄ったが地方発送はNGだった

先日(11/10)島根県の津和野町内を訪れた後、山口市湯田に向かう途中で阿東徳佐の三浦りんご園に立ち寄りました。

りんごをある所に発送するためでしたが、今年は台風の影響でりんごに傷がついてしまい、現在地方発送を一時的に中止しているとのこと。

このりんご園には今まで何度も来ていますが、このようなことは初めての経験です。

リンゴ狩りは通常通り行っていました。

・写真は園内の様子(2019/11/10):

Dsc_0410

津和野でSLやまぐち号を見る

先日(11/10)、津和野城跡を訪れた後、津和野大橋付近の河原でSL「やまぐち号」の姿を写真に収めました。

津和野駅の手前500m程のところにあるこの地点は撮影のベストスポットの1つになっていて、当日は多くのSLファンがカメラを手に、橋の上や津和野川の河原で、新山口駅10:50発、津和野駅着12:59の列車を待ちわびていました。

列車はほぼ定刻どおりに鉄橋を通過しました。

津和野川は北上して高津川となって、益田市内で日本海に注いでいます。

Dsc_0404

Dsc_0405

Dsc_0406

Dsc_0408

鉄橋付近にはツワブキの花が咲いており、また津和野駅前にはD51が展示されていました。

ツワブキは津和野という地名の由来となった花です(「ツワブキの生い茂る」)。

町内の至る所でこの花を目にすることができます。

Img_8184

Img_8188

 

ー> SLやまぐち号の走る姿を間近で見る(大歳駅、2018/10/13)
ー> ツワブキと津和野
ー> 高津川(益田市)と錦川(岩国市)の関係は?

2019年11月13日 (水)

津和野城跡へ徒歩で登城

先日(11/10)、島根県津和野町にある津和野城跡(標高367m)へ徒歩で登りました。

津和野城は別名「三本松城」とも言われ、日本百名城にも選ばれている山城です。

太皷谷稲成神社近くの乗り場から観光リフトで途中まで行けますが、全行程を歩いて登りました。

太皷谷稲成神社の駐車場に車を置いて徒歩で登城開始です(下図の赤い線に沿って)

Castleroute

10:07 駐車場出発
10:08 すぐ近くの登山口から登山(登城)開始

Img_8139

Img_8140

10:24 途中でリフトの下をくぐる
10:28 織部丸(出丸)付近を通過

Img_8143

Img_8145


10:50 本丸(天守台)到着、所要時間 約40分

Img_8150

Img_8156

Img_8159

Img_8162

Img_8166

Img_8170

11:20 下山開始
12:00 駐車場に戻る


日曜日で紅葉の季節でもありましたが、城跡を訪れる観光客はあまり多くはなく、しかもほとんどの方がリフトを利用していました。

下山後はSLやまぐち号の通過を津和野大橋近くの河原で待ちました。

ー> これについては次回のBlogで紹介

2019年11月12日 (火)

NHKきょうの料理 「つくろう!にっぽんの味47」の公開収録を見学

先日(11/9 12:00-13:00)行われた「きょうの料理」の公開収録に出かけました。

・会場: JA交流ひろば「とれたて元気市 広島店」(広島市安佐南区大町東)

・出演: 平野レミさん(料理愛好家)、 後藤繁榮アナ

Nhkcooking (写真は今回のイベントのNHK HPより)

レミさんの賑やかなトークと後藤アナの軽妙な掛け合いで進行し、生放送ではない収録ならではハプニング、撮り直しもあり、大いに楽しみました。

放送はNHK Eテレで下記日時に行わる予定です。
・12月25日(水)午後9時~9時25分
  再放送は12月30日(月)午前11時~11時25分

2019年11月 9日 (土)

浴室暖房乾燥機の浴室乾燥機能について ~販売店の対応~

長年使用していた浴室暖房乾燥機(三菱電機製 WD-100BZE2-SK2)が故障し、先日TOTO製(TYB3111GA)に買い替えました。

買い替えに際しては、販売店(Edion)が出している「浴室暖房乾燥機」のカタログを参考に候補機種を選定し、工事業者の考えも聞いて最終的にTOTOに決定しました。

販売店が出しているカタログでは、TOTO や リンナイも「衣類/浴室乾燥機能あり」としています。

ところが、これらのメーカの乾燥機能は衣類乾燥のみで、実際には浴室乾燥機能はないことがわかりました。

浴室乾燥はエアコン等とは異なり、浴室内の空気の乾燥(除湿)ではなく、浴室内の壁、天井、床、窓ガラスなどの水気を除去する機能です。

各メーカは浴室乾燥について十分検証していない、あるいはユーザの納得のいくレベルにないことからカタログに記載していないのでしょう。

販売店のカタログは明らかに過大表示であり、その旨販売店に伝えたところ、メーカにも確認し、修正すべく販売店本社とも相談されているとのこと、推移を見守りたいと思います。

 

実は、今まで使用していた三菱電機製のものは浴室乾燥機能が付いていました。

新しいTOTO製のものも、販売店カタログには浴室乾燥ありと記載されていましたので深く考えずに、これに決定しました。

ところが、取説を読むと衣類乾燥は付いていますが、浴室乾燥については記載がありません。

メーカに直接確認したところ、浴室乾燥(壁、天井、床)機能はないことがわかりました。 しかし、TOTO側は衣類乾燥機能でほぼ代用できると言っていますので、本件はこれ以上深入りせず了解することとしました。

(販売店カタログより)

Dsc_0397a

 

ー> 浴室暖房乾燥機の浴室乾燥機能について

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart