« 石見銀山を訪れる | メイン | 三瓶山麓の風景 »

2017年6月14日 (水)

三瓶小豆原埋没林公園を訪れる(島根県大田市)

6月11日、石見銀山の龍源寺間歩と大森地区を見学後、三瓶小豆原(あずきはら)埋没林公園に向かいました。

小豆原埋没林は今から4,000年ほど前の縄文時代に、三瓶山の火山活動によって地下に埋もれた森林で、公園内の展示室には直径1mを超えるスギなどの巨木が林立していて圧巻です。

Img_6134

Img_6138

Img_6142

Img_6137

Img_6143

Img_6145

また、1964年に大賀博士から大田市に贈られた種子から育てた古代ハスの池もありました。 この種子は千葉市内の約2,000年前の弥生時代の地層から博士が発見されたものだそうです。

Img_6149

Img_6148


以前訪れた出雲市の荒神谷(こうじんだに)遺跡にも大賀博士由来の古代ハスがありました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/555969/34066067

三瓶小豆原埋没林公園を訪れる(島根県大田市)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿