太陽光発電:自動追従システム再考(1) ~ 日毎の発電量比較 ~(JavaScript版)

■ 太陽光発電: 自動追従システム再考(1) ~ 日毎の発電量比較 ~ (JavaScript版)

 発電パネルを太陽の方向に自動追従(追尾)させる次の2方式の発電量をパネル固定方式と比較して表示します。

(1)水平面内自動追従方式 (水平面内旋回のみ、首振りなし)
    パネルの方位角のみを太陽の方向に追従させる。
(2)完全自動追従方式    (水平面内旋回 + 上下首振り)
    パネルの傾斜角、方位角を太陽の方向に追従させる(パネル面 ⊥ 太陽光)。

 太陽光発電システムの発電量を推定するためには、傾斜面が受ける日射量「斜面日射量」を知る必要があります。
 ここでは、水平面全天日射量の観測値からErbsモデルにより斜面日射量を推定します。
 発電量は斜面日射量に比例するので、斜面日射量の比が発電量の比となります。

< 対象地点 >
  次の15府県を除く32の都道府県庁所在地。
   茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県、石川県、岐阜県、滋賀県、三重県
   京都府、和歌山県、兵庫県、岡山県、鳥取県、山口県、徳島県

< 対象期間 >
  2013年1月 ~ 12月

< 使い方の説明 >
 ・地点、月日、屋根傾斜角、方位角を指定する。
   方位は真南が0度、東が-90度、西が+90度。
 ・「計算&グラフ描画」ボタンを押すと、各時間毎の斜面日射量が計算され、表示される。
   固定方式に対する追従方式の1日の日射量比(=発電量比)が最後に表示される。

地 点 :   月 日 :    
屋根傾斜角 :(度、0~90)   方 位 角 :(度、-180~180)

日射量単位: kWh/m2/日   MJ/m2/日
  
太陽高度角、方位角、入射角のグラフ表示
 (注0) Erbs0: 固定方式、 Erbs1: 水平面内追従方式、 Erbs2: 完全追従方式 の各斜面日射量。
 (注1) グラフ中の日射量の色は表中の色と対応する。
 (注2) 表中の全天、Erbs、斜全の文字をクリックすると個別にグラフ表示On/Off可能。
 (注3) 高度角、方位角、入射角は4時30分、5時30分、...、19時30分での値である。
 (注4) グラフでの太陽方位角は東:-90度、南:0度、西:+90度としている(再考(0)の計算式による値-180度)。
自動追従システム再考 (0) ~ 概要と基本計算式 ~

気象庁:広島 2013年1月1日 1時間毎の値
 (注)気象庁HPでは例えば8時の値は8時までの1Hの値であるので、上記アプリの7時台に対応する。

ホーム