画像及び文字のデフォルメ ~外周制御ポイントによる変形~(JavaScript版)

■ 画像及び文字のデフォルメ ~外周制御ポイントによる変形~(JavaScript版)

 画像の領域外周4辺上に設けた制御点をドラッグ&ドロップで自由に移動することによってデフォルメします。

 ・外周の形状から内部の制御ネットが自動的に決定され、それに従って画像の形状が様々に変化します。
 ・画像の代わりに、文字列を入力することもできます。
 ・画面右側のメニュー(0~17)により、指定方向への拡大、回転、変形などが容易に行えます。
   マウスホイール、またはマウスの左/右クリックで行います。

アルバム:      
写真一覧:


文字入力: 文字列 輪郭のみ

処理:

元画像:


複数点移動
丸コーナー
制御点表示
パッチライン表示
ラフ表示
grid表示  grid入力







save用画像



その他の機能:

・複数点移動
  指示点と同一辺上にある制御点も移動する。 Off時は指示点のみ移動する。
・丸コーナー
  4辺形の4隅を丸める。
・制御点表示
  外周の制御点を表示する。
・パッチライン表示
  外周と内部のパッチラインを表示する。
・ラフ表示
  表示速度向上のためにラフ表示する。
・grid表示、grid入力
・チャンファー
  4頂点(4隅の点)の前後の2点を指示して面取りする。
・リセット
  変形前の初期状態にする。

(注1)指定点の移動先の決定方法は下記のとおり。
   ・grid入力Off時
    指定点の元位置にドラッグによる移動量を加えた位置。
   ・grid入力On時
    ドラッグ終了時(マウスアップ時)のマウス位置に最も近いgrid点。
(注2)文字入力で文字=""の時、pixelData描画なし->高速で確認可能
ホーム