■太陽光発電: 1時間毎の日射量と発電量の表示(2013/1~、JavaScript版)

 気象庁による日射量観測が行われている32都道府県庁所在地(下記)において、2013年1月以降の毎日の実際の全天日射量(1時間あたり)の観測値をベースに太陽光発電システムの1時間毎の発電量の理論値(推定値)を算出して表示します。

< 対象地点 >  次の15府県を除く32の都道府県庁所在地。
    茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県、石川県、岐阜県、滋賀県、三重県
    京都府、和歌山県、兵庫県、岡山県、鳥取県、山口県、徳島県

< 表示期間 >  2013/1~

< グラフィック表示 >  最大4種類のデータを表示。
  ・指定年月日の4時から20時までの1時間毎の値を表示。
  ・日の指定はグラフィック画面上の上部で行う(-、1~31、+、A、M)。
    1~31: 直接指定、-:前日、+:翌日
    M  : 月平均を表示
    A  : 1か月分一括表示、但し1種類のデータのみ(2種類以上がONの時は最初のデータ)

発電システム仕様:
 ・システム容量: (kW)
 ・屋根傾斜角 : (度、0~90)
 ・方位角   : (度、-180~180)
 ・温度損失  : (%)
 ・パワコン損失: (%)
 ・その他損失 : (%)
  (上記仕様変更後)

1時間毎の日射量と発電量:(単位:日射量 kWh/m2、発電量 kWh)
 ・地点 & 年月:    年   
 ・グラフィック表示データ選択: (グラフィック画面内のデータ名をクリックしても可)
   全天日射量  理論発電量/Erbs  理論発電量/全天(注1)  実際の発電量(注2)

 数値表示データ:


(注1)「理論発電量/全天」の算出方法は次のとおりである。
    気象官署・アメダス801地点の日射量平年値(1961年~1990年の30年平均値)データベースにおける全天日射量と斜面日射量の比を用いて、
    指定日の実際の全天日射量から斜面日射量を推定し、発電量を算出している。

(注2)「実際の発電量」は広島市における下記仕様(我が家)での発電実績である。
   ・システム容量: 5.365kW、 屋根傾斜: 28.8度、方位角: 25度
   ・発電実績のUpは若干遅れることがあります。
Erbsモデルの計算式

ホーム