インターネット・パソコン Feed

2019年12月12日 (木)

電力メータをスマートメータに変更したら検針票は?

太陽光発電のFIT期間終了で余剰電力の売電先を変更、それに伴い 先日(12/10)、電力メータをスマートメータに変更しました。

スマートメータは通信機能付きの電力メータで、今後は自動検針となり,検針員の訪問はなくなります。

では毎月の電気使用量はどのように確認すればいいのか、電力会社(中国電力)に問い合わせました。

(1)自動検針になっても、「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)は検針後に郵送される。

(2)Web会員「ぐっとずっと。クラブ」に加入すると紙面発行は停止となるが、
   Web上で「電気ご使用量のお知らせ」を確認できる。
   ・クラブへの加入は無料。
   ・クラブ加入後は毎月の電気料金に応じてポイントが付与される。

とのことでした。

クラブに加入すべきかどうか迷っています。

 

● スマートメータの指示数の読み方(中国電力のHPより)
 ・時間帯別(昼間 / 夜間)の電力使用量は表示できず、トータルのみ表示する。
 ・買電量と売電量を10秒毎に交互に表示する。

Smartmeterread

ー> 太陽光発電:突然の電力メータ交換

2019年12月 7日 (土)

スマホでモバイルネットワーク通信(パケット通信)をオフにすると

インターネット検索やEメール送受信などのモバイルネットワーク通信(モバイルデータ通信、パケット通信)は必要に応じてオン/オフすることができます。

スマホの機種にもよりますが、

 ・本体設定 -> 通信の設定 -> モバイルネットワーク -> データ通信を有効にする

を「オフ」にすればOKです。

モバイルネットワーク通信をオフにしても、電話やSMS(docomoではショートメール)はできますし、Wi-Fiに接続していればネット検索やメールも可能です。

手許にあるdocomoの取説には、
・アプリによっては自動的にパケット通信を行うものがあります。
・パケット通信を切断するかタイムアウトにならないかぎり、接続されたままになります。
・必要に応じて、パケット通信の有効/無効を切り替えてください。

と書かれています。

2019年12月 5日 (木)

スマホのGPS機能オフで節電と危険防止

スマホのGPS機能は便利ですが、現在位置算出処理を頻繁に行うためにバッテリーの消耗が激しくなるとともに、ストーカーの危険が増大する可能性もあります。

また、機種によってはカメラ撮影時に写真情報に撮影場所が記録されてしまうこともあり、これをそのままネット上に公開すると悪用されることも考えられます。

そのため、スマホのGPS機能は使わないときはオフにしてことが賢明です。

Gps

GPS(Global Positioning Sysytem:全地球測位システム)については、下記サイトでその原理を疑似体験できます。

「位置検出」ボタンをクリックすると、その時点で「広島」の位置算出に用いられる3個の衛星が決定され、結果が表示されます。 「リスタート」で再開されます。

ー> GPSによる位置検出の基本原理を体験しよう

2019年11月23日 (土)

太陽光発電: Webモニタリングサービスにおける通信障害が未だ解消せず(5)

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいて、9月末頃からデータがうまくダウンロードできないなど定期自動通信障害が頻発している件、

2か月近く経過した現在も未だに解決されていませんが、昨日久しぶりにメーカから連絡がありました。

それによれば、

・中国電力で実施される出力制御へのシステム対応により、22時~3時の通信時間帯で一部の通信において障害が発生している。
・現在、システム改修を含めた対応を行っている。
・それ以外の時間帯での通信不具合については調査中。

とのこと。

中国電力の出力制限がいかなるものか、それとSharpシステムとの関連も当方では不明のため、しばらく様子を見るしかありません。

また、待ち受け画像の不具合などに関する質問に対しては、ほぼ納得できる回答がありました。

2019年11月20日 (水)

太陽光発電: Webモニタリングサービスにおける通信障害が未だ解消せず(4)

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいて、9月末頃からデータがうまくダウンロードできないなど定期自動通信障害が頻発している件、

2か月近く経過した今日(11/20)現在、未だに解決されていません。

何度も連絡しているのですが、最近は全く音沙汰なしです。

同社HPには、

ソーラーWEBモニタリングサービスにおいて、10月3日より一部のお客様につきましては、
太陽光リモコン(モニター)とセンター間の通信が正しく終了できない状態となっております。
現在、復旧に努めておりますので、復旧次第、改めてご連絡を致します。
ご利用のお客様には、多大なご迷惑をお掛けしております事を深くお詫び申し上げます。

とあります・・・。

どうなっているのでしょうか。

2019年11月14日 (木)

太陽光発電: Webモニタリングサービスにおける通信障害が未だ解消せず(3)

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいて、9月末頃からデータがうまくダウンロードできないなど定期自動通信障害が頻発している件、

1か月半以上経過した今日(11/14)現在、未だに解決されていません。

我が家の定期通信時刻は、1:30、7:30、13:30、19:30 の4回/日ですが、今朝8時過ぎにダウンロードしたデータには0時台のデータまでしかありません。

7:30の定期通信に失敗したようです。

Sharpでは昨日(11/13)も12:00~14:00の2時間、「WEBモニタリングサイトの緊急メンテナンス」を実施していますが、詳しい内容が公表されておらず、定期自動通信障害との関連は不明です。

2019年11月 8日 (金)

太陽光発電: Webモニタリングサービスにおける通信障害が未だ解消せず(2)

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいて、9月末頃からデータがうまくダウンロードできないなど定期自動通信障害が頻発している件、

1か月以上経過した今日(11/08)現在、未だに解決されていないようです(同社HP上のお知らせ欄に「復旧」のUpなし)。

メーカには再三プッシュしていますが、連絡なく状況が全く不明です。

また、待ち受け画像に関する諸問題に関しても未だ回答がありません。

何か重大な問題(?)に直面しているのかもしれません。

 

ー> 太陽光発電: Webモニタリングサービスにおける通信障害が未だ解消せず(10/22のBlog)

2019年10月31日 (木)

太陽光発電: Webモニタリングサービスの定期通信時刻が変更されたが(3)

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいて先日、メーカにお願いして定期通信時刻を変更しました(10/24)。

 ・変更前: 2:40、8:40、14:40、20:40 の4回(6時間毎)
 ・変更後: 1:30、7:30、13:30、19:30 の4回

通信時刻変更後は夜間(1:30)の通信はうまくいっていますが、朝7:30の通信がその後連続して失敗していました(10/24~10/30)。

メーカは「この度の要因は設定に起因する内容と類推している。 社内で調査を進めているので、今しばらく時間を頂きたい」とのことでしたが、今朝(10/31)7:30の通信は正常に行われたようです。

今朝8時過ぎにデータをダウンロードしたところ、7:30時点のデータ(6時台の時毎データ)までありました。

7:30の定期通信直前の状態を確認していませんので、1:30の通信が正常に行われたかは不明ですが・・・。

Data191031


ただ、定期自動通信自体の不具合については未だ復旧のアナウンスはありません。

 

ー> 太陽光発電: Webモニタリングサービスの定期通信時刻が変更されたが
ー> 太陽光発電: Webモニタリングサービスの定期通信時刻が変更されたが(2)


 

2019年10月26日 (土)

太陽光発電: Webモニタリングサービスの定期通信時刻が変更されたが(2)

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいて先日、メーカにお願いして定期通信時刻を変更して頂きました。

・変更前: 2:40、8:40、14:40、20:40 の4回(6時間毎)
・変更後: 1:30、7:30、13:30、19:30 の4回

今までは夜間(2:40)の通信に失敗することが多くありましたが、通信時刻変更後は夜間(1:30)の通信はうまくいっていますが、朝7:30の通信が3日連続(10/24、25、26)で失敗しています。

状況をメーカに連絡したところ、「この度の要因は設定に起因する内容と類推している」との回答がありました。

通信時刻変更処理に起因するとの見解のようで、「社内で調査を進めているので、今しばらく時間を頂きたい」とのことです。

定期通信時刻は各ユーザのシステム導入時(モニタ設置時)の時刻に応じて自動的に決定される仕組みになっているとのこと、これを後日強制的に変更したために色々と不具合が発生しているのでしょう。

このような通信時刻の変更はメーカとして前例がないそうです。

・2019/10/26 の定期通信の状況は下記のとおり(14時現在)
  1:30 OK,  7:30 NG,  13:30 OK

 

ー> 太陽光発電: Webモニタリングサービスの定期通信時刻が変更されたが

2019年10月24日 (木)

太陽光発電: Webモニタリングサービスの定期通信時刻が変更されたが

Sharp太陽光発電システムのWebモニタリングサービスにおいてデータがうまくダウンロードできない不具合が頻発している件、当方が提案した「定期通信時刻の変更」について、昨日変更されたようです。

・変更前: 2:40、8:40、14:40、20:40 の4回(6時間毎)
・変更後: 1:30、7:30、13:30、19:30 の4回

朝 8時頃にダウンロードされた時毎データを見ると、今までは当日の2時台までのデータがあるべきところが前日の19時台までのデータしかないことが多々ありました。

しかし、今朝は次のように 0時台(1:30時点まで)のデータがダウンロードされていました。

Data191024

確かに夜間(1:30)の定期通信はうまく実行されたようですが、朝 7:30の定期通信は失敗したようです(これが成功していれば 6時台のデータまであるはず)。

今までは夜間の定期通信に失敗しても、朝 8:40の通信でその日の朝7時台のデータまでダウンロードされていましたが・・・。

今回の通信時刻変更は、仮に夜間 1:30の通信で失敗しても、7:30の通信で挽回できると考えての対策ですが、7:30の通信に失敗してはあまり意味がありません。

定期自動通信そのものの不具合を早期に解消して頂くことが何よりも望まれます(2019/10/24 8時現在、 復旧したとの連絡なし)。
 

ー> 太陽光発電: Webモニタリングサービスの定期通信時刻を変更することに

フォトアルバム 2

Powered by Six Apart