« 国土地理院の基準点成果等閲覧サービスを利用する | メイン | 水道メーターボックス内への雨水の侵入(2) »

2019年3月27日 (水)

水道メーターボックス内への雨水の侵入(1)

以前から、大雨の後などに水道メーター(量水器)ボックス内に雨水が溜まり、あわや計器が浸水するのではないかと心配になることがあります。

その都度、柄杓で掬ってかき出しています。

これについて、施工した住宅メーカに問い合わせたところ、下記のような回答がありました。

(質問1)ボックス内の水の排水対策は施されているのでしょうか。
 (回答)ボックス内下部は土になっており、侵入した水は地中に浸透していく。

(質問2)このような状態はよくあることでしょうか。
 (回答)大雨だと浸透が追い付かないので溜まることはある。

(質問3)これにより、問題になることはあるのでしょうか。
     配管が泥水で覆われるとあまり気持ちがよくありませんが・・。
 (回答)問題になる事はない。

(質問4)雨水以外に別の原因があるのでしょうか。
 (回答)雨水以外の原因はないと思われる。

    水道メーターボックスは水道局より出してもらっている機材を使用。
    上記回答以外の不明点は水道局にお問い合わせを!

  ->メータ自体は水道局からの貸与品(無料)であるが、ボックスは個人の所有(有料)では???。
     (自治体により異なるとの情報もあるので別途確認したい

我が家のメーターボックス(ミクニ製:M-25L FRP)は完全に雨が当たる場所に設置されていて、雨が降ればボックス上部の蓋と本体の間のすき間から容易に水が侵入します。

近所のメータボックスについても、屋根付き車庫内にあって雨に当たりにくいもの、完全に外にあって雨にさらされるものなど色々です。

現在、ネット上でこれに関する情報:
・設置上の問題点は本当にないのか。
・雨水侵入防止のうまい対策はないか。

などについて調べています。

Dsc_0164a

Dsc_0160a

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/555969/34173925

水道メーターボックス内への雨水の侵入(1)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart