アダムス方式による議員定数配分アプリ

■アダムス方式による議員定数配分アプリ(機能拡張版はこちら)

 選挙区の議員定数配分方式としてアダムス方式という言葉を最近よく耳にします。

 各選挙区の議員定数配分を人口比に基づいて行う方式の1つであるアダムス方式では下記のように定数配分を行います。
 (1)各選挙区の人口をある一定数 X で割り、商の小数点以下を切り上げてそれぞれの定数とする。
 (2)各選挙区の定数の合計が総議員定数と一致するように X の値を調整する。

 アダムス方式では切り上げ処理によって、各選挙区に定数1が最低限割り当てられます。

 ここでは、総定数と選挙区数、各選挙区の人口を変化させて、各選挙区の議員定数がどのように変わっていくかを目で確認してみましょう。
 (1)総定数は100~500、選挙区数は 3~10、各選挙区の人口は 0~20,000の範囲で変更できる。
 (2)各選挙区の人口の変更は次のいずれかで方法で可能。
    ・人口を示すバー上をクリックする。
    ・選挙区名(番号)をクリックし、入力ダイアログ上でキー入力する。

 人口比、人口比から計算される単純定数(小数点付き)、アダムス方式による定数が算出されて表示されます。

総議員定数:   選挙区数:  
   



(注1)複数の選挙区の人口が同じときなど、定数配分ができないことがある。
     この場合は、追加のルールが必要となる(例えば、有権者数を加味する等)。
(注2)アダムス方式で計算された各議員定数上にマウスを移動させると、小数点以下を切り上げる前の生の値が表示される。
アダムス方式による議員定数配分アプリ(機能拡張版)

ホーム